合弁会社「株式会社AlgoNaut(アルゴノート)」の設立

株式会社PKSHA Technology(代表取締役:上野山 勝也、以下「PKSHA」)と、東京海上ホールディングス株式会社(取締役社長 グループCEO 小宮 暁、以下「東京海上HD」)は、データを活用した事業創出を推進する合弁会社「株式会社AlgoNaut」を設立しましたので、お知らせします。
1.合弁会社設立の背景および目的

 近年、人工知能技術分野のアルゴリズムの進展やセンサーデバイスの普及に伴い、データを活用したサービスの高度化や新たなソリューション創出の重要性が一段と増しています。このような環境の中、東京海上HDは様々な事故や災害によって蓄積されるリスクデータを活用し、事業の高度化を進めてきました。またPKSHAは、自社開発した機械学習・深層学習領域のアルゴリズムを用い、多種多様な企業に対して、既存のソフトウエアや各種ハードウエア端末向けのソリューションを展開しています。
 PKSHAと東京海上HDは、2020年4月6日に「資本業務提携に向けた基本合意書」を締結して以降、両社で東京海上グループが展開する事業領域におけるデータ活用の具体化に向けて検討を重ねてきました。今般、これまでの関係性をさらに強固なものとし両社の経営資源を最大限活かした事業創出を推進するため、共同出資により新会社を設立し事業を開始することといたしました。
 新会社は、東京海上グループ各社が有する様々なリスクデータやリスク予防ノウハウと、PKSHAが有するアルゴリズム技術を活用することで、個々のお客様や企業を取り巻くリスクへの対応を進めてまいります。設立後は、東京海上グループが強みを有するモビリティ、防災・減災、ヘルスケア領域等におけるリスクの検知・軽減等に向け、アルゴリズムを活用したソリューション事業を企画・開発してまいります。
 新会社名の「AlgoNaut(アルゴノート)」は、ギリシア神話に登場するアルゴー船に乗り込む英雄達を表すArgonautとAlgorithmを組み合わせた造語です。「アルゴリズムを活用することによって、これまでにない新たなビジネスを機動的に創出する企業」との想いを込めており、社会課題を解決する最先端のデジタルリスクソリューションの創出に挑戦してまいります。

2.合弁会社の概要
 名称:株式会社AlgoNaut(アルゴノート)
 所在地:東京都文京区本郷 2-35-10 本郷瀬川ビル4階
 代表者の役職・氏名:代表取締役(共同代表) 上野山 勝也、佐野 長紀
 資本金:300百万円(資本準備金含む)
 出資比率:株式会社PKSHA Technology(60%)、東京海上ホールディングス株式会社(40%)
 事業内容:アルゴリズムライセンス事業
 設立年月日:2020年11月9日

3.東京海上ホールディングス株式会社の概要https://www.tokiomarinehd.com/
 名称:東京海上ホールディングス株式会社
 所在地:東京都千代田区丸の内 1-2-1
 代表者の役職・氏名:取締役社長 グループ CEO 小宮 暁
 事業内容:損害保険会社、生命保険会社、その他保険業法の規定により子会社とした会社の経営管理
 設立年:2002年4月2日

4.株式会社PKSHA Technologyの概要https://pkshatech.com/ja/
 名称:株式会社PKSHA Technology
 所在地:東京都文京区本郷 2-35-10 本郷瀬川ビル
 代表者の役職・氏名:代表取締役 上野山 勝也
 事業内容:アルゴリズムライセンス事業
 設立年:2012年10月16日

以  上
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PKSHA Technology >
  3. 合弁会社「株式会社AlgoNaut(アルゴノート)」の設立