世界大学ランキング2019 - 東京大学、QS大学ランキングで最高位を更新

World University Ranking

#QSWUR
世界的な高等教育機関の調査会社である QS Quacquarelli Symonds は QS World University Rankings第15版を本日公表し、国内1位の東京大学は世界ランキングの順位を昨年度の28位から23位に上げ、過去10年間に於ける最高順位を更新した。

世界的に見ると、マサチューセッツ工科大学が7年連続で世界1位、アジアではシンガポール国立大学(世界11位)が最高順位となった。現在QSは、85カ国に渡る世界上位1,000校の大学をランク付けしており、
QSのウェブサイト www.TopUniversities.com の本年の閲覧数は6,500万回を超える見込み。

日本の大学に関する注目事項
  • 世界ランキング上位1,000校に選ばれた 国内大学は44校 (昨年比で1校増、全リストは下記参照)。
  •  世界ランキング上位100校のうち国内大学は5校で韓国と同数。アジアでは中国の6校が最多。
  •  また、本年のランキングに於いて国内大学は、17校が順位上昇、15校が昨年と同位(または同バンド)、11校が順位を落とす結果となった。新規のランクイン校は1校(京都工芸繊維大学)。
  • 東京大学は評価指標の内、Academic Reputation(学術関係者からの世評)のスコアは世界第7位、Employer Reputation(雇用者からの世評)のスコアは世界第13位。また、同校は世界の研究機関上位100校にもランクインしている。
  • 全体として日本の大学は概ね好評価を獲得していると言えるものの、ランクインした日本の44校のうち、27校がQSのAcademic Reputation(学術関係者からの世評)のランクを落としており、国際的な学術コミュニティーにおいて、以前と比べて日本の大学の威信の相対的な低下が示唆される。
  • 日本の研究パフォーマンスも相対的に悪化、44大学のうち37大学がCitations per Faculty(教員一人当たりの被引用数)のスコアが低下。日本以外の各国において、被引用数の高い研究を発展させる取り組みが意欲的かつ急速に進められたことが一因か。
  • 世界的に見て日本の大学の国際性も相対的に低下。日本の大学34校がInternational Student Ratio(留学生比率)のランクを落とし、44校中41校がInternational Faculty Ratio(外国人教員比率)のランクを落とした。

グローバルハイライト
  • 2004年にランキングが開始されて以降初めて、英国の上位大学の順位に変化あり。オックスフォード大学(第5位)が長年のライバルであるケンブリッジ大学(第6位)を抜いて順位を逆転。
  • 清華大学はトップ20大学にランクイン(25位から17位へ上昇)。中国の大学としては2006年以来。


ランキングのフルバージョンは下記リンクより閲覧ください。
:www.TopUniversities.com
QSのアナリストへのインタビューについては、下記までお問い合わせください。
-終-

メディア関係の方のお問い合わせ先
Simona Bizzozero
広報室長
QS Quacquarelli Symonds
simona@qs.com
pressoffice@qs.com
@QS_pressoffice
+ 44(0)7880620856 
+44 (0) 2072847248

「QS世界大学ランキング」
QSは2004年から毎年、世界大学ランキング(QS World University Rankings)を発表しており、大学評価に最も広く活用されています。2016年度は、専攻分野別世界大学ランキングで3,000万件以上、世界大学ランキングでは5,400万件以上のアクセスがありました。

他にも、地域別大学ランキング、留学先都市ランキング、学部別ランキング、高等教育システムランキング、卒業生の就職力ランキングも発表しています。世界中のメディアに引用され、2017年は4万6000回以上、世界中のメディアで紹介されました。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. QS Quacquarelli Symonds >
  3. 世界大学ランキング2019 - 東京大学、QS大学ランキングで最高位を更新