瞳はいつも“すっぴん状態”、メイクではごまかせない! 潤い不足、目力ダウン、充血、くすみ…女性の「すっぴん瞳」に危険信号!? 

「すっぴん瞳」の自己評価は平均48点、一方でケアをしている人はわずか2割台 健康的に輝く瞳のカギは1日の疲れを癒すアイケア習慣にアリ! 「サンテ ボーティエ ムーンケア」新発売

参天製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役会長 兼 CEO 黒川 明)は、1日の瞳の疲れを癒す夜のアイケアにもお薦めの一般用点眼薬「サンテ ボーティエ ムーンケア」を、2018年9月10日(月)より全国の薬局・薬店にて新発売します。

また、同製品の発売にあたり当社では、20~40代の働く女性500名を対象とした、「瞳のケア」に関する意識・実態調査を行いました。
■顔の印象を決めるパーツNO.1は「目」! 一方で、「すっぴん瞳」の自己評価は48点
はじめに、「顔の印象を決めると思うパーツ」を聞いたところ、97%と大多数の女性が「目」と回答し、「口」(70%)、「眉」(68%)、「鼻」(64%)などを大きく上回りました。ほぼ全ての女性が、顔の印象を決める上で、目は特に重要なパーツと考えているようです。

それでは女性たちは、自身の目にどれくらいの自信を持っているのでしょうか。何もしていない状態の目=「すっぴん瞳」について自己評価をしてもらったところ、女性たちの平均は100点満点中わずか「48点」という結果になりました。 
 


■気になる目の状態TOP3は「潤い不足」、「目力ダウン」、「充血」…メイクではごまかせない「すっぴん瞳」
そこで、気になったことがある「すっぴん瞳」状態について聞くと、乾燥による潤いのなさ」(84%)、「疲れによる目力のなさ」(81%)、「充血」(77%)がトップ3になりました。また、「白目のくすみ」(49%)、「白目のにごり」(42%)という回答もそれぞれ4割超にのぼっています。
 


具体的な声としては、「1日の半分以上がパソコン作業のため乾燥や充血が気になる」(27歳)、「仕事で目を酷使しているので、いつも輝きがなく、よどんでいるように感じる」(30歳)、「退勤前に鏡を見ると、白目が黄ばんでいるように感じるときがある」(26歳)などの回答があがりました。特に1日の仕事終わりに、「すっぴん瞳」の状態のさを自覚しやすい傾向にあるようです。

さらに、女性たちからは「普段のメイクでは目の状態の悪さをカバーできていないと思う」という声もあがっており、その割合は実に77%と約8割。いつでも“すっぴん状態にある瞳は、ひとたび潤い不足や疲れ目、充血などの状態に陥ってしまうと、メイクではごまかせないと考える女性が多いことがわかります。
 

そこで、「魅力的だと思う目の状態」について聞くと、「にごりがなくイキイキしている」(26歳)、「透明感があって適度にうるんだ目」(27歳)、「白く充血のない目」(25歳)などの回答が目立ちました。疲れ目や充血などのトラブルがなく健康的で輝いていることが魅力的な目の重要なポイントであると言えそうです。


■「すっぴん瞳」のケアをしている女性はわずか2割台…輝く瞳のカギは「夜のケア」と「目薬」にアリ!?
一方で、「目を美しく見せるため、日常的にアイケアをしていますか?」といった質問をしたところ、「している」と答えた女性はわずか2割台(22%)に。目が重要なパーツであること、メイクでは状態の悪さをごまかせないことは自覚しながらも、「すっぴん瞳」のケアができてない女性がことがわかります。

それでは、逆にアイケアをしている女性たちは、どのようなお手入れをしているのでしょうか。まず、「ケアをするタイミング」を聞いた質問では、「夜」という回答が71%で圧倒的に多く、「朝」(46%)、「昼」(15%)などの回答を大きく上回りました。おやすみ前にお肌などをお手入れする習慣の中に、アイケアも取り入れている人が多いのかもしれません。
 


また、「具体的な夜のアイケア方法」としては、「目薬をさす」(65%)が最多で、「アイクリームを塗る」(51%)、「目のマッサージや体操をする」(40%)、「ホットアイマスクを使う」(36%)などを上回りました。充血や目の疲れの改善など、「すっぴん瞳」に直接効果がある目薬が人気のようです。
 



■おやすみ前にもアイケアをすることで、健康的で輝く「すっぴん瞳」に! 「サンテ ボーティエ ムーンケア」新発売
参天製薬では、1日の瞳の疲れを癒す夜のアイケアにもお薦めの目薬「サンテ ボーティエ ムーンケア」を、2018年9月10日(月)より新発売します。

同製品は、瞳本来の輝きをサポートする「サンテ ボーティエ」ブランドから新しく登場した目薬です。1日酷使した瞳の、メイクではごまかせない疲れをケアすることで健康的で輝く瞳を手に入れるサポートをおこないます。
なお、今回の調査で「瞳の代謝(ターンオーバー)を促して1日の瞳の疲れを癒す夜のお手入れ目薬と聞いて、使用してみたいと思いますか?」と聞いたところ、実に84%の女性が「使用してみたい」と答えました。

帰宅後にコンタクトレンズを外してメイクオフするタイミングや、就寝前のリラックスタイムに、スキンケアだけでなくアイケアも取り入れてみてはいかがでしょうか。
 


<商品特徴>
コンセプト明日の輝く瞳のために1日の瞳の疲れを癒す
メイクではごまかせない瞳本来の輝きを手に入れるためには、こまやかなアイケアが重要。仕事中やパソコンを使用して目が疲れた時などだけではなく、帰宅後やおやすみ前にも1日の疲れをケアすることが、健康的で輝く「すっぴん瞳」を手に入れる鍵となります。

●瞳の代謝(ターンオーバー)を促進
就寝中は目の表面にある角膜の酸素供給や涙液分泌量が減少し代謝機能が低下することもあるため、おやすみ前にも1日のダメージをケアすることが大切です。「サンテ ボーティエ ムーンケア」には、瞳の組織代謝(ターンオーバー)を促進する成分L-アスパラギン酸カリウムやパンテノールを一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度配合(承認基準とは、厚生労働省が承認事務の効率化を図るために定めた医薬品の範囲のことです)。お休み前にも1日の瞳の疲れを癒します。

前向きな気持ちでアイケアできる、美しいデザインのボトル
ボトルは、世界で活躍するデザイナー・吉岡徳仁氏がデザイン。香水瓶のようなボトルや、し心地にもこだわったフローラルハーブの香りなどおやすみ前のリラックスタイムにも前向きな気持ちでアイケアできるよう設計しています。また、使い心地も追求し、点眼しやすい細めのノズルを採用しています。

「サンテ ボーティエ ムーンケア」製品概要
●商品名:サンテ ボーティエ ムーンケア
●発売日:2018年9月10日
●医薬品分類:第2類医薬品
●容量:12mL
●成分:
・L-アスパラギン酸カリウム:1.0%
・パンテノール:0.1%
・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:0.5%
・天然型ビタミンE(酢酸d-α‐トコフェロール):0.05%
・塩酸テトラヒドロゾリン:0.01%
【添加物】
アミノカプロン酸、エデト酸ナトリウム水和物、ゲラニオール、ハッカ油、ヒアルロン酸ナトリウム、ベンザルコニウム塩化物、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ポリソルベート80、ユーカリ油、等張化剤、pH調節剤
●用法・用量:1回1~3滴、1日5~6回点眼
●液の色:無色透明
●清涼感度:5段階中の2
●メーカー希望小売価格:1,500円(税込1,620円)

[調査概要]
・調査対象:20~40代 働く女性500名(年代均等割付)
・調査期間:2018年8月22日(水)~8月23日(木)
・調査方法:インターネット調査
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 参天製薬株式会社 >
  3. 瞳はいつも“すっぴん状態”、メイクではごまかせない! 潤い不足、目力ダウン、充血、くすみ…女性の「すっぴん瞳」に危険信号!?