東京建物とピクシーダストテクノロジーズ共同研究を開始

ピクシーダストテクノロジーズの大学発・先端テクノロジーをオフィスワーカーの知的生産性の可視化・向上へ活用

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:落合 陽一、村上 泰一郎 以下「PXDT」)と東京建物株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:野村 均 以下「東京建物」)は、この度、PXDTの持つ大学発・先端テクノロジーを活用し、オフィスワーカーの知的生産性を可視化・向上させる共同研究開発プロジェクトを推進していくことについて合意しましたので、お知らせします。

 

左から、東京建物㈱ 取締役専務執行役員 福居賢悟、ピクシーダストテクノロジーズ㈱代表取締役CEO 落合陽一

1.本件の背景と目的
IT技術の活用により、事業・生活を変革するデジタルトランスフォーメーションが様々な分野で進んでいます。一方で、「フリーアドレスを導入する」、「仕事の合間にフィットネスを利用する」、「オフィスを緑化する」などが、オフィスワーカーの知的生産性向上に寄与するとされているものの、実際にそれらによって、どれほど知的生産性が向上したかをデジタル化する取り組みは進んでいません。

この度、東京建物のオフィスビルにおいて、PXDTが有する空間開発技術「KOTOWARI™*」を活用し、知的生産性を向上させ得る施策のデータ分析・可視化を行います。その結果から、オフィス空間においてオフィスワーカーの知的生産性を向上させる施策を特定し、東京建物が提供するオフィスにおいて、当該施策を積極的に導入してまいります。

*「KOTOWARI」は、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社の商標です。
 

                                                     (オフィス内イメージ図)

オフィスワーカーの生産性を向上させ得る有効な施策を積極的に行うことが、オフィスワーカーの働きがいのサポートに繋り、SDGsのうち「8.働きがいも経済成長も」の達成に貢献する取り組みと位置付けております。
 


2.ピクシーダストテクノロジーズの取り組みについて
PXDTは、インタフェース技術を研究開発し、連続的に社会実装をしていく大学発ベンチャーです。筑波大学及び東北大学と共同研究においては、新株予約権を梃子として大学で生まれる知的財産を企業に包括的に譲渡するという、新たな産学連携スキームを構築しています。

「人類と計算機の共生ソフトウェア基盤を構築する」を経営理念として、生活に溶け込むコンピュータ技術の開発を目指し、一方ではアカデミアとの連携を広げながら、他方では自治体や企業と「現場」で生じる問題に耳を傾け、オープンイノベーションを促進してまいります。
 
3.東京建物株式会社の取り組みについて
東京建物は、2030年頃をターゲットにした長期ビジョンとして「社会課題の解決」と「企業としての成長」をより高い次元で両立する次世代デベロッパーへの進化を掲げ、重点戦略として「社会課題解決に貢献するまちづくり」に取り組んでおります。

「社会課題解決に貢献するまちづくり」の実現に向け、社会課題の解決を中心テーマに据えながら、①多様な人々や企業との交流と豊かなコミュニティの醸成、②地域の歴史や文化の尊重、③持続可能な社会の実現、④多様なパートナーとの協働や先進的なテクノロジーの活用を重視しております。


■ 会社概要
商号: ピクシーダストテクノロジーズ株式会社
代表取締役: 落合 陽一、村上 泰一郎
所在地: 東京都千代田区神田三崎町二丁目20番5号 住友不動産水道橋西口ビル4階
設立: 2017年5月
資本金: 23億397万9,050円 (2020年5月1日現在/資本準備金を含む)
URL: https://pixiedusttech.com/

■ 本件に関するお問い合わせ先
ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 広報担当
お問合せ: https://pixiedusttech.com/contact/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 >
  3. 東京建物とピクシーダストテクノロジーズ共同研究を開始