Stock、「テレワークのメリットに関する意識調査」を発表。2020年4月比で、テレワークに満足している人が1.62倍に増加。

〜約9割が、通勤のストレスや無駄な飲み会から解放〜

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を開発・提供する株式会社Stock(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤村大輔)は、テレワークの経験があるビジネスパーソン500人を対象に、「テレワークのメリットに関する意識調査」を実施しました。
コロナ禍でテレワークの導入が急速に進んだものの、ビジネスの現場においてテレワークのメリット・デメリットがどのように捉えられているか、これまで必ずしも明らかではありませんでした。

テレワークに対するビジネスパーソンを明らかにすることで、情報共有ツール「Stock」は、今後ますます理想的なテレワークを実現しやすいプロダクト開発を進めていきます。

■本調査結果のサマリ
  • 3分の2以上がテレワークに満足していると回答。(2020年4月比:162%)
  • 約9割が、テレワークにより通勤のストレスが軽減されたと回答。(同:114%)
  • 約9割が、テレワークにより無駄な飲み会・会食が減ったと回答。(同:130%)
  • 約7割が、テレワークにより無駄な会議が減ったと回答。(同:99%)

■① テレワークに満足している人が、2020年比で1.62倍に増加
テレワークに満足している人は、2020年の41.3%から1.62倍の67.0%に増加。テレワークに必要な機器や仕組みが整い、働き方にも慣れたために満足度が上昇したと考えられる。
 


■② 89.0%が、テレワークにより通勤のストレスから解放
テレワークにより通勤のストレスから解放された人は、2020年の81.5%から1.09倍の89.0%に増加。通勤ストレスの軽減はテレワーク導入初期から実感しやすいメリットであり、コロナ禍が2年間継続したことで、より一層そのメリットを享受したビジネスパーソンが増加したと言える。
 


【ビジネスパーソンから寄せられた声】
  • 通勤やメイクの時間が省略できるので、すぐに仕事に取り組めるところにメリットを感じています。(20代女性)
  • 何より通勤時間がなくなるのが最大のメリットのように思います。仕事が終わってすぐプライベートの時間になるので、日常生活の満足度が向上しています。(20代男性)
  • 保育園に通う子供がいたので、送り迎えをしてからの通勤は時間的な余裕がなく大変でした。テレワーク導入によって通勤時間がなくなり、保育園の送り迎えの時間だけ考えれば良くなったので、ありがたかったです。(30代女性)

■③ 86.8%が、テレワークで「無駄な飲み会・会食が減った」と感じている
テレワークにより「無駄な飲み会・会食が減った」と感じている人は、2020年の65.0%から1.34倍の86.8%に増加。2020年4月の調査から2年が経過し、「忘年会の中止」など飲み会・会食が中止になる体験をした人が増えたことが原因と考えられる。
 


【ビジネスパーソンから寄せられた声】
  • 出社すると飲み会等の支出が発生してしまう。テレワークは支出の削減にも貢献している。(30代男性)
  • 無駄な飲み会などが極端に減り、その点は快適に仕事ができて良い。(40代女性)

■④ その他の調査結果


■チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」とは

「Stock」は、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消しています。

Stockは非常にシンプルかつ簡単なツールであり、ITの専門知識がないチームでもすぐに使えるという特徴があります。導入先の学習塾様からは、「IT に詳しくない65歳の方でも、何の説明もなく使えるほどシンプル」とのご評価をいただいています。

Stockに対するユーザーからの支持は強烈で、2018年のサービス提供開始から4年間、広告宣伝費を一切投じてきませんでしたが、既に100,000社以上もの企業様にご導入いただいています。

Stockには、議事録や商談・面談記録、マニュアル、企画書等あらゆる情報をストックできます。さまざまな用途で活用できるため、上場企業や官公庁をはじめとする大手組織から、中小企業に至るまで幅広い業種で急速に導入が進んでいます。

Stock公式サイト:https://www.stock-app.info/
Stockのサービス説明動画:https://youtu.be/yHb02RLtInQ

■日頃Stockをご利用いただいている企業様の声

松山ヤクルト販売株式会社 取締役 塩出祐貴様
「弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。」
 

SBIビジネス・イノベーター株式会社
わたし・みらい・創造センター(企業教育総合研究所) 副センター長 加井夕子様

事業企画部/戦略企画グループ・管理グループ マネージャー 海野紘子様
「いわゆる『チャットツール』とは違って情報が流れていかず、チームの情報をとにかく簡単にストックしていけることの価値に驚き、Stockの導入を決めました。Stockを使えば、業務が効率化されるということを、自分たち自身で強く確信したのです。」

■株式会社Stockについて
株式会社Stockは、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに掲げるスタートアップ企業です。

非IT企業の方が感じる、「チャットだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という悩み(Pain)を解消すべく、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を提供しています。Stockはとにかくシンプルさを維持することを徹底しており、機能追加・改善の際には「40度の熱があっても0.5秒で分かるか?」という厳格な基準で実装可否を判断しています。

Stockはすでに100,000社を超える企業様に導入され(2022年5月現在)、現在日本で最も注目されている情報共有ツールの一つです。また、シードラウンドでDNX Venturesを含む投資家から総額1億円の資金調達を実施したほか、週刊東洋経済「すごいベンチャー100」にも選出されるなど、マーケットからも大きな注目を集めています。

【会社概要】
企業名:株式会社Stock
代表者:澤村 大輔
所在地:東京都千代田区岩本町2-5-12 岩本町ツインビル3階
事業内容:情報共有ツール「Stock」の開発・運営
URL: http://www.stock-inc.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Stock >
  3. Stock、「テレワークのメリットに関する意識調査」を発表。2020年4月比で、テレワークに満足している人が1.62倍に増加。