「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 恵みの場所をつくる」展を開催

パナソニック電工 汐留ミュージアム
「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 恵みの場所をつくる」展を2009年4月4日(土)から6月21日(日)まで開催
パナソニック電工株式会社の企業ミュージアム、パナソニック電工 汐留ミュージアムは「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 恵みの場所をつくる」展を2009年4月4日(土)から6月21日(日)まで開催いたします。


■ 開催趣旨
 ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880-1964)は、日本近代建築史において独特の存在感を放っている建築家です。
 アメリカ・カンザス州に生を受け、1905(明治38)年に来日したヴォーリズは2年間、滋賀県立商業学校(現在の滋賀県立八幡商業高等学校)で英語教師を務め、その後も近江八幡の地にとどまり、幅広い活動を繰り広げました。建築事務所や現在の近江兄弟社へとつながる事業を立ち上げ、建築家や実業家として活躍する一方、地道で熱心な伝道活動を続けました。また彼は軽井沢にも拠点をもち、毎夏、避暑に訪れる外国人宣教師らと交流して人脈を拡げ、全国各地に数多くの名作建築をのこしました。

 ミッションスクールや教会、商業施設から個人住宅まで多岐にわたるヴォーリズ作品は、いずれもそこに集う人々への深い思いやりにあふれています。
 本展では、今もなお日本に多くの愛好者をもつヴォーリズ建築の尽きない魅力を、貴重なオリジナル図面や写真、映像でご堪能いただきます。特に、ヴォーリズ夫妻が毎夏を過ごした軽井沢の《浮田山荘(旧ヴォーリズ山荘)》(1922年)を、ウォークインの原寸大模型で紹介するなど、彼がめざした「理想の住空間」とは何だったのかを彼ののこした作例や言葉のなかに探ります。

■ 《浮田山荘(旧ヴォーリズ山荘)》ウォークインの原寸大模型
 粗末な家を意味する「九尺二間」とも別称された軽井沢にあるヴォーリズ家の別荘(現在の家主は洋画家・浮田克躬氏夫人)。竣工翌年にヴォーリズが出版した『吾家の設計』において、「最小限の住宅設計」と題して紹介されたこの家を展示室内に原寸再現します。

■ 企画展概要  
名称 : ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 恵みの居場所をつくる

会場 : パナソニック電工 汐留ミュージアム
    東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック電工ビル4階
    JR・東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ「新橋」駅より徒歩3~5分、
    都営大江戸線「汐留」駅より徒歩1分

主催 : パナソニック電工汐留ミュージアム、京都新聞社

企画協力 : 大阪芸術大学

後援 : (社)日本建築家協会、(社)日本建築協会、(財)日本ナショナルトラスト、文化資源学会

協賛 : (株)竹中工務店

協力 : (株)一粒社ヴォーリズ建築事務所、(財)近江兄弟社、(学)関西学院、(学)神戸女学院、軽井沢ナショナルトラスト、軽井沢タリアセン

会期 : 2009年4月4日(土)~6月21日(日)

休館日 : 毎週月曜日、5月4日(祝)は開館

開館時間 : 午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)

入館料 : 一般:500円   大学・高校生:300円   中・小学生:200円
     65歳以上の方で年齢のわかるもの提示:400円
     20名以上の団体:各100円引(但し65歳以上は適用外)
     障がい者手帳をご提示の方および付添者1名まで:無料


尚、2009年2月7日(土)~3月22日(日)にて「ルオー収蔵作品展 色の秘密」を開催しております。


■ お問い合わせ先
パナソニック電工汐留ミュージアム
ミュージアムサイト http://panasonic-denko.co.jp/corp/museum/
ハローダイヤル 03-5777-8600

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パナソニック電工株式会社 >
  3. 「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 恵みの場所をつくる」展を開催