【京ROUSOKU+】日本の季節の「色」を纏う和ろうそく 「色ROUSOKU」シリーズが誕生 

Makuakeで先行販売していた「香りROUSOKU」も2月1日に発売開始

地域活性化プロデュース「株式会社Chanois、以下シャノワ」(東京都港区/代表:宮脇 恒)の和ろうそくブランド「京ROUSOKU+(読み方:きょう ろうそく ぷらす)」は、2月1日(月)より、「めいそうROUSOKU」の新シリーズ、日本の季節の色を纏う和ろうそく「色ROUSOKU(以下、色ろうそく)」を、オンラインショップで発売開始しましたことをお知らせいたします。また、Makuakeで先行販売していた日本の季節の色と香りを楽しむ12種類の和ろうそく「香りROUSOKU(以下、香りろうそく)」も、同日に発売開始、まずは3月の香りろうそくの予約を受け付けいたします。

▼「色ろうそく」「香りろうそく」のオンラインショッピングサイトはこちら▼
https://kyorousoku.official.ec/

色ろうそくは、日本の季節ごとの美しい自然を伝統的な【和の色彩】を使って表現した、鮮やかなグラデーションが印象的な和ろうそく5本セットです。日本の季節を額装に見立てたシックな黒いボックスに切り取りました。

  今回発売する「春の満開前のピンクの花々をイメージしたピンク系」を皮切りに、「季節の移ろいと共に変化する若葉をイメージしたグリーン系」、「わびさび、静寂や 夜明け前の紫の空の余韻をイメージしたモノトーン系」など、日本の季節の色を纏った和ろうそくを隔月で発表します。
 

気軽に旅に出ることが難しい今だからこそ、日本各地の季節の色の”疑似体験”を楽しんでいただくことで、おうち時間を心休まるひとときにしていただきたいという想いを込めて開発しています。





 

  • 商品概要(抜粋)
<春の満開前のピンクの花々をイメージ 色ROUSOKU・つぼむ>

色ROUSOKU・つぼむ色ROUSOKU・つぼむ

長い冬が終わり花のつぼみがほころび出す頃、モノトーンだった色彩にも少しずつ変化が。水がゆるみほんのりと色づいた一輪の花を見た時、春の訪れを実感します。そんな日本の春の一コマを額装に見立てたボックスに切り取ったのが、ピンク系の「つぼむ」。梅や桜、すみれなど日本の春の花をイメージしました。

・セット内容:2匁サイズろうそく3本
・サイズ:芯までの長さ:約7.5cm(手づくりのため長さはばらつきがあります)
直径:上1.7cm 下1.2cm
・ボックスサイズ:横14.8cm 縦10.8cm 高さ2.2cm
・素材:米ぬかろう  芯:和紙、井草
・燃焼時間:約50分
・価格:¥ 2,970円(税込)
・URL:https://kyorousoku.official.ec/items/38763630

 

色ROUSOKUの販売スケジュール

色ROUSOKU・もえぎ色ROUSOKU・もえぎ

<色ROUSOKU・もえぎ>
季節の移ろいと共に変化する若葉をイメージ
2020年4月1日発売予定
価格:¥ 2,970円(税込)
 

色ROUSOKU・しじま色ROUSOKU・しじま

<色ROUSOKU・しじま>
日本の美意識、わびさび、静寂をイメージ
2020年6月1日発売予定
価格:¥ 2,970円(税込)
 

色ROUSOKU・よいん色ROUSOKU・よいん

<色ROUSOKU・よいん>
夜明け前の紫の空の余韻をイメージ
2020年8月1日発売予定
価格:¥ 2,970円(税込)
※発売日時は都合により、変更になる場合がございます。
 

  • 同時販売の【香りROUSOKU】ご紹介

 

「香りろうそく」は、ろうそくに火を灯した状態で香りを楽しむアロマキャンドルとは別物の、「香りと色とゆらぎを楽しむ」今までい新しいろうそくです。今回、和ろうそくの老舗・中村ローソクとアロマ調香プロデューサーの齋藤智子さんのご協力のもと、製造実験を重ね、オリジナルで製品化したのがこの「めいそうROUSOKU」の新シリーズ「香りろうそく」です。

 

【生花を愛でるようにフレッシュな香りを楽しむ】
「香りろうそく」の香りの賞味期限は約2週間。使っている天然精油は揮発性が高いため、香りは2週間ほどで徐々に薄らいでいきます。それは本物の天然精油の香りを使っている証。 植物性原料100%の和ろうそくにつける香りも天然成分由来にこだわりました。 天然精油は日本らしいほんのりと優しい繊細な香りを体感いただけます。生花を愛でたり採れたての果実の味を楽しむかのように、「期間限定のフレッシュな香りを楽しむ贅沢な時間」がコンセプトに、このろうそくは生まれました。


 季節の移り変わりを敏感に感じることができる「七十二候」から、春夏秋冬それぞれの季節毎に3つの候を選び、その風景をイメージし作り上げた『どこか懐かしい天然精油の香り』と『日本画に用いられる和の色彩』を12ヶ月、月々お楽しみいただけます。

【3月 桜始開(さくらはじめてひらく)桜の花が咲き始める】

【開(KAI)】花の香 桃 桜 スミレ 菜花 木蓮 春の訪れを告げる花々 自然美 春の柔らかさ、桜のかおり、ピンク、日本、幸せ
春のやわらかな日差しが増えてきました。どこからか薫ってくる甘い花の香り、梅や桃のピンクのグラデーションを、柑橘類やゼラニウム、そしてトンカビーンズを使って表しました。

・セット内容:2匁サイズろうそく3本ット
・サイズ:芯までの長さ:約7.5cm(手づくりのため長さはばらつきがあります)

直径:上1.7cm 下1.2cm
・素材:米ぬかろう  芯:和紙、井草
・燃焼時間:約50分
・価格:¥ 3,300円(税込)
・URL:https://kyorousoku.official.ec/items/38763630
 

【日本の季節の香りと色を楽しむ和ろうそくの3つの楽しみ方】
1.開封時のフレッシュな季節の香りを楽しむ
2.インテリアとして季節の色と和の色彩を楽しむ
3.火をつけて炎のゆらぎとほのかな甘い米ろうの香りを楽しむ


 

  • 和ろうそくとは

 和ろうそくは、芯が和紙と井草の髄、蝋(ろう)には、櫨(ハゼ)の実や植物性の油脂、米ぬかを使ったぬか蝋などが使われています。「西洋ローソク」が、石油系原料が使われている製品の占める割合が多いのに対し、和・京ろうそくはすべて植物性でつくられており、油煙が少なく環境にやさしいとされています。

 

「京ROUSOKU+」は、「和ろうそくの本来の価値を守りつつ、新しい世界観や価値観を提案する」ブランド。「京ROUSOKU+」のプラスには、そんな「和ろうそくの本来の価値を守りつつ、新しい世界観や価値観を提案する」という意味を込めています。

 

「京ROUSOKU+」では、 「おうち時間を快適に過ごす」をコンセプトに、瞑想や香りのろうそくを提案しています。

「快適に過ごすには?」と逆算して、原材料や精油、製造方法にも徹底的にこだわりました。

▼オンラインショップはこちら
https://kyorousoku.official.ec/

【京ROUSOKU+公式アカウント/サイト】
Instagram
https://www.instagram.com/kyo_rousoku/
facebook
https://www.facebook.com/kyorousokuplus/
公式サイト
https://kyorousoku.official.ec/

  シャノワは今後、この「京ROUSOKU+」を通じて、このような時代だからこそ、一人ひとりの生活や心に寄り添えるような、そして癒しの時間が求められる時代に寄り添う商品として、多くの方に和ろうそくを知っていただけるよう尽力してまいります。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Chanois(シャノワ) >
  3. 【京ROUSOKU+】日本の季節の「色」を纏う和ろうそく 「色ROUSOKU」シリーズが誕生