エミレーツ航空、3月26日から成田-ドバイにエアバスA380型機を再導入

〜日本から最終目的地まで大型旅客機で快適な空の旅を〜

エミレーツ航空(本社:アラブ首長国連邦・ドバイ、会長:シェイク・アハメッド・ビン・サイード・アルマクトゥーム殿下、以下エミレーツ)は、2017年3月26日からドバイ-成田路線を同社の誇るエアバスA380型機で運航をすることを決定しました。

ドバイ-成田路線は2010年にボーイングB777-300ERで運航を開始し、2012年7月から2013年5月の間はエアバスA380型機を導入していました。現在、同区間はボーイングB777-300ER型機で運航しており、エアバスA380型機の成田への再運航は日本の旅行者からも待望されていました。今回のエアバスA380型機の再導入により、成田からエミレーツが就航する多くの欧州の都市までを、ドバイ経由でエアバスA380型機のみで旅行ができるようになります。

エミレーツのエアバスA380型機は、完全個室式「プライベート・スイート」のファーストクラスが14席、「ミニポッド」型でフラット・ベッドシートのビジネスクラスが76席、ゆとりあるシートを備えたエコノミークラスが399席の合計489席で、現在の機材より1便当たりの座席数は135席増加します。成田発ドバイ行のEK319便は、月、木、金、土、日曜日は22:00に成田を出発し翌日の04:15にドバイに到着、火、水曜日は21:20に成田を出発し翌日の03:35にドバイに到着します。ドバイ発成田行きのEK318便は、02:40にドバイを出発し、同日17:35に成田に到着します。
 

成田発着のエアバスA380型機の特徴的なサービスとして、ファーストクラスのお客様は上空の「機内シャワースパ」でシャワーを浴びリフレッシュすることができます。また、ファーストクラス及びビジネスクラスのお客様には、機体の2階部分にある「機内ラウンジ」で、アルコールや各種ドリンクやおつまみを楽しみながらくつろげるスペースを設けています。成田からドバイまでの約11時間の空の旅では、2016年にリニューアルした和食メニュー(ファーストクラスは懐石料理コース、ビジネスクラスは懐石弁当)をはじめシェフ自慢の食事を楽しめる他、日本語の映画や音楽も含めた2,500チャンネル以上の機内エンターテインメントシステム「ice (information, communications, entertainment)」、10MBまでの無料WiFiサービスを利用することができます。エミレーツには400名以上の日本人客室乗務員が在籍しており、日本路線には必ず数名の日本人客室乗務員が乗務し日本語でのサービスを行っています。これらをはじめとするエミレーツのサービスは、世界最大の乗客アンケート調査を行う英国のスカイトラックス社より高く評価され2016年度「ワールド・ベスト・エアライン」、「ワールド・ベスト機内エンターテインメント」を受賞しました。

また搭乗前のサービスとして、ファーストクラス、ビジネスクラス、フリークエント・フライヤー・ プログラム「エミレーツ・スカイワーズ®」のゴールド会員ならびにプラチナ会員のお客様には、2015年に日本で初めて開設した成田国際空港内のエミレーツ・ラウンジで、ブッフェ式の食事や飲み物、無料のWiFiやビジネスセンター、シャワー等をご利用いただけます。

エミレーツが日本に就航開始した2002年から、日本とアラブ首長国連邦間の貿易は益々発展してきました。ドバイ経由の旅客輸送並びに貨物輸送も引き続き高い需要があります。エミレーツによる成田からのA380型機のサービスで、中東、欧州、アフリカ、インド洋、アメリカ大陸に旅行をする観光・ビジネス両方のお客様に快適な空の旅を提供します。エミレーツがエアバスA380型機を日本に投入するのは成田路線が初めて発表です。これにより、日本からドバイをはじめとするエミレーツの世界150以上の都市へ、更に快適な空の旅を届けします。

2階建のエアバスA380型機は、現在運航している世界最大の商業旅客機で、広くて静かな客室は世界中の旅行者から絶大な人気を誇っています。エミレーツはA380型機の世界最大のオペレーターであり、現在は89機を運航、さらに53機を発注しています。現在エミレーツでは、ドバイからパリ、ローマ、ミラノ、マドリード、ロンドン、モーリシャスをはじめとする世界40都市を超える路線でエアバスA380型機を運航しており、最近ではドバイ-モスクワ路線に新たに導入しました。今後は、ドバイ-ヨハネスブルグ路線、3月26日にはドバイ-カサブランカ路線にも同機材を導入する予定です。

2017年1月3日から1月16日までの期間限定で、エミレーツ公式ウェブサイト(http://www.emirates.com/jp) にて、初売りセールを実施しています。旅行期間は、2017年11月30日の出発便まで(※適用除外日あり)で、羽田・成田・関空発、中東、ヨーロッパ、アフリカ、北米・南米、インド洋・南アジアの各都市への特別運賃をエコノミークラスで53,400円から、ビジネスクラスでは302,700円から提供しています。この機会にぜひご利用ください。

 

 
【エミレーツ航空について】

エミレーツは、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを本拠地に世界83か国154都市に就航。数多くの国際的なスポーツ大会やチーム、文化イベントのスポンサーを務めるエアラインブランドとして世界で認知されている。創業は1985年。ドバイの政府系ファンド、ドバイ投資会社(Investment Corporation of Dubai)を通じたドバイ政府所有でありながら、自由競争の原理に則り独自の収益目標と経営権をもって運営される完全独立企業。

日本へは2002年10月1日の関西国際空港・ドバイ間の直行便運航を開始以来、ドバイと日本間の貿易や観光の促進に貢献。2010年3月28日に成田国際空港・ドバイ間の直行便を就航、さらに2013年6月4日に日本3路線目となる東京国際空港(羽田)・ドバイ間の直行便を就航した。現在は関空線、成田線、羽田線それぞれ毎日1便、現在では関空・成田便ではB777-300ER 羽田便はB777-200LRで運航している。2015年6月に日本初の専用ラウンジを成田国際空港に本格オープン、日本のお客様に対するサービス向上に継続的に取り組んでいる。               

現在の保有機は251機、エアバスA380型機およびボーイング777型機の世界最大オペレーターである。エアライン業界平均140ヶ月を63ヶ月下回る、平均機齢62ヶ月のフリートを、若い機材を運用している。現在、受領待ちの航空機は、エアバスA380型機53機、ボーイング777X型機150機、ボーイング777-300ER型機26機のトータル229機。

2016年には、3月30日にフィリピンのセブ・クラーク、5月3日に中国の銀川・鄭州、8月3日にミャンマー・ヤンゴン、ベトナム・ハノイ、12月15日に米国フロリダ州のフォートローダーデールに就航。2016年エミレーツは世界最大の乗客アンケート調査を行う英国のスカイトラックス社より「ワールド・ベスト・エアライン」を受賞。世界的に権威ある賞を様々な分野で500以上受賞、130カ国以上から集まる客室乗務員のきめ細やかなサービスを提供している。地上では、旅行会社であるエミレーツ・ホリデーやアラビアン・アドベンチャーズなどのグループ会社が、毎年数多くのお客様をつなぐサービス提供をしている。

■ご予約お問い合わせ先
エミレーツ航空 コールセンター
TEL: 03-6743-4567(9時~19時 年中無休)
URL: www.emirates.com/jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エミレーツ航空 >
  3. エミレーツ航空、3月26日から成田-ドバイにエアバスA380型機を再導入