フェイス/フェイク? (FACEFAKE?)

パブロ・ヤノ 写真展

どこまでがリアルで、どこからがフェイクか。
コラージュと機械学習による顔写真を通して、リアルとフェイクの境界線を問う写真展。

ジオメトリー・オグルヴィ・ジャパンのクリエイティブ・ディレクター、そして写真家であるPablo Yano(パブロ・ヤノ)が、注目を集めた昨年の写真展に引き続き今年も写真展を開催。
今年は、同じくジオメトリー・オグルヴィ・ジャパンにてストラテジストとして活躍するVik Kumar(ビック・クマール)とコラボし、コラージュと機械学習による顔写真を通して、リアルとフェイクの境界線を問う写真展「フェイス/フェイク? (FACEFAKE?)」で話題を呼んでいます。

写真展
https://bit.ly/36wOPoG

期間:2020年1月31日(金)〜2月6日(木)
開催場所:トランク(ホテル)https://trunk-hotel.com/access/
アクセス:明治神宮/原宿 徒歩6分
*入場無料
 


AIが生成した「この世に存在しない」人物の写真。
そのあまりのリアルさに驚き混乱した私はふと、こんな疑問が浮かんだのです。
どこまでがリアルで、どこからがフェイクなのか、と。
その答えを求めて、半ば実験的な写真展を行います。

2つの展示物があります。
ひとつは、実在する個人やカップル、そしてご家族を構成する一人一人のポートレートを私が複数撮影。
それらを一枚のポートレートに集約したデザインコラージュ写真を展示。
もうひとつは、Vikram Kumar氏とのコラボレーションで私が撮影したポートレート画像をコンピュータが機械学習。
自動的に生み出された「新たな」ポートレート写真をそのまま展示します。

どちらの展示物も、ベースは私が撮影したこの世に存在する友人らのポートレート写真です。
だからこそ、どこまでがリアルでどこからがフェイクなのか。
一緒に楽しく答え探しをしていただけたら嬉しいです。
---Pablo Yano

 

 

PABLO YANO(パブロ・ヤノ)
ジオメトリー・オグルヴィ・ジャパン

クリエイティブ・ディレクター
日本で産声をあげ、フランスで青春を謳歌。やがて日本に戻って20年。
現在東京にてクリエイティブ・ディレクターとフォトグラファーの2つの顔で活動するパブロ矢野。
そんな彼が近年夢中なのがポートレート写真。
イマジネーションとクリエイティビティ、そしてエスプリの利いたヤノイズムの結晶だ。
例えば、2019年1月の「一人十色展」。 
ひとりひとりに宿る多様性をインパクトあるコラージュ写真で展開。 
それをプリントしたTシャツを自ら毎日のように着ては、人々の心をざわつかせることを楽しんでいる節あり。 今年は何をやらかすのか。

VIK KUMAR(ビック・クマール)
ジオメトリー・オグルヴィ・ジャパン 

カスタマーエクスペリエンス&コマース プリンシパル コンサルタント
スーパマリオブラザーズを自分で作りたいと、10歳のころからプログラミングを始め、
ネットワークケーブル設置から基幹システム開発など、IT全般を業務として一通りこなす、文系エンジニア。
機械学習を早くからプログラミングに用い、人工知能、自然言語処理などの学術論文を見ながら自ら実装をするなど、人間の心を機械に関連付けるものに強い関心を持っている。

以上

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ジオメトリー・オグルヴィ・ジャパン合同会社 >
  3. フェイス/フェイク? (FACEFAKE?)