《IT導入補助金2021》雇用契約書電子化支援サービス「web契約書サービス」が IT導入補助金2021対象ITツールとして提供開始

HRソリューション・アプリケーションサービス『apseeds』各種サービスが経済産業省監督・IT導入補助金2021の対象サービスへ

株式会社エーピーシーズ(本社:東京都中央区銀座1-15-6、代表取締役:藤本勝典)は、IT導入補助金2021のIT導入支援事業者として登録を承認されました。当社が提供するHRソリューション・アプリケーションサービス『apseeds』シリーズより、雇用契約書電子化支援サービス「web契約書サービス」、業務用アプリケーションサービス「apseedsポータル」及び各種付加サービスがIT導入補助金2021の対象ITツールとして登録され、導入費用について補助金を申請いただけるようになります。

 

  • 実施内容

株式会社エーピーシーズ(マイナビグループ)は、IT導入補助金2021におけるIT導入支援事業者に登録されました。対象となる中小企業・小規模事業者のみなさまが対象ITツール(下記)を導入する際の費用について、補助を申請いただけるようになります。 ※本補助金の対象となる事業者様は事務局が定めた各公募要領によります

 
  • 経緯
新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって、たとえ社内であっても対面での業務や対応が難しくなりました。株式会社エーピーシーズでは、アルバイト・パート・派遣スタッフとして働く方々を、「生活を支えるインフラ」として直接的に、そして彼らの多くを抱える派遣・飲食・物流業界の「企業サポーター」として間接的に、両面から支えて応援していくことを決意し、IT導入支援事業者としての登録に至りました。
 
  • 補助金対象となるITツール
HRソリューション・アプリケーションサービス『apseeds』シリーズより
1.雇用契約書電子化支援サービス「web契約書サービス」
2.業務用アプリケーションサービス「apseedsポータル」+各種付加サービス

 

  • HRソリューション・アプリケーションサービス『apseeds』シリーズとは
株式会社エーピーシーズが提供するサービスシリーズ『apseeds』は、 2015年の提供開始以降、 様々な企業様とタッグを組んで作り上げてきた、企業と働く人の”働きやすさ” ”コミュニケーション” ”業務効率化”を実現するためのカスタム型・業務用アプリケーションサービスです。

累計ダウンロード数65万・月間アクティブユーザー数12万を突破した、社内ポータルアプリを簡単に構築できる『apseedsポータル』を基本機能として、お好みの付加サービスを自由に選んで追加(トッピング)できます! 

《付加サービス》
  • 給与前払い福利厚生サービス「速払いサービス」
  • 雇用契約書電子化支援サービス「web雇用契約書サービス」
  • 給与明細書電子化支援サービス「web給与明細サービス」
  • ポイントインセンティブ
  • メッセージ
  • 問合せ受付
  • 画像送信
  • 有給休暇申請
  • シフト申請/回収
  • シフト確認
※一部「IT導入補助金2021」の対象とならないサービスがございます

【会社概要】
会社名:株式会社エーピーシーズ
所在地:東京都中央区銀座1-15-6 銀座東洋ビル
代表者:代表取締役 藤本 勝典
設立:2009年12月
事業内容:
1.以下のサービスの提供・運営
・給与前払い福利厚生サービス『速払いサービス』https://www.apseeds.co.jp/sokubarai/
・業務用コミュニケーションツール『apseedsポータル』https://www.apseeds.co.jp/ap-appli/
・給与明細書電子化支援サービス『web給与明細サービス』https://www.apseeds.co.jp/web-kyuyo-meisai/
・雇用契約書電子化支援サービス『web雇用契約書サービス』
2.人材会社向けBPO運営支援、及び各種サービスのOEM提供
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エーピーシーズ(マイナビグループ) >
  3. 《IT導入補助金2021》雇用契約書電子化支援サービス「web契約書サービス」が IT導入補助金2021対象ITツールとして提供開始