データ保護と脅威防御をシームレスに管理し、よりセキュアなクラウド利用を可能にする「Unified Cloud Edge」を発表

MVISION CloudにMcAfee Web Gateway, McAfee Data Loss Preventionを統合

デバイスからクラウドまでを保護するサイバーセキュリティ企業である米国マカフィー(McAfee LLC、本社:米国カリフォルニア州)は、業界初の取り組みとなる「Unified Cloud Edge」を発表しました。

McAfee MVISION CloudにMcAfee(R) Web Gateway、
McAfee(R) Data Loss Preventionが提供する機能を統合し、
MVISION ePolicy Orchestrator(ePO)とも連携、クラウドの
セキュリティ課題に対処可能なボーダレスIT環境を実現します。

これによりセキュリティ担当者はセキュアなクラウド利用を推進するとともに、
リスクを低減、生産性を向上させることが可能になります。

最近のマカフィーの調査*によると、企業の81%がDLPとCASBを個別に
管理制御しているため、複雑さが増し、セキュリティ効果が低下する
可能性があることが明らかになりました。
マカフィーは、IT担当者が複数のエンドポイント、ネットワーク、
クラウドソリューションで一貫したDLPポリシーを徹底するという
課題を克服できるように支援します。

これは、企業向けに構築されたクラウド・ネイティブ・アーキテクチャにより
実現され、複数の環境において単一のポリシーを徹底します。
ユーザーはシングルクリックで、セキュリティ・イベントを調査し、
単一のリポジトリからレポートを実行、一貫した
ユーザー・エクスペリエンスを徹底します。

McAfee Web Gatewayとの統合を通じて、McAfee MVISION Cloudは、
シームレスな脅威防御とデータ保護を提供するためのリスクテレメトリを
共有するソリューションを生み出しました。
https://www.mcafee.com/enterprise/en-us/assets/reports/restricted/rp-data-exfiltration-2.pdf

マカフィーの製品管理・マーケティング担当バイスプレジデントの
アナンド・ラマナサン(Anand Ramanathan)は、次のように述べています。
「データとアプリケーションはクラウドに移行しましたが、
セキュリティ担当者が新たなスキルを必要とする環境やツールと、
限定されたセキュリティリソースに格闘する企業にとって、
セキュアなクラウド利用は理解されにくいものだと明らかになりました。
クラウド利用に伴い重要な企業データの総量は増え続けており、
企業は適切なデータ保護ツールを導入する必要があります。
また、セキュリティの複雑さを軽減することは
従業員の生産性を向上させるサポートをします。」

IDC Data Security Practiceのリサーチ・ディレクターである
ロバート・ウェスターヴェルト(Robyn Westervelt)氏は、次のように述べています。
「企業は、従来のオンプレミス・セキュリティ・アプライアンスを
クラウド・セキュリティ・ソリューションに置き換えることで、複雑な
セキュリティ・インフラストラクチャを削減しようとしています。
従来は独立して機能していたセキュリティ・ソリューションを連携することは、
攻撃を防御するために団結して機能するセキュリティ防御壁を
作りだすことであり、企業のセキュリティ対策状況を向上させるでしょう。
しかし、さらに重要なことは、この統合によって、今日、企業が直面する
最も重要な課題の1つであるハイブリッドおよびマルチクラウド環境全体での
セキュリティとコンプライアンス管理の負担が軽減されるでしょう。」

Unified Cloud Edgeの主な特長は、次のとおりです。

・デバイスからクラウドまでのデータに対する
 包括的な可視性と一貫したコントロール

・クラウド、ネットワーク、およびエンドポイント・データ保護のための
 統合されたポリシー、インシデント管理、調査、ワークフロー、およびレポート

・脅威とデータ保護の管理に関する新たな次元での簡素化

・あらゆる場所に存在するデバイスの機械学習機能で数十億のイベントを
 分析することにより、クラウド規模の脅威に対する一貫した防御

・複数の環境で機密データのセキュリティを扱う際の
 一貫したユーザー・エクスペリエンス

当プレスリリースには、開発中の製品、サービス等に関する情報が含まれています。
ここで提供するすべての情報は、当社の判断により予告なく変更される場合があります。
最新のスケジュール、仕様、ロードマップ等については、随時お問い合わせください。

■マカフィーについて
マカフィーはデバイスからクラウドまでを保護する
サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を
越えて共に力を合わせることで実現するより安全な世界を目指し、
マカフィーは企業、そして個人向けのセキュリティ ソリューションを提供しています。
詳細は https://www.mcafee.com/ja-jp/ をご覧ください。

* McAfee、マカフィー、McAfeeのロゴは、
米国およびその他の国におけるMcAfee, LLCの商標又は登録商標です。
* その他の会社名、団体名、製品名やブランドは、該当各社の商標又は登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マカフィー株式会社 >
  3. データ保護と脅威防御をシームレスに管理し、よりセキュアなクラウド利用を可能にする「Unified Cloud Edge」を発表