PAX JAPONICA GROOVE NEW YEAR SPECAL SET - EN:VISUAL & Extended –「音とインタラクティブエキシビジョンの融合」LIVE協賛

ホログラム、プロジェクションマッピング、サウンドリアクティヴライティング等、最新技術によるライブ演出

2018年1月5日(金)PAX JAPONICA GROOVE、代官山UNITでキャリア初のワンマンライブ
ゲートウエイ株式会社(本社:千葉県木更津市、代表取締役:根本竜太)は、2018年1月5日(金)代官山UNITにて開催されるPAX JAPONICA GROOVEキャリア初となるワンマンライブ、PAX JAPONICA GROOVE NEW YEAR SPECAL SET- EN:VISUAL & Extended –に協賛いたします。

ライブは、「音とインタラクティブエキシビジョンの融合」をコンセプトとし、空中パフォーマンスユニット・GROviARTによるエアリアルパフォーマンスをはじめ、VJyou 、Marimosphereによるホログラムやプロジェクションマッピング、VenusLaserとRYUによるレイザー照明演出、TokyoLightingDesignによる音とシンクロさせるサウンドリアクティヴライティングなど、PAX JAPONICA GROOVEの世界観を視覚化し、拡張させる演出となっております。なお、ライブの模様はSNSを活用したリアルタイム配信を予定しており、2018年2月上旬にはVR映像として配信する予定となっております。

 

PAX JAPONICA GROOVEPAX JAPONICA GROOVE



▼入場者特典
・ライブ会場の入場時にアプリ「VR GATEWAY」の提示で1ドリンクチケットを進呈
・終演時に、簡易型VRゴーグル「GATESCOPE」を来場者全員に進呈

▼PAX JAPONICA GROOVE
「和」とダンスミュージックの融合をテーマに、2006年Shuhei Kurosakaのソロプロジェクトとして活動スタート。2007年のデビュー以来、美しいピアノの旋律と力強いビートで数々のヒットをリリースし、これまでMonday満ちるやJUJU等豪華アーティストを客演に迎え、これまでベスト盤含む全15作のアルバムをリリース。
2017年6月にはキャリア初の夏をテーマにしたアルバム「Naked Blue」をリリースしiTunesダンスチャート1位にランクイン。同年7月には幕張メッセで行われたモンスターストライクのライブエンターテインメントショー「XFLAG PARK2017」のオープニングパフォーマンス(演出/佐々木敦規氏、パフォーマンス/サムライロックオーケストラ、映像/ライゾマティクス )の楽曲を制作。
また7/28より渋谷ヒカリエにて開催された「バイトル presents チームラボジャングルと学ぶ!未来の遊園地」における音楽をDAISHI DANCEと共に担当する。 
9月にはRedbullアスリートJason Paulの最新映像の吉田兄弟によるテーマ曲に参加 。


▼LIVE関連情報サイト
・PAX JAPONICA GROOVEホームページ
http://www.paxjaponicagroove.com

・ゲートウエイ株式会社 Facebookページ
https://www.facebook.com/gateway.jp/

▼YouTube



 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ゲートウエイ株式会社 >
  3. PAX JAPONICA GROOVE NEW YEAR SPECAL SET - EN:VISUAL & Extended –「音とインタラクティブエキシビジョンの融合」LIVE協賛