「プレミアムきのこ総合メーカー」の雪国まいたけ社におけるまいたけカット工程の自動化技術の開発に成功し、次世代型パッケージングライン開発に合意

熟練作業員のカット技法をAI自動カットロボットが実現。新人/中堅作業員の2-3倍の作業効率に

AI技術をロボティクスに実装し社会課題の解決を進める株式会社ロビット(代表取締役:新井雅海 所在地:東京都板橋区)は、「プレミアムきのこ総合メーカー」の株式会社雪国まいたけ(代表取締役社長:足利厳 所在地:新潟県南魚沼市)における、まいたけカット工程の自動化技術の開発に成功し、次世代型パッケージライン開発に合意しました。

 

雪国まいたけ社では、独自技術によって天然同様の900gを超える大きなまいたけ株を生産し、作業員がカットすることで、50gから500gまでの複数の商品ラインアップを販売しています。カット工程では、単に重量を合わせるだけでなく、部位によって異なる味わいや食感などを1パックにバランスよく、且つ見栄えよくパック詰めするための独自のカット技法にこだわりがあり、自動化を進める生産工程の中でも非常に多くの人員を要しています。

まいたけ株は、形状や茎の付き方が1つ1つ異なるため、重量精度を出すことが最難度の農作物です。そのため、熟練した作業員と経験が浅い作業員では2-3倍程度の作業効率差があり、将来的な人員確保の難しさやコロナ禍において様々な配慮が必要になる中で、カット工程の自動化の早期実現は不可欠となっています。

 

ロビットは、2019年より、雪国まいたけ社の独自のカット技法と高レベルの重量精度を両立するAIアルゴリズムの開発、そのAIアルゴリズムを実装する自動カットロボットの開発を進めて参りました。この度、雪国まいたけ社内で最も優れた熟練作業員と同等レベルでカットすることが可能なAIアルゴリズム搭載の自動カットロボットの開発に成功しました。

AI自動カットロボットは、切断したまいたけ片が重量分布が正規分布に従っており、熟練した作業員以上に、後工程に質の良いまいたけ片を提供することが可能であることに加え、不定形で衝撃に弱いまいたけ株を安定的に把持し、AIアルゴリズムの推論結果通りに装置を制御/補正し、狙い通りのカットを実現する機能を備えており、生産工程への早期実装を可能にします。

 

上記結果を踏まえ、両社は、AIアルゴリズム搭載の自動カットロボットを核に、カット工程の前後においてもAIやロボティクスの実装を目指す次世代型のパッケージングライン(カットから包装までの工程)の開発を進めることに合意しました。

■株式会社雪国まいたけ 代表取締役社長 足利厳 様のコメント

「アグリテックの追求による生産性の向上は、今後の当社の更なる成長戦略の一つであり、現状、多くの人員を要しているまいたけの包装工程における自動化は、その中でも特に重要な取り組みです。
 未曾有の時代の中でAIを実装したロボットが次の時代の光になることを見据え、2019年よりロビット社とは、当社の独自のカット技法と高レベルの重量精度を両立するAIアルゴリズムの開発、そのAIアルゴリズムを実装する自動カットロボットの開発を進めてきました。この度、次世代型のパッケージングラインの開発を進めることに合意できたことは、当社にとって非常に大きな前進となります。
 今後もAI技術をロボティクスに実装し社会課題の解決を進めるロビット社の技術やノウハウなどを包装工程のみならず、当社の生産性向上に活かしていけるような取り組みをしていければと思っています。」

​・本件に関するお問い合わせ先 (株式会社ロビット 広報宛)
(info@robit.co.jp)

 

■会社概要

社名:株式会社ロビット
代表取締役:新井雅海
所在地:東京都板橋区
設立:2014年6月
業務内容:ロボット、精密機器、関連するハードウェア、部品及びソフトウェアの設計、製造、販売
URL:https://robit.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ロビット >
  3. 「プレミアムきのこ総合メーカー」の雪国まいたけ社におけるまいたけカット工程の自動化技術の開発に成功し、次世代型パッケージングライン開発に合意