福岡県と一般社団法人Fintech協会がエコシステム成長支援に向けてMoUを締結

イベントやビジネスマッチングを通して福岡のステークホルダーとFintech協会会員企業の連携を強化

一般社団法人Fintech協会(東京都中央区、代表理事:沖田 貴史/木村 康宏/鬼頭 武嗣)が福岡県庁と、福岡県における国際金融都市施策推進ならびに誘致対象とするFintech企業との交流をFintech協会会員と深めていくことを目的とし、2021年5月17日に調印式を開催し、MoUを締結しました。
福岡県は、福岡への国際金融機能誘致をオール福岡で推進するための組織「TEAM  FUKUOKA」の一員としての活動の一環として、全国の地方自治体で初めて、協会と連携協定を締結し、今後、この協定に基づき、TEAM FUKUOKAの重点誘致対象であるFintech企業とのネットワークを構築し、Fintech協会と連携して、福岡県におけるFintech産業の育成・振興、集積を図ることとしています。

Fintech協会は、東京スタートアップエコシステムへの参画に加え、今後オンラインを含めたイベントの開催やビジネスマッチングの実施などを通し、福岡県におけるFintech企業ならびにエコシステムの成長支援を図ってまいります。

■調印式の概要
・日時:2021年5月17日15時〜15時30分
・場所:福岡県庁8階 特別会議室(福岡市博多区東公園7-7)
・締結者
   福岡県知事 服部誠太郎
   一般社団法人Fintech協会代表理事会長 沖田貴史
・立会人
   一般社団法人九州経済連合会会長 麻生泰(TEAM FUKUOKA会長)
   福岡県議会議長 吉松源昭(TEAM FUKUOKA顧問)
※服部知事以外はオンラインで参加

■TEAM FUKUOKAの概要
福岡への国際金融機能の誘致に向けて、産学官がそれぞれの特性を活かしながら、オール福岡で機運醸成などの環境づくりやプロモーション活動を進めていくための推進組織。
TEAM FUKUOKAの取組は、福岡が国際金融機能の誘致を進めながら、断続的にイノベーションを創出する国際都市となることを目指すもの。

■福岡県庁(担当部署)
企画・地域振興部総合政策課国際金融機能形成推進班
直通:092-643-3499

■一般社団法人Fintech協会について
一般社団法人Fintech協会は、日本を起点として、人々のあまねく生活、事業活動の向上に貢献するべく、ユーザーに寄り添った新たな金融サービスを社会に実装することをミッションとしています。このために、スタートアップが中心となり、マルチステークホルダーとのオープンイノベーションや法制度も含めた金融取引環境の整備を通じ、国内外の金融業界の持続的かつ健全な発展を推進します。

名称:一般社団法人Fintech協会(Fintech Association of Japan)
代表理事:沖田 貴史/木村 康宏/鬼頭 武嗣
設立日:2015年9月24日
住所:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル8階
URL:https://fintechjapan.org/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人Fintech協会 >
  3. 福岡県と一般社団法人Fintech協会がエコシステム成長支援に向けてMoUを締結