貴金属の老舗 GINZA TANAKA:リビングデザインセンターOZONE「暮らしの中の祈りの道具展」に出展

~現代の居住空間に馴染むモダンな仏具コレクション「伝 -DEN-」を展示~

1892年に創業した貴金属の老舗GINZA TANAKA(田中貴金属ジュエリー株式会社 本社:中央区銀座、代表取締役社長執行役員:田中 和和、以下 GINZA TANAKA)は、2019年1月17日(木)~22日(火)までリビングデザインセンターOZONE(東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー3~7階)の6階「パークサイドスクエア」にて開催される「暮らしの中の祈りの道具展」にて、高品質な貴金属を用い、現代の居住空間に合わせたモダンな仏具コレクション「伝 -DEN-」を展示します。
<「暮らしの中の祈りの道具展」とは>
「暮らしの中の祈りの道具展」では、これまでの「仏壇」「仏具」という名称にこだわらず、日常に溶け込む「祈り」の道具の中からインテリアと調和するアイテムを厳選して紹介します。いずれも日本の伝統工芸やものづくりの技術を活かしてデザインされ、現代の生活空間を豊かにする逸品として誕生したものです。生活空間を彩り、心を潤す大切な道具として、ずっと身近に置きたくなる「祈りのかたち」をご提案します。

<現代の居住空間にも馴染むコンパクトさとデザイン性を兼ね備えた仏具コレクション「伝 -DEN-」>
昨今、家族構成やライフスタイルが変化する中で、供養の方法や祈りの場は多様化しています。GINZA TANAKAのモダン仏具「伝 -DEN-」は、プラチナや金という稀少な貴金属を用い、現代のライフスタイルや住環境の変化に合わせたコンパクトさとデザイン性を兼ね備えた、GINZA TANAKAが提案する新たな仏具コレクションです。コレクション名の「伝 -DEN-」は、大切な方へ「想いを伝える」というコンセプトを表現しています。また本コレクションを次世代に受け継ぎ後世へと伝えていって欲しい、という意味合いも併せ持っています。貴金属の不変で無垢な輝きは、大切な方との絆を象徴し、現代の居住空間に調和するモダンなデザインで、偲ぶ気持ちを身近に伝えることができます。


<リビングデザインセンターOZONE「暮らしの中の祈りの道具展」 展示概要>
【会期】2019年1月17日(木)~22(火) 10:30~19:00
【会場】リビングデザインセンターOZONE 6階「パークサイドスクエア」
(東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー)
【入場料】無料
【出展企業】GINZA TANAKA(田中貴金属ジュエリー株式会社)、株式会社保志、瀬尾製作所株式会社、株式会社まなか、ぎやまん郷、スタジオスルメ、カドミ光学工業株式会社、haco project
【「暮らしの中の祈りの道具展」に関する一般お問合せ先】
■リビングデザインセンターOZONE:Tel.03-5322-6500(代) 
10:30~19:00 水曜日休館(祝日を除く)
https://www.ozone.co.jp/  
※冬期休館日 12月26日(水)~2019年1月3日(木)
【GINZA TANAKA展示商品】
プラチナ・モダン仏具「伝 -DEN-」4アイテム

プラチナ・モダン仏具「伝 -DEN-」プラチナ・モダン仏具「伝 -DEN-」


18金製・モダン仏具「伝 -DEN-」4アイテム

18金製・モダン仏具「伝 -DEN-」18金製・モダン仏具「伝 -DEN-」


<展示連動イベント 概要>
■オープニングトーク
【日時】2019年1月18日(金)13:00~15:00
【会場】新宿パークタワー1F ギャラリー・1
【出演者】榎木 孝明、白井 貴子
【テーマ】「暮らしの中の小さな祈り ~家族と自分のこれからのこと~」
オープニングトークでは、俳優であり、画家でもある榎木孝明さんと、歌手でありインテリアにも造詣の深い白井貴子さんにご登壇いただき、これまであまり語られることのなかった、家族や自分の身のしまい方について、じっくりと語っていただきます。
【参加費】5,000円
【定員】120名(先着順)
 

 

榎木孝明 氏榎木孝明 氏


榎木 孝明(俳優)
武蔵野美術大学デザイン科に学んだのち、劇団四季入団。1981年『オンディーヌ』で初主演。1983年劇団四季を退団し、翌年のNHK朝の連続テレビ小説『ロマンス』の主演でテレビデビュー。以後、映画『天と地と』テレビ『浅見光彦シリーズ』「NHK大河ドラマ」、舞台などで活躍。絵と旅を好み、アジア各地を中心に世界の風景を描き続けている。




 

 

白井貴子 氏白井貴子 氏

白井 貴子(シンガーソングライター/神奈川県環境大使/環境省3R推進マイスター)
1981年デビュー。「Chance!」のヒットを機に、女性ポップロックの先駆者的存在、「ロックの女王」と呼ばれる。このほかにも横浜市倉田小学校校歌「大好き倉田小」の作詞・作曲や、愛知県と岡山市で開催された「ESD世界会議」の歌「僕らは大きな世界の一粒の命」を作詞・作曲など、活躍は多岐に及ぶ。10代の頃からインテリアが好きで、20年ほど前に購入した南伊豆の森には1947年製のエアストリームがあり、休日には「ミニマムな暮らし」を楽しんでいる。



【GINZA TANAKAについて】
1892年に創業したGINZA TANAKA(田中貴金属ジュエリー株式会社)は、クオリティーの高いジュエリーや工芸品などの提供を通して、一人一人のライフスタイルに更なる輝きを持たせる、歴史と伝統を有する老舗の貴金属店です。純金やプラチナなどの上質な貴金属に匠の工芸技術を駆使して、デザイン性に富み、かつ資産性の高いジュエリーや工芸品などを製作・販売しています。

〔直営店舗〕
銀座本店、新宿店、ホテル椿山荘東京店、伊勢丹立川店、伊勢丹浦和店、横浜元町店、仙台店、
名古屋店、名古屋三越 栄店、心斎橋店、高松三越店、福岡 西鉄グランドホテル店

※商品情報・店舗情報などは予告なく変更する場合がありますので、予めご了承ください。

■一般からのお問合せ/GINZA TANAKA 
TEL:0120-556-826 https://www.ginzatanaka.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 田中貴金属ジュエリー株式会社 >
  3. 貴金属の老舗 GINZA TANAKA:リビングデザインセンターOZONE「暮らしの中の祈りの道具展」に出展