芥川賞作家・羽田圭介さんと、その道のスペシャリストが、今までの生き方を視座転換する。オンラインディスカッション新番組「スーパーフラットトーク」8月6日(金)スタート

第1回目のテーマは「これからの住処を考える」/8月6日(金)20:00からYouTubeにて

 東京のカルチャーメディアHarumari TOKYOを運営する株式会社ハルマリ(所在地:東京都渋谷区、CEO:島崎 昭光)は、番組MCに小説家の羽田圭介さんを迎え、いま世の中に起きているカルチャーのムーブメントを追い、その本質を深堀することでこれからの私たちを幸せにする生き方のヒントを探るオンラインディスカッション番組「スーパーフラットトーク」を毎月1回、YouTubeにてライブ配信をスタートします(全6回予定)。第1回目は「これからの住処を考える」をテーマに、2021年8月6日(金)20:00から開始いたします。
URL:https://youtu.be/0bsJ0Q8EthA


<「スーパーフラットトーク」概要> 
◆配信日:2021年8月6日(金)20:00~21:00
◆URL:https://youtu.be/0bsJ0Q8EthA
◆番組MC:羽田圭介
◆第1回目テーマ:これからの住処を考える
ゲスト:本間貴裕(SANU)、川上ミホ(料理家)

 コンテンツスタジオ・ハルマリは、さまざまな社会課題を普段とは違った角度から見つめることで、より日常を楽しく過ごせる特集やライブコンテンツを届けてきました。旅行が出来ないコロナ禍での新しい旅エンタメ「トラベル・ライブビューイング」や、結婚観をテーマにしたオンライン演劇「スーパーフラットトーク」など、社会課題とされるテーマを、より柔らかく、より現実的にみつめなおす視座転換のクリエイティブで自分ごと化する機会を提供しています。

心地よい暮らしの本質を考えるオンラインディスカッション番組「スーパーフラットトーク」
 今回、スタートする新番組「スーパーフラットトーク」は、前回2021年4月のオンライン演劇「スーパーフラットライフ」の延長線上で生まれた企画です。LGBTQ+に対する社会問題を説いた同作では、誰にでも共通する「結婚」というテーマを軸にすることで自分ごと化するための入り口を広げました。しかし、「結婚」以外にも現代を生き抜くために必要な知識や向き合うべきテーマがたくさん存在するとハルマリは考えています。

 「スーパーフラットトーク」では、今までの生き方や幸せを別の角度で見直す視座転換をテーマに、これからの自分たちの人生にとってベストかをみんなで考えるオンラインディスカッション番組です。 “スーパーフラット”という番組名の通り、一方通行の視点ではなく、既成概念に囚われず物事をフラットな視点で見られるようにさまざまな視点を持つスペシャリストを招集。そこで繰り広げられるディスカッションのなかから生き方の指針となる答えを見つけられることを目指しています。

 第1回目のテーマは「これからの住処」
 これまで当たり前のように東京で暮らすという選択をしてきた私たちも、パンデミックをきっかけに都市で暮らすことの意味を突きつけられました。仕事場がオフィスからテレワークの自宅中心に移行し、住処も地方に拠点を持つ「多拠点生活」「二拠点生活」など多様な選択肢も増え、必ずしも東京に住む必要がなくなったことも、都市暮らすことの意味を考え始めた理由のひとつ。とはいえ、東京には仕事以外にも、友人がいて、コミュニティがあり、自分のアイデンティティの軸があります。その軸を大切にしながらも、どのような暮らしの選択肢があるのか。その道の有識者とともに、新しい住処の選択肢を考えます。

 番組MCは小説家・羽田圭介さんが担当
 MCとして番組を盛り上げるのは、先日、2年ぶりとなる小説『Phantom』(文藝春秋刊)を発売したばかりの羽田圭介さん。現代人のお金にまつわる葛藤を描いた『Phantom』でも、まさに現代人のお金に対するさまざまな価値観を描き、何が幸せかを説いているように、生きるうえでの価値観を発信しています。30代を代表して、彼の視点でものごとに切り込んでいきます。

羽田圭介さんよりメッセージ
「小説以外のことに関しては専門家でなく、面白い話ができるわけでもない自分の役割はなんだろうかと考え続けています。ひとつ思いついているのは、耳障りのいいことばかり並べて茶を濁す番組にはしないようにしよう、ということです」


視聴者参加型のオンラインディスカッション
視聴者はチャットにコメントを投稿することで、羽田さんやゲストなどと同じテーブルで一緒に議論ができるのが生放送ならではの魅力です。普段の生活ではなかなか考える機会のないテーマについて深く思考できるように、チャットを通してスタジオと視聴者がやりとりできるようなインタラクティブなコミュニケーションを心がけます。
 
◆番組MC : 羽田圭介(はだ けいすけ)

 

1985年東京都生まれ。小説家。2003年『黒冷水』で文藝賞を受賞しデビュー。2015年『スクラップ・アンド・ビルド』で芥川賞受賞。他の著書に『成功者K』『ポルシェ太郎』などがある。2021年7月14日に2年ぶりとなる小説『Phantom』を発売。

◆会社概要
社名:株式会社ハルマリ
所在地:東京都渋谷区恵比寿1-20-4 Sreed EBISU 8F
代表取締役:島崎 昭光
事業内容:映像・デザイン・ファンイベント・販促キャンペーンなどメディア運営に関するクリエイティブを企画・プロデュース
URL:https://harumari.com/
TEL:03-6427-8481

◆Harumari TOKYOについて
株式会社ハルマリが運営する東京のカルチャーメディア。2015年開設。「知性と愉しさに溢れた毎日を」をテーマに、クリエイティブな東京の文化や新しいライフスタイルを提案し続けている。
URL: https://harumari.tokyo

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハルマリ >
  3. 芥川賞作家・羽田圭介さんと、その道のスペシャリストが、今までの生き方を視座転換する。オンラインディスカッション新番組「スーパーフラットトーク」8月6日(金)スタート