SBIデジタルアセットホールディングスとSecuritize、Securitizeのデジタル証券発行・管理プラットフォームとSBIのデジタルウォレットソリューションを統合する計画を発表

デジタル証券の発行・ライフサイクル管理プラットフォームを提供するSecuritize Japan株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:ジェームス・エイチ・フィン、以下、Securitize)と、SBIグループのデジタルアセット統括部門であるSBIデジタルアセットホールディングス株式会社(以下、SBI DAH)は本日、Securitizeのデジタル証券発行・管理プラットフォームおよび、SBIの投資家向けウォレット、カストディソリューション「sbiwallet」を統合し、日本市場向けにワンストップで提供するためパートナーシップを締結したことを発表しました。

 

 

Securitizeのデジタル証券プラットフォームは業界で最も多くの実顧客に利用されているソリューションであり、デジタル証券の発行者が効率的かつコンプライアンスに準拠した方法でデジタル証券の販売、発行、管理するための多くの機能を兼ね備えたソリューションです。SBI DAHの投資家ウォレット・カストディソリューション(sbiwallet)と統合することで、Securitizeは世界基準の利便性とセキュリティを備えたデジタル証券管理ソリューションを、ワンストップで顧客に提供することが可能になります。

SBI デジタルアセットホールディングスは、信頼性の高い機関投資家向けのデジタルアセットエコシステムの構築を、グローバルに推進してきました。最近では、シンガポールを拠点としたデジタル資産取引所を、 SIX グループと共同で設立する計画を発表しました。最先端のマルチパーティ計算(MPC)ウォレットソリューションである sbiwallet を Securitize と統合することで、この信頼性の高いエコシステムがさらに強化され、デジタル資産に流動性と世界的なアクセス性をもたらすという SBI DAHの目標にさらに近づくことになります。

 - SBIデジタルアセットホールディングス CEO、フェルナンド・ルイス・バスケス・カオによるコメント
「sbiwalletとSecuritizeプラットフォームとの統合で、日本におけるデジタルソリューションの成長をさらに推進できることを非常に楽しみにしています。」

- Securitize Japanカントリーヘッド、小林 英至 によるコメント
「今回のパートナーシップにより、お客様は業界最高水準のセキュリティと利便性を備えたSTOプラットフォームをワンストップで利用できるようになります。これを通して日本におけるSTOマーケットの発展のお手伝いをできれば嬉しく思います。」

■ sbiwalletについて
sbiwalletは、機関投資家向けのデジタルアセットウォレットおよびカストディソリューションであり、クラス最高のセキュリティ、規制要件への完全なコンプライアンス、柔軟な実装を備えた信頼できるパートナーを求める機関投資家のニーズに応えるために、機関投資家を念頭に置いてゼロから設計されたソリューションです。

sbiwalletは、資産保全やコンプライアンス、安全性を確保するために、複数のアプローチで対応しております。核であるトランザクション署名には、最新のMPC技術を活用しております。その上に、複層認証を実施し、すべての取引に対してコンプライアンスやAML、その他必要なチェックを行います。運用にあたっては、堅牢でありながら拡張性や応用性に富み、様々な顧客の取引フローに対応可能なソリューションです。

■ SBIについて
SBI Digital Assets Holdings は、SBIホールディングス傘下におけるデジタル資産分野の統括部門です。両社の戦略的パートナーや投資先には、B2C2、TaoTao、 Börse Stuttgart Digital Exchange、BRD、R3、それに Rippleなどが挙げられます。SBIホールディングスは1999年に、インターネット金融サービス提供の先駆者として設立されました。同社は証券、銀行、保険などを含む幅広い分野の金融サービスを提供し、世界で初のインターネット金融コングロマリットを形成しました。SBIグループは、世界でも有数のデジタル資産分野への投資家であり、今回の提携もそのコミットメントを反映したものです。

SBI Digital Asset Holdings
Mail: contact@sbidah.com
ウェブサイト: www.sbidah.com
www.sbisecsol.com

■Securitizeについて
Securitizeは発行から流通市場まで対応したブロックチェーン技術を活用したセキュリトークンソリューションを提供することで資本市場を再構築します。Securitizeのソリューションにより、投資家はコンプライアンスに準拠しながら、効率的で流動性の高い資本市場により容易にアクセスできるようになります。
Securitizeは、米国でSEC登録のトランスファーエージェントで、子会社のSecuritize Markets, LLCはSECおよびFINRA登録のブローカーディーラー/代替取引システム(ATS)提供業者です。

■Securitize Japan株式会社 概要
会社名               :Securitize Japan株式会社(セキュリタイズジャパン)
所在地               :東京都中央区日本橋室町2-1-1 日本橋三井タワー 6F
代表者               :代表取締役 ジェームス・エイチ・フィン
事業内容            :デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供
設立年月            :2018年9月
ウェブサイト      :https://www.securitize.co.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Securitize Japan株式会社 >
  3. SBIデジタルアセットホールディングスとSecuritize、Securitizeのデジタル証券発行・管理プラットフォームとSBIのデジタルウォレットソリューションを統合する計画を発表