IDOM「ガリバー」、DeNA「Anyca」、akippaが連携

〜クルマも駐車場も運用する時代に。シェアリング領域の拡大へ〜

中古車買取販売のガリバーを運営する株式会社IDOM(以下、IDOM)は、11月10日(金)より個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」と、駐車場予約サービス「akippa(あきっぱ)」と、事業連携を開始いたします。

 

 


■概要
全国に約500店舗を展開する中古車買取販売のガリバーと、シェアリングエコノミー市場を引っ張るAnyca・akippaが連携


 今回の連携は、ガリバーを中心としたIDOMの店舗でクルマを売買されるお客様に、Anyca・akippaを通じてクルマ、駐車場を「所有」するだけではなく「シェア」を通した新たな利用の提案を、静岡エリアより順次開始いたします。
近年シェアリングエコノミーのサービスが普及し、モノ・場所・スキル等「個人間でのシェア」の文化が広がりつつあります。
 同様にクルマも必要な時だけ利用したい、外出の際にスムーズに駐車場を利用したいというニーズは顕在化しており、本連携を通じて「クルマのシェア」にまつわるサービスの拡大をガリバーが後押しします。

◾️各社連携の狙い


◯IDOM


 クルマを自身で所有するだけではなく空いた時間に「Anyca」でシェアすることで、クルマの維持費を軽減することが可能になります。また「akippa」を活用し空いている駐車場を休眠資産にすることなく活用ができます。この2つのサービスをクルマの売買のタイミングでガリバーが紹介し、お客様に活用いただくことで、クルマにまつわるコストを減らすことが期待でき、購入の活性化を見込んでいます。
またガリバーを通して2つのサービスに登録した際に、ポイントクーポンの付与や受取額の増額といった特典を用意しています。

※受取金:オーナーとしてクルマ/駐車場をシェアした際に受け取る料金
※ポイントクーポン:Anycaドライバーとして1ポイント1円分として使用できる割引券

 



※1 登録後、1ヶ月間Anycaのプラットフォーム手数料である受取金の10%相当額が無料になることによるものです。その後、通常の90%になります。
※2 利用期限は、登録から90日となります。
※3 登録後、3ヶ月間。その後、通常の50%に。

◯Anyca

 Anycaでは、駐車場に眠っているクルマをカーシェアすることで、クルマの維持費を軽減して、もっと気軽にクルマを所有できるように、2年前から個人間カーシェアサービスを運営しています。その中で、より多くのシェアを期待してシェアされやすい車種を購入するなど、クルマの購入・所有の仕方が少しずつ変化しています。
今回の連携をきっかけに中古車買取販売のお客様が、個人間カーシェアがクルマの維持費軽減に繋がり、もっと気軽にクルマを所有できるようになることを知ってもらいたいと考えています。

◯akippa

 今回の事業連携により、ガリバーにて車を売却した際に空いてしまった駐車スペースをakippaで貸し出し、駐車場の有効活用ができます。akippaでは、空いている駐車スペースを誰でも簡単に貸し出すことが可能です。
ネット上で貸し出しをするため、コインパーキングのような精算機器を設置する必要がなく、駐車場の掲載・登録も無料となっており、現在業界トップクラスの駐車場を提供しています。akippaで貸し出した駐車場に予約が入ると、収入を得ることができます。
駐車場オーナーは車を手放したあと、そのままにしていた駐車場が利益を生み出し、駐車場利用者は今まで止めることができなかった場所に車を止められるようになるため、駐車場オーナーも駐車場利用者も満足して駐車場を活用することが可能となります。

■今後の構想について
 今回の連携は、IDOMのお客様がクルマにまつわる様々なサービスをワンストップでより手軽に利用できることを目指した取り組みの第一弾になります。

 クルマは「所有」から「サービスへの利用」へ変化しつつあり、利用者がクルマの使い方を選ぶ時代を迎えようとしています。そこで、全国にある約500店舗を窓口としお客様にとってクルマにまつわる様々なサービスの導入ハードルを下げる取り組みを広げ、クルマとの関係を様々な形で拡張していくような連携を外部パートナーと進めてまいります。

■株式会社IDOMについて (https://221616.com/idom/ )
株式会社IDOM(旧:ガリバーインターナショナル)は中古車の買取専門店として1994年に創業後、買取販売ビジネスを国内だけではなく海外にも展開、約500店舗のネットワークをもつ。近年は、CtoCサービスの「ガリバーフリマ」、サブスクリプションモデルの「NOREL」などIT×クルマの新規事業を立ち上げる。

次の一手は、「Mobility platform 」の創造。移動に纏わるサービスを事業ドメインとし、自動車産業の変革を目指す。

■Anycaについて ( https://anyca.net/ )
株式会社ディー・エヌ・エーが運営する、クルマをシェアしたいオーナーと、必要な時に好みのクルマを使いたいドライバーをマッチングする、新しいカーシェアサービスです。国内外の乗用車をはじめスポーツカーや旧車のほか、痛車と呼ばれる個性的なものまで様々で、現在都内を中心に9万人以上の会員、3500台以上のクルマが登録(2017年9月時点)されており、気分やシチュエーションに合わせた選択が可能です。オーナーは所有しているクルマの遊休時間を活用し、車1台あたり平均¥25,000/月(※)の維持費を軽減でき、家計を助ける便利サービスとしてクルマ好きの男性だけでなく、主婦層からの注目も集めています。

※ 東京都23区内にクルマの受渡し場所を設定し、1回以上シェア経験がある場合

■akippa株式会社について (  https://www.akippa.com/ )
2009年2月設立。契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫に、15分単位でネット予約して駐車できるサービス「akippa(あきっぱ)」を運営しています。現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位の駐車場拠点数を確保しています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社IDOM >
  3. IDOM「ガリバー」、DeNA「Anyca」、akippaが連携