日本酒「59醸」×フリークス ストア別注ボトル5/13(土)発売開始

長野県を代表する酒蔵跡取りユニット『59醸(ゴクジョウ)』とフリークス ストア長野店が協業し、5蔵のラベルデザインを製作した。
昭和59年度生まれの信州の酒蔵跡取り5人からなるユニット「59醸(ゴクジョウ)」。メンバーが40歳になるまでの10年間、毎年テーマを変えたオリジナル日本酒「59醸酒」をリリースしている。今回、瓶のラベルをフリークス ストアがデザイン。

フリークス ストアを象徴する緑色を用いたミリタリー風ラベルデザイン。すべてのラベルにシリアルナンバーも入った数量限定品。フリークス ストア長野店では、限定ボトルの発売にあわせ長野の作家による酒器の販売も開催。木工、金工、ガラスと素材によって飲み口も変わる、更なる日本酒の嗜みをご提案致します。

<購入場所>
①5/13(土)~@フリークスストア長野店内
②5/20(土),5/21(日)@フリークスストア渋谷 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社デイトナ・インターナショナル >
  3. 日本酒「59醸」×フリークス ストア別注ボトル5/13(土)発売開始