ADVASAがTISのミニアプリ管理基盤「Widget配信プラットフォーム」と接続開始

株式会社ADVASA(アドバサ、本店:東京都港区、代表取締役:小杉 朝光、以下:ADVASA)は、福利厚生ペイメントシステム「FUKUPE(フクペ)」に関して、TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)の提供する「Widget配信プラットフォームサービス」に接続を開始しました。
 

 

FintechベンチャーのADVASAは、企業の従業員勤怠情報を参照し、すでに労働した分の給与に相当する額を上限額として、従業員がいつでも必要な資金を受け取ることができ、あらゆる決済手段への接続までワンストップで提供する、福利厚生ペイメントシステム、「FUKUPE」を展開しています。

この度ADVASAは、TISが提供するミニアプリ管理基盤「Widget配信プラットフォームサービス」に接続し、同プラットフォームに参加する通信キャリア・鉄道事業者・銀行などのスーパーアプリ事業者に対して「FUKUPE」の機能を提供していきます。今回の連携により、従業員が必要とする資金の受取先の拡充、福利厚生としてのサービス拡充など、飛躍的な利便性の向上が期待できます。

1)「FUKUPE」に関して
ADVASAは金融包摂の実現をミッションの一つとして、日本では金融機関、決済会社と連携し、給与の受け取り方を自由化する福利厚生サービス「FUKUPE」を提供しております。同分野は、米国ではEWA(Earned Wage Access:給与即時アクセス)、オンデマンドペイと呼ばれ、既に2021年は120億USDの規模まで成長を遂げており、「給与システムは本来、従業員に自分の稼いだ資金への自由なアクセスを提供するものである」という考え方が広がっております。

またADVASA は、後払い事業者とのシステム連携、共同のビジネス開発も進めております。「BNPL(Buy Now Pay Later)」と称される「後払い」決済サービスの市場が拡大しておりますが、同市場はEWAと親和性が高く、クレジットカード未保有者への即時決済の提供、カード番号入力の不安解消や手間を省ける利便性などを提供しつつ、更にEWAに関しては、働いた分の給与範囲内での決済となるため、過度な利用の抑制、事業者側の与信リスク、支払いの遅延など未回収リスクも最小限に抑えたサービスを提供することが可能です。

2)「Widget配信プラットフォームサービス」について
「Widget配信プラットフォームサービス」は、1つのアプリの中で店舗予約や決済など、日常生活のさまざまな
場面でサービスを提供したいスーパーアプリ事業者と、そのスーパーアプリ上でサービスを展開させたい
Widget(※)事業者をつなぐプラットフォームです。

本サービスを活用することで、スーパーアプリ事業者は、Widgetを集める手間やそれに関わる業務などを削減できます。また、Widget事業者は、自社のWidget開発/運用の負荷を低減し、短期間で複数のスーパーアプリに配信できます。

TISでは、「Widget配信プラットフォームサービス」を、通信キャリア・鉄道事業者・銀行などのスーパーアプリ事業者と、飲食予約・モバイルオーダー・医療予約などの生活サービスを提供するWidget事業者向けに提案していき、2025年までにスーパーアプリ事業者20社、Widget事業者200社の獲得を目指します。

※Widgetとはスーパーアプリ上で稼働する金融や交通、行政、店舗などに向けてサービスを提供するミニアプリの呼称。スーパーアプリと親和性の高い自社や他社のアプリの他、単独で個別に提供されているものもある。スーパーアプリ上で利用できるように対応されている。

【サービスイメージ】

 



【株式会社ADVASAについて】
 ADVASAは金融包摂の実現をミッションの一つとして、従業員への資金提供システム「FUKUPE」を展開しています。日本では、金融機関等へのOEM提供、給与即時アクセス立替型スキームの特許ライセンス提供によるパートナーシップ戦略を中心に展開しております。
 日本・米国・韓国・ロシア・シンガポールでの特許を取得し、さらに世界76カ国に出願しており、特に米国に関しては、同じく特許戦略及び既に浸透しているペイロールカード業者と連携し、いつでも給与にアクセスし、決済までワンストップで提供可能となるシステムの普及を進めてまいります。
 更に海外展開においては、同特許範囲である暗号資産による労働対価の提供、ブロックチェーン技術を活用した決済・送金システムの開発、ビックデータを活用した新たな融資サービスの開発なども進めてまいります。
 近い将来、各勤務日の終わりに自分の口座に資金が「流れ込む」ストリーミング給与を提供し、キャッシュレス社会の促進に貢献できるよう、ペイロールDXをデファクトスタンダードにしていく世界を構築いたします。  
 国内外問わず、労働者の金銭的な課題の解決、生活環境向上、利便性向上に向けて、スピード感を持って取り組んでまいります。

■会社概要
会社名:株式会社ADVASA
代表者:代表取締役 小杉 朝光
所在地:東京都港区元赤坂1-2-7 赤坂Kタワー4階
設立:2017年4月
資本金:5億5000万円(資本準備金含む)
事業内容:
・労働者への資金提供システムの開発・OEM提供
・Fintech、AI、ブロックチェーン等のシステム開発
URL:https://www.advasa.co.jp

【TIS株式会社 について】
TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3000 社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。
URL:https://www.tis.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ADVASA >
  3. ADVASAがTISのミニアプリ管理基盤「Widget配信プラットフォーム」と接続開始