ウガンダ発のトラベルバックブランド「RICCI EVERYDAY」仲本千津が「日本イノベーター大賞特別賞」「DBJ事業奨励賞」をダブル受賞

ウガンダ発のブランド「RICCI EVERYDAY」(リッチー・エブリデイ)( http://www.riccieveryday.com/ )を展開する株式会社RICCI EVERYDAY(静岡県静岡市、代表取締役:仲本律枝・仲本千津)は、同社共同創業者兼COOでありウガンダ法人レベッカアケロリミテッド・マネージングディレクターの仲本千津が、『日本イノベーター大賞2017』(主催:日経BP社)において特別賞を、『第6回DBJ女性新ビジネスプランコンペティション』(主催:日本政策投資銀行(DBJ))において事業奨励賞を受賞したことをご報告いたします。

 


「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションの中からひときわカラフルでプレイフルなアフリカン・プリントを使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグやトラベルグッズを展開しているブランドです。価格帯は1万円前後で、30代の旅が好きで、ファッションにこだわりを持って生きる、感度の高い女性をターゲットに、全国の大手百貨店やセレクトショップ、自社オンラインストアにて販売しています。

『日本イノベーター大賞』は、日本の産業界で活躍する独創的な人材にスポットを当てることにより日本に活力を与えようと日経BP社が創設した賞で、今年で16回目を迎えます。 新しい産業やビジネスモデル、将来を支える新技術、世界に通じる新しい価値を作り上げた人物を幅広い分野の中からノミネートする賞です。

『DBJ女性新ビジネスプランコンペティション』は、女性経営者による開始5年以内の事業且つ、事業として大きな成長が期待でき、技術やサービス、ビジネスモデル等において新規性あるいは高い付加価値が期待できるビジネスプランを対象としたコンペティションです。

今回、仲本が受賞した『日本イノベーター大賞』特別賞では、仕事を得ることが極めて難しいウガンダのシングルマザーに仕事と誇りを与えるために工房を現地に設立したことによって「国境を越えて社会課題の解決に取り組む母娘のスタートアップは、女性のみならず、多くの人々に勇気と希望を与える」ことが選考理由として挙げられています。

『DBJ女性新ビジネスプランコンペティション』事業奨励賞では、RICCI EVERYDAYが日本の国際貢献を世界に示すビジネスモデルであること、また、それらの実現に向けた仲本千津の経営者としての資質が評価されました。国内百貨店のポップアップストアを中心に一定の販売実績があり、今後は直営店舗の開設などの事業構想があることから、事業の拡大も期待される等といった理由で受賞させていただくに至りました。

◆仲本千津のコメント

創業してから2年程度の経営者としてまだまだ未熟な私が、このような過分な賞を受賞できましたこと、大変嬉しく感じているとともに身の引き締まる思いでいっぱいです。これもひとえに、日頃よりブランドを支えてくださっているお客様と、毎日一生懸命仕事をしている現地の女性たち、そして創業期から二人三脚で販路を開拓してきた母のおかげと思い、心より感謝しています。今後、事業をいち早く成長軌道に乗せ、現地における雇用創出、延いては社会の安定に寄与できるよう、精進してまいりたく存じます。ありがとうございました。



RICCI EVERYDAY  共同創業者兼COO 
Rebeccakello Ltd MD
仲本千津 プロフィール

 

1984年静岡県生まれ。一橋大学院卒業後、邦銀で法人営業を経験。その後国際農業NGOに参画し、ウガンダの首都カンパラに駐在。その時に出会った女性たちとともに、カラフルでプレイフルなアフリカ布を使用したバッグやトラベルグッズを企画・製造・販売する「RICCI EVERYDAY」を、日本に暮らす母と共に立ち上げる。

2015年に日本法人、2016年に現地法人及び直営店舗をカンパラ市にオープン。2016年11月に第一回日本アフリカ起業支援イニシアチブ最優秀賞受賞。頭の中を巡るテーマは、「紛争を経験した地域が、過去を乗り越え、幸せを生み出し続ける場になるには、どうすればいいか」ということ。



■「RICCI EVERYDAY」について
 

 

・ブランド背景:“世の中に暮らす人々が自らの才能を開花させながら、誇りを持って生きることのできる世界”の実現を目指し、「アフリカの真珠」と呼ばれるウガンダに直営工房を設立して、現地の女性たちとともにものづくりを行っています。

「アフリカ」と聞くと紛争や貧困などネガティブなイメージを持つ方が多くいらっしゃいます。しかしアフリカは、ネガティブなことだけでなく、素晴らしい魅力にも溢れた場所です。アフリカの良さを知ってほしい、興味を持ってほしいという思いから、共同創立者である仲本千津は、ウガンダの首都カンパラに駐在した際に出会ったシングルマザーたちと、日本で暮らす母とともに、斬新な柄と大胆な原色使いで見る人を魅了する「アフリカン・プリント」を日本の方に伝えるためRICCI 
EVERYDAYを立ち上げました。

RICCI EVERYDAYでは、豊富なバリエーションの中からひときわカラフルでプレイフルなアフリカン・プリントを使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグやトラベルグッズを企画・販売しています。価格帯は1万円前後で、30代から40代の旅が好きで、ファッションにこだわりを持って生きる、感度の高い男女をターゲットに、全国の大手百貨店やセレクトショップ、オンラインストアにて販売しています。また、RICCI EVERYDAYは、母と娘(仲本千津)が協力して立上げたブランドです。

・百貨店販売実績:新宿伊勢丹、新宿タカシマヤ、そごう・西武グループ、大阪タカシマヤ、松坂屋名古屋店、大阪あべのハルカス近鉄本店など

・ブランドサイトURL :http://www.riccieveryday.com/
・オンラインストアURL:https://riccieveryday.stores.jp/


■株式会社RICCI EVERYDAYについて
・会社名: 株式会社RICCI EVERYDAY
・代表者: 仲本 律枝
・所在地: 静岡県静岡市葵区安西1-57-7
・設立   :  2015年8月
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社RICCI EVERYDAY >
  3. ウガンダ発のトラベルバックブランド「RICCI EVERYDAY」仲本千津が「日本イノベーター大賞特別賞」「DBJ事業奨励賞」をダブル受賞