フィリピン・ボラカイ島 コンデナスト・トラベラー誌「アジアトップアイランド」を受賞!

2019年10月7日(現地時間)、フィリピン中部に位置するボラカイ島が、アメリカの旅行雑誌コンデナスト・トラベラーの「コンデナスト・トラベラーズ2019リーダーズチョイスアワード(Conde Nast Traveler’s 2019 Readers’ Choice Awards)」において、「アジアトップアイランド」に選出されました。今回の受賞により、ボラカイ島が世界の約60万人の読者によって、アジアで最も美しく素晴らしい島として評価されたことになります。

ボラカイ島は、フィリピン中部に位置する全長約7kmの島で、ビーチリゾートとして有名です。西岸にはヤシの木に囲まれたホワイトビーチがあり、周辺に外資系ホテルやレストランが並んでいます。フィリピン政府は、ボラカイ島の環境保全を目的として、2018年4月26日よりボラカイ島を閉鎖し、その後6カ月の間、観光客の立ち入りを禁じました。その結果、島は元来の美しさを取り戻し、現在も世界中の旅行者を魅了しています。この取り組みは、目先の外貨獲得にとらわれず、中長期的な島の自然保護を優先した事例として、世界から注目を集めました。

日本からボラカイ島へは、セブやマニラへ直行便で移動し、国内線でパナイ島の「カリボ空港」か「カティクラン空港」のいずれかに到着します。パナイ島からボラカイ島まではスピードボートで約10分です。ボラカイ島に上陸するためには、ボラカイ島のホテルに事前に予約している必要があります。

フィリピンは、7,641もの島々からなる島国で、熱帯性気候、美しいビーチリゾートなどの自然遺産、多彩な文化とフレンドリーな国民性で笑顔に溢れています。日本からは、羽田、成田、大阪、名古屋、福岡、札幌からマニラ、セブ、クラーク間で直行便が毎日運航しています。

フィリピン政府観光省 公式サイト:
http://www.mottotanoshiiphilippines.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フィリピン政府観光省 >
  3. フィリピン・ボラカイ島 コンデナスト・トラベラー誌「アジアトップアイランド」を受賞!