2020年春スタートのPython3 エンジニア認定データ分析試験 模擬試験を無料公開

DIVE INTO CODEの模擬試験「DIVE INTO EXAM」に一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会認定講座が新たに追加

世界トップレベルのエンジニア輩出を目指すエンジニアスクールを運営している株式会社DIVE INTO CODE(東京都渋谷区、代表:野呂 浩良、以下DIVE INTO CODE)は、「Python3エンジニア認定データ分析試験」の模擬試験を本日無料公開したことをお知らせいたします。

◾︎背景
DIVE INTO CODEでは、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会やRails技術者認定試験運営委員会認定のオンラインで受講可能な模擬試験「DIVE INTO EXAM」を無料で公開しています。
2017年に開始した「Python3 エンジニア認定基礎試験」(※)の模擬試験は同年9月に公開し、3年間で約1万6,000人に受講いただいております。
今回、2020年春にスタートしたPythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問う試験「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」の模擬試験も追加で公開することで、Python3の知識を習得するエンジニアを増やすことに貢献したいと考えております。

■Python 3 エンジニア認定データ分析試験 模擬問題について
本試験運営団体である⼀般社団法⼈ Python エンジニア育成推進協会代表理事の吉政忠志⽒からも推薦をいただいた内容です。
受講料:無料 
問題作成・監修:データサイエンティスト 中村 俊 氏

東京工業大学大学院 機械工学専攻修了後、データ分析社会にデータサイエンティストとして就職。
案件ではマーケティング分析やレセプトデータを用いた疾病予測モデルのPoCを経験。
機械学習や深層学習だけでなく、予測モデルを作成する土台となるデータの前処理や基礎集計、可視化の手法などを教えることを得意とする。


設問数 :リリース時点で計226問からランダムに40問出題 

■「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」概要
試験名称:Python 3 エンジニア認定データ分析試験
資格名:Python3 エンジニア認定データ分析試験合格者
受験料金:1万円(外税) 学割5千円(外税)
問題数:40問(すべて選択問題)
合格ライン:正答率70%
URL:https://www.pythonic-exam.com/exam/analyist
運営:一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会

※)Python3に関する国内資格を収得するための民間試験で、Python3に関する基礎的な知識と文法に関する初心者向けの内容。2020年9月、試験開始から3年2ヶ月で受講者数1万人を達成。
参考:https://www.pythonic-exam.com/archives/news/10000-2

【株式会社DIVE INTO CODE 会社案内】
会社名:株式会社DIVE INTO CODE
本社所在地:東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館
代表者:野呂 浩良(代表取締役)
設立:2015年4月10日 
事業内容:人材育成・教育サービス
:プログラミングスクール「DIVE INTO CODE」
:卒業生による受託開発「SECONDTEAM」
:エンジニア人材紹介サービス「DIVE INTO WORK」
:人材派遣事業(許可NO: 派13-312919)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社DIVE INTO CODE >
  3. 2020年春スタートのPython3 エンジニア認定データ分析試験 模擬試験を無料公開