半歩先の未来をお届け。窓型スマートディスプレイとして生まれ変わった「Atmoph Window 2」を、Makuakeにて先行予約開始!

スマートウィンドウを開発するアトモフ株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役:姜 京日)は、本日5月23日(木)、窓型スマートディスプレイとして生まれ変わった「Atmoph Window 2」を、国内クラウドファンディングMakuakeにて先行予約受付を開始しました。Atmoph Window 2は、1,000種類以上の風景を兼ね備えただけではなく、着せ替え可能な窓枠フレーム、インドアカメラの搭載、画面全体が揺れる振動スピーカーの搭載、時間・天気・カレンダー、そしてニュース などの情報を一ヶ所に集約した、今までにはなかったスマートディスプレイとして日常生活との新しい関わり方を提案します。

Atmoph Window 2とは

 

Atmoph Window 2は、2015年に発表された初代Atmoph Windowを、機能や外観全ての部分でアップグレードした窓型スマートディスプレイです。Indiegogoでは、初代Atmoph Windowのユーザーを中心に注目を集め、開始わずか38時間で当初の目標額50,000ドルを達成、本日までに約439,000ドル以上を調達しました。アトモフが独自で4K撮影した世界各国1,000本以上の風景が楽しめることに加え、カリモク製の選べる木製フレーム、カメラモジュールによって外からも家の様子を見ることができるといった日々の生活を彩る追加機能も、話題を呼びました。
 


2014年のアトモフ創立以来、製品の成長を間近で見てきた株式会社マクアケ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長 中山  亮太郎)の中山社長は、「窓型スマートディスプレイという今までになかった未来のライフスタイル・ワークスタイル体験を生み出したAtmoph Windowが、今回あらたにデザインも機能もバージョンアップするということで、その話を聞いたときからワクワクが止まりません。」と述べています。
 


元SONYのデザイナー、Ryota Yokozekiが手がけるプロダクトデザイン

Atmoph Window 2は、日常生活の中に自然に溶け込めるようなシンプルさを目指しています。今回プロダクトデザインには、SONYのクリエイティブセンターに勤めたのち独立したRyota Yokozekiに協力をいただきました。プロダクトの持つ魅力を最大限に活かし、新しいユーザー体験を求める氏が手掛けた本製品は、窓としての自然さを残しつつ、未来感を想起させるデザインとなっています。

カリモク家具が生み出す、至上の木製フレーム

木製フレームは、長い歴史と独自の技術力を誇る日本屈指の家具メーカー、カリモク家具株式会社(本社:愛知県知多郡、代表取締役:加藤 正俊、以下カリモク)で製造されます。今回の製造にあたり加藤洋取締役副社長は、「暮らしの中で当たり前に存在する窓を通じ、部屋に居ながらにして世界とつながる。シンプルではあるけれども想像を超えたAtmoph Windowでの体験はヒトの意識と行動を前向きにする力があります。カリモクでは木のもつナチュラルな温もり、親しみやすさを活かし、Atmoph Windowがもたらす他では味わえない体験がより自然に深まるよう、クオリティーに徹底的にこだわってフレームを作製しています。」と述べています。
 


半歩先の未来を行く、新しいスマートディスプレイの形

Atmoph Window 2では、窓本来が持つ魅力だけではなく、時間・天気やカレンダーなど必要な情報を一ヶ所に集約、更にスマートスピーカーを介した音声操作で、日々のタスクをより効率的に、そしてスマートにしていきます。また、お部屋の模様替えや今日の気分に合わせて、素材にこだわったフレームから好きなお色を選んで、お部屋を彩ることができます。
 

 

機能一覧
  • 世界各国、1,000種類以上の風景ラインナップ
  • リアルタイムの映像を見られる、ライブストリーミング機能
  • 自身で撮影した風景が見られる、アップロード機能
  • 外出先でも室内の様子を見ることができる、インドアカメラ
  • 顔の動きにあわせて景色も連動する、フェイストラッキング機能
  • 部屋に自然な明かりをもたらす、LEDライトモジュール
  • Google Home、Alexaなどスマートスピーカーを介した音声操作
  • IFTTT連携による、外部サービス連携
  • 画面全体が振動する振動スピーカーを搭載し、ダイナミックで迫力のあるサウンド
  • Bluetoothで、好きな音楽のプレイリストが視聴可能
  • 風景ストアから、その場で旅行予約が可能
  • 徹底的に素材にこだわった、選べるフレーム




キャンペーン概要
Makuake
https://www.makuake.com/project/atmoph-window2/
キャンペーン期間:55日間
製品出荷予定:2019年10月頃
目標金額:100万円


アトモフ(Atmoph)について
アトモフは、家での時間の質をよりよくするために、自然とテクノロジーへの新しいつながり方を考え、2014年に京都で設立しました。世界初のスマートな未来の窓Atmoph Windowは窓型のIoTプロダクトで、独自の4K撮影映像とサウンドで世界の美しい風景をあなたの部屋に広げます。
https://atmoph.com

カリモク家具株式会社について
「100歳の木を使うなら、その年輪にふさわしい家具をつくりたい」を合言葉とし、70年以上に渡り家庭内家具の自社製造・販売を行う国内屈指の家具メーカー。長年の研究と培われたノウハウにより生み出される家具は、木材が本来持つあたたかさを存分に生かし、長くお客さまに愛される家具ブランドとして親しまれています。
http://www.karimoku.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Atmoph >
  3. 半歩先の未来をお届け。窓型スマートディスプレイとして生まれ変わった「Atmoph Window 2」を、Makuakeにて先行予約開始!