ミルボン×ブックショートプロジェクトによる「MILBON AWARD」スタート 「美容室(美容師)」をテーマにした短編小説を募集 大賞作品はショートフィルム化

 日本最大手の美容室向けヘア化粧品メーカーである株式会社ミルボンは、「美容室(美容師)」をテーマにした短編小説を公募する「MILBON AWARD」を2020年12月15日(火)からスタートいたしました。大賞作品はショートフィルム化し、ミルボン公式ホームページや公式SNS・YouTubeで公開予定です。
 新型コロナウイルスの拡大により美容室に行く機会が減った今だからこそ、改めて『美容室っていいな』と顧客に実感してもらうきっかけを生み出す企画です。本企画は、米国アカデミー賞公認アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジアが運営する短編小説公募プロジェクト「ブックショート」と共同で開催いたします。

 

  募集サイトURL:https://bookshorts.jp/milbon_award/
 

 

  • 応募要項
■募集テーマ: 「美容室(美容師)」
■文字数:    5,000文字以内
■募集期間:   第1期 2020年12月15日(火)~2021年1月15日(金)
         第2期 2021年  1月16日(土)~2月15日(月)
         第3期 2021年  2月16日(火)~3月15日(月)
■賞:大賞    賞金30万円+ショートフィルム化(全優秀作品のなかから1作品選定)
   優秀賞   賞金10万円×2作品(全優秀作品のなかから2作品選定)
   ミルボン賞 ヘアケアグッズ(各期の優秀作品の中から第1期・第2期は5作品、第3期は10作        *優秀作品は各期の締め切り約1か月後にブックショートWEBサイトにて発表、全文を掲載
■応募規定:   https://bookshorts.jp/milbon_award_rule

 
  • ミルボン企画担当者よりコメント
美容室という場や美容師さんを起点に、色々と想像を膨らませていただければと思います。あとは、たとえば、「こんな美容師さんに出会いたい」とか、あるいは、自分や社会にとって美容室がどんな存在なのか、といった少しメッセージ性のある物語も読めたらとても嬉しいです。
 
  • 会社概要(2019年12月31日現在)
会社名 :株式会社ミルボン本社  :東京都中央区京橋2丁目2番1号 京橋エドグラン
代表者名:代表取締役社長 佐藤 龍二
設立  :1960(昭和35)年7月
資本金 :20億円
売上高 :362億円
従業員数:723名(連結910名)
事業内容:美容室専売品のヘアケア商品やヘアカラー剤などの製造・販売を行う美容室向けヘア化粧品メーカー
株式  :東証一部上場(証券コード4919)
事業所 :
■本社   :東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン
■中央研究所:大阪市都島区善源寺町2-3-35
■支店 :埼玉支店、東京青山支店、東京銀座支店、名古屋支店、大阪支店、広島支店、福岡支店
■工場 :ゆめが丘工場、タイ工場
■子会社
MILBON USA, INC./Milbon Trading(Shanghai)Co., Ltd./Milbon Korea Co., Ltd./MILBON(THAILAND)Co., LTD./MILBON MALAYSIA SDN. BHD./MILBON VIETNAM CO., LTD.

ミルボンは業務用ヘア化粧品の専業メーカーとして1960年の創業以来、一貫して「顧客第一主義」を掲げ、美容師を通じて女性の美しい生き方を応援する事業を展開しています。

美容室の経営者が抱える悩みに真摯に向き合い解決まで導くフィールドパーソンシステムや、選ばれた美容師と協業し、美容技術システムの開発や新製品の処方開発を行うTAC製品開発システムという独自のビジネスモデルを導入。それらを支える、フィールドパーソン研修をはじめとした社内研修などが、持続的に安定成長を続ける、ミルボン独自の強みとなっています。また、国内および海外の拠点にサロン同等のスタジオを設置し、美容師の多面的なスキルアップを支援する美容室での講習会やミーティングを年30,000回程度開催するほか、美容業界の未来を拓く大型イベントを毎年開催しています。こうして美容室と強固な関係を結び、お客様に美容室・美容師・美容室専売商品の魅力・価値を提供しています。
 
  • 【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア】

米国俳優協会(SAG)の会員でもある俳優 別所哲也が、米国で出会った「ショートフィルム」を、新しい映像ジャンルとして日本に紹介したいとの想いから1999年にアメリカン・ショート・ショートフィルムフェスティバル創立。2001年には名称を「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」とし、2004年に米国アカデミー賞公認映画祭に認定されました。また同年、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成を目的とし、同年に 「ショートショート フィルムフェスティバル アジア(SSFF ASIA 共催:東京都)」が誕生しました。現在は 「SSFF & ASIA」を総称として映画祭を開催しています。また、2018年に映画祭が20周年を迎えたことを記念し、グランプリ作品はジョージ・ルーカス監督の名を冠した「ジョージ・ルーカス アワード」となりました。 2019年1月には、20周年の記念イベントとして「ショートショートフィルムフェスティバル in ハリウッド」が行われ、2001年にSSFFで観客賞を受賞したジェイソン・ライトマン監督に、SSFF&ASIAから名誉賞が送られました。
また、2019年の映画祭より、オフィシャルコンペティション(インターナショナル部門、アジアインターナショナル部門、ジャパン部門)およびノンフィクション部門の各優秀賞、最大4作品が翌年のアカデミー賞短編部門へのノミネート候補とされる権利を獲得しました。
SSFF & ASIAは映画祭を通じて引き続き、若きクリエイターを応援してまいります。
https://www.shortshorts.org
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミルボン >
  3. ミルボン×ブックショートプロジェクトによる「MILBON AWARD」スタート 「美容室(美容師)」をテーマにした短編小説を募集 大賞作品はショートフィルム化