Qonceptのゴルフトラッキングシステム 「Golfboy LIVE」が2022 日本ゴルフツアー選手権に採用

株式会社Qonceptが開発するゴルフ中継用トラッキングシステム「Golfboy LIVE」が、2022年6月2日から6月5日まで 宍戸ヒルズカントリークラブにて開催されるBMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップのテレビ中継に初採用されました

 

Golfboy LIVEロゴGolfboy LIVEロゴ

「Golfboy LIVE」はQonceptの提供するゴルフ中継用のボールトラッキングシステムで、映像からゴルフボールを自動認識し、その軌跡CGを映像上にオーバーレイすることができる技術です。これはiOSアプリである「Golfboy」の技術をベースに開発されています。従来の技術にくらべ導入の手軽さが最大の特徴で、計測専用のカメラも必要なく、中継カメラマンの手持ちのカメラの映像をそのまま使って軌跡CGの生成ができます。必要な機材はMacbookとキャプチャデバイスのみで非常にコンパクトです。

 


 

 必要機材: Macbookと外付けキャプチャデバイス (Ultrastudio HD mini) 必要機材: Macbookと外付けキャプチャデバイス (Ultrastudio HD mini)

 

 
  •  株式会社ショットビジョンとの業務提携
本大会への導入をきっかけとしてQonceptは、先行するゴルフ弾道軌跡システム「トップトレーサー」を提供する株式会社ショットビジョン(所在地:東京都杉並区、代表取締役:森 昇平)と業務提携を行います。この提携により、両社の保有するゴルフ中継における技術的知見を持ち寄り、技術基盤の向上とシステムの販売·運用体制の強化を進めていきます。
 
  • Golfboyについて

Golfboyは画像処理技術を活用したiOS向けゴルフ練習アプリです。ショットの弾道計測、スイングフォーム解析、パター計測、シミュレーションゴルフなどさまざまゴルフ練習のための機能を、iPhoneのカメラひとつだけで手軽に実現できます。本中継で導入された「Golfboy LIVE」はGolfboyのコアトラッキング技術を用いて開発された、テレビ中継に特化されたシステムです。

https://golfboy.jp/
 

GolfboyアプリGolfboyアプリ

 
  • トップトレーサーについて
トップトレーサーは、ゴルフボールの弾道を視覚化する弾道CG解析システム。
2007年以降、PGAツアー、欧州ツアーをはじめとする世界各地のツアーやトーナメントの中継放送に導入され、現在では弾道に加えてキャリーディスタンスやトータルディスタンスなど、飛球のあらゆるデータが表示できます。株式会社ショットビジョンは日本国内で唯一、トップゴルフ·スウェーデン社との独占契約を交わし、USPGAツアーのライブ中継運営などの実績を重ねています。

https://www.toptracer.com/

GolfboyGolfboy

 
  • 株式会社Qonceptについて

株式会社Qoncept(コンセプト)は、大阪大学発の研究開発型ベンチャー企業です。AR(拡張現実感)を中心に画像処理技術を研究レベルから実用レベルに高め、実社会に浸透させることを目的として、高い専門性と技術力を持ったメンバーが集まっています。 Qonceptでは、機械学習ベースのスポーツトラッキング技術やVisual SLAMによる自己位置同定などの独自の画像処理技術を保有し、産業や放送、スポーツ分野など幅広い分野で活用されています。 

https://qoncept.co.jp/
 

 
  • 株式会社ショットビジョンについて
株式会社ショットビジョンは、スポーツをはじめ様々な映像関連のイベント中継映像制作、TOPTRACERを駆使したゴルフトーナメントLIVE映像制作、LEDスクリーンのレンタル運営等のイベント映像カンパニーです。
最先端の映像システム機材とノウハウを駆使してつくり出す映像のクオリティと、豊かな経験とイマジネーションで、多彩なコンテンツを世界へ発信していきます。

https://shotvision.co.jp/
 



本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社Qoncept  齊藤
conatct@qoncept.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. Qoncept >
  3. Qonceptのゴルフトラッキングシステム 「Golfboy LIVE」が2022 日本ゴルフツアー選手権に採用