ソフトバンク、国内最大規模のSlack導入へ

全社での活用により、業務効率化を支援

Slack Japan 株式会社(本社:東京都千代田区、日本法人代表 佐々木聖治、以下Slack)は、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 宮内 謙、以下ソフトバンク)が、2020年10月よりビジネス用メッセージプラットフォームであるSlackの全社導入を開始したことをお知らせいたします。今後、ソフトバンクの従業員などを対象に約5万アカウントの導入が予定されており、日本国内の企業では、最大規模のSlackの導入となります。


ソフトバンクは、「Beyond Carrier」戦略の下、通信事業基盤をより強固にすると同時に、さまざまな最先端テクノロジーを活用した革新的なサービスを提供することで、さらなる成長を目指しています。

同社では、直観的な操作性や豊富なアプリ連携が可能であるという利便性から、数年前より一部の部署でSlackの利用を始めていました。また、2020年の6月から、在宅勤務やサテライトオフィスの活用、外出先への直行・直帰などを、それぞれ回数制限なく組み合わせ、社員が働く場所を自ら選択する働き方を推進しています。

こうした状況下の中、ソフトバンクでは、コミュニケーションをより迅速かつ活発に行い、ニューノーマル時代の新しい働き方を実現するため、次世代の迅速な社内コミニュ二ケーション手段として有効なSlackを全社導入することを決定しました。

全社導入に際しては、Slackがエンタープライズレベルのセキュリティを確保しており、ソフトバンクの情報セキュリティポリシーに準拠した運用を行える点が、評価のポイントとなりました。業務内容に応じた適切なアクセスコントロールを行いながら、トップメッセージの発信や新規ビジネスに関するアイデア募集など、さまざまな場面での利用を検討していきます。

なお、ソフトバンクは2019年から、ITツールを活用し、約4,000人分の業務時間を創出して新規事業領域に人材再配置する「デジタルワーカー4000プロジェクト」を推進しています。Slackを中心に業務を効率化することで、本プロジェクトの貢献にも期待が寄せられています。

ソフトバンク株式会社 常務執行役員 兼 CIO 牧園 啓市 氏のコメント:
ソフトバンクは、働き方に関するスローガンとして「Smart & Fun!」を掲げ、ITやAI(人工知能)を駆使して、全社員がスマートに楽しく働くことを目指しています。ニューノーマル時代に、この働き方を一層推進し、デジタルコミュニケーションを加速させることを目的に、Slackの全社導入を決定しました。今後Slackを活用して、スピーディーな業務遂行と生産性の向上とを図るとともに、コミュニケーションを軸にしたグループシナジー創出を推進し、さらなる成長を目指していきます。

*なお、Slackは契約期間にわたって定額法で収益を認識しており、ソフトバンクによるSlackの導入はSlackの2021年度第3四半期の業績に影響を与えるものではありません。

Slackについて
Slack はチャンネルをベースとしたメッセージプラットフォームの先駆者です。私たちはこれまでビジネスコミュニケーションのあり方を大きく変えてきました。今や何百ものユーザー企業の皆さまが Slack を使ってチームの目指す方向を揃え、使うシステムを 1 カ所にまとめ、ビジネスを前に進めています。安全かつ世界最大規模の企業に対応できるエンタープライズ級の環境を提供できるのは Slack だけです。
たくさんのビジネステクノロジーが存在するなかで、Slack はまったく新しいレイヤーだと言えます。「一緒に働く」がより効率的になり、使っているすべてのソフトウェアツールやサービスを 1 カ所にまとめられ、必要な情報が簡単に見つかる場所。つまり Slack は仕事の中心なのです。
HP:https://slack.com/
公式画像素材:https://brandfolder.com/slack

ソフトバンク株式会社について
ソフトバンク株式会社(東証一部:9434)は、「情報革命で人々を幸せに」というソフトバンクグループの経営理念の下、ライフスタイルやワークスタイルに変革をもたらす、さまざまな通信サービスやソリューションを提供しています。スマートフォンを中心とした魅力的なサービスや5Gネットワークで通信事業を強化するとともに、AIやIoT、ビッグデータなどの活用や、グローバルに事業を展開するグループのテクノロジー企業群とのコラボレーションにより、革新的な新規事業を創出し、さらなる事業成長を目指しています。詳細は、ウェブサイト(https://www.softbank.jp/)をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Slack Japan株式会社 >
  3. ソフトバンク、国内最大規模のSlack導入へ