自動車をテーマとしたUnreal Engine 4による技術デモ「Cutting-Edge Test Drive」を公開

~期間限定で実行ファイルの無料ダウンロードも実施~

この度、株式会社ヒストリアでは、建築・自動車・放送などのエンタープライズ事業ブランドであるヒストリア・エンタープライズにて、自動車業界におけるUnreal Engine 4(以下、UE4)の活用例を想定したインタラクティブ技術デモ「Cutting-Edge Test Drive」(カッティング エッジ テスト ドライブ)(以下、CETD)を公開いたしました。UE4やMegascansといった最新技術により作られており、バーチャル展示場(カーコンフィギュレーター)、ハイクオリティムービー、走行シミュレーションの3つのパートが体験できます。
YouTubeのヒストリア公式チャンネルにて動画が2つ公開(PVと機能紹介)されたほか、ヒストリア・エンタープライズ公式サイトにて2020年6月2日(火)12時00分から2020年6月30日(火)23時59分までの間、実行ファイルが無料でダウンロード可能です。
<特設サイト>
https://historia.co.jp/enterprise/cetd/

 

 

■自動車技術デモCETD特徴
CETDは自動車業界における様々なインタラクティブコンテンツの利用例を想定し、ハイエンドなグラフィックス制作が可能なゲームエンジンUE4により開発された技術デモです。

本コンテンツはUE4の技術デモを兼ねており、UE4に内包されている各機能(Blueprintによる処理の組み込み、ライティング、マテリアル表現、UMGによるUI、シーケンサーによるカメラ演出、リアルタイムレイトレーシング)、そしてUE4上で利用する場合は無料で使用できる高品質3DアセットのMegascansを使用しており、2020年における”いまの時代の作り方”を示すものとなっています。

制作は建築・自動車・放送業界を中心にコンテンツ開発を行う専門チーム、ヒストリア・エンタープライズにより「少人数で短期間、低予算で高品質な制作」を目指し、開発人数4名(3Dアーティスト2名・エンジニア2名)、開発期間2ヶ月、3Dモデル購入費用約5万円(※)と、少人数・短期間・低予算での開発を実現しました。
※開発に必要な3Dモデルは低額・無料の高品質アセットを利用し、足りないモデルのみ自作
 
①   自動車を自分の好きな色にカスタマイズできる「バーチャル展示場パート」

バーチャル展示場パートではカーコンフィギュレーターを想定し、全6色から好きなボディカラーを選択できるほか、アングル変更や回転台を利用して360度車体をじっくり眺めることができます。
 
②   広大な空間を走行する美麗映像の「荒野パート」

バーチャル展示場でカスタマイズしたデザインのまま、Megascansによる美麗グラフィックスの荒野を走行します。
 
③   天候変化や認識タグの表示を搭載した走行シミュレーション「都市パート」

近年UE4は、自動運転のバーチャル試験場や、街の走行シミュレーションの用途で利用されるようになりました。「都市パート」では、これらの用途を想定した機能が利用できます。

クリックひとつで天候(晴れ、雨の2種)を切り替えられます。雨天の場合はワイパーが動作し、地面や木、建物をはじめとした各オブジェクトが濡れている状態になります。

画像解析の教師データの作成や、AIによる自動走行のテストをUE4上で行うことが多くなってきました。本コンテンツではそのイメージとして、画像認識タグの表示切り替えが可能です。
※2 画像認識による表示はあくまでイメージで、実際に画像認識は行っておりません。
 
■実行ファイルの無料ダウンロードを期間限定で実施
ヒストリア・エンタープライズ公式サイトにて2020年6月2日(火)12時00分から2020年6月30日(火)23時59分までの間、Windows 10上で動作する実行ファイル(exe形式)が無料でダウンロードできます。

ダウンロードページ: https://historia.co.jp/enterprise/cetd/

※DXRによるレイトレーシングに対応したグラフィックボード以外で実行した場合、意図したグラフィックで表示されません。 (DRX対応グラフィックボード例:Geforce GTX 1060 以上、GeForce GTX 1660 以上、GeForce RTX)

■ヒストリア・エンタープライズとは
ヒストリア・エンタープライズはUnreal Engine専門ソフトウェア制作会社である株式会社ヒストリアの、エンタープライズ専門の制作チームです。株式会社ヒストリアの主力事業であるゲーム開発事業の開発チームと技術連携をとり、自動車業界、建築業界、放送業界、広告業界、その他製造業など、様々な業界に向けてソフトウェアの販売、受託開発を行っております。

CETDのリリースにあたり、技術的なノウハウや、グラフィックを良く見せるために使ったテクニックを解説したブログを2020年6月3日(水)から4日間連続で公開いたします。
Unreal Engineを使用した開発をされている方、開発に興味がある方はぜひご覧ください。
ブログURL: https://historia.co.jp/archives/15594/

<株式会社ヒストリアについて>
Unreal Engine専門会社のソフトウェアデベロッパー、株式会社ヒストリアは、『人生観を変えるようなコンテンツを制作すること』をビジョンに掲げ、ゲームやデジタルコンテンツの企画、開発を行っています。また、UE4の学習を目的とした作品制作コンテスト『UE4ぷちコン』や、UE4の合同勉強会『出張ヒストリア!』を主催、技術ブログを毎週更新など、UE4コミュニティを盛り上げる活動も行っております。

■株式会社ヒストリア会社概要
URL: https://historia.co.jp/
設立: 2013年10月31日
資本金: 1,000万円
代表者: 代表取締役 佐々木瞬
所在地: 東京都品川区大崎五丁目6番2号 都五反田ビル西館8階
事業内容: デジタルコンテンツの企画・開発・販売、イベントの企画・運営
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヒストリア >
  3. 自動車をテーマとしたUnreal Engine 4による技術デモ「Cutting-Edge Test Drive」を公開