エッジAIカメラソリューションのAWL、カタギリコーポレーションと業務資本提携契約を締結

広いネットワークを持つ北海道で建設機械レンタルNo.1の老舗と新進のAIベンチャーの協業で更なる拡販・事業拡大を推進





北大発ベンチャーで、エッジAIカメラソリューションを提供するAWL株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北出 宗治、以下「当社」)は、建設、介護、物流、イベント、ITなど幅広い業界を手掛ける北海道の老舗BtoB総合レンタルサービス企業グループ、カタギリコーポレーション株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:片桐 大、以下「カタギリコーポレーション」)と業務資本提携契約を締結し、カタギリコーポレーションを引受人とする第三者割当増資を実施したことをお知らせいたします。 

  • 本業務資本提携の目的及び理由

当社はリアル店舗や施設の課題解決、価値向上を実現するためのエッジAIカメラソリューションを開発、提供してまいりました。コロナ禍においては、新しいソリューション導入によって感染リスクを軽減し、安全・安心につなげることが急務となる中、これまでリテールの最前線で培われてきた当社のAIテクノロジーが「体温検知」や3密を避けるための「混雑検知」として活用され、従来のターゲットであった小売店の枠を超え、オフィスや宿泊施設、イベント会場といった人が集まるあらゆるリアル空間での活用シーンが急拡大しております。 

カタギリコーポレーションは1935年の創業以来、北海道に根ざす企業として一貫して時代のニーズに合わせ、イベント、物流、介護、IT事業など幅広い事業分野に挑戦してきました。1963年に北海道で初めて建設機械レンタル事業を開始して以来、レンタルサービスを通してお客様の課題解決や効率的な事業推進をサポートし続けており、札幌雪まつりに代表される大イベントでは欠かせない存在となっております。 

AWLとの連携は、関連会社の株式会社レンタコム北海道によるサーマルカメラのレンタル事業を通して既に始まっており、当社のAIソリューションの今後の更なる拡販と、新規顧客へのスムーズな導入支援の必要性を見据え、長年に渡る幅広い事業展開を通し培ってきたノウハウ、資産、ネットワークを誇るカタギリコーポレーションと業務資本提携を締結し、関連会社である片桐機械株式会社、日建片桐リース株式会社、北海道オフィスシステム株式会社、株式会社レンタコム北海道との連携の強化を図ってまいります。 

当社からはエッジAI技術及びAWL BOX、AWL Lite等のソリューションを提供、カタギリコーポレーションの各事業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進をサポートし、加えて両者が有するノウハウ、人材その他のリソースを相互に提供し合い、それぞれの企業価値の最大化と更なる拡販・事業拡大に向けたさまざまな取り組みを行ってまいります。 

■本プレスリリースのHP内URL
https://awl.co.jp/news/20200901/

【会社概要】
■AWL株式会社
代表者             : 代表取締役社長 北出 宗治
所在地             : 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目3−1 新東京ビル4階 434号室
設立              : 2016年6月
事業内容            : エッジAIカメラソリューション事業
URL                  : https://awl.co.jp

■カタギリ・コーポレーション株式会社
代表者               :代表取締役 片桐 大
所在地               :〒060-0051北海道札幌市中央区南1条東7丁目2番地4
設立                  :2003年7月
事業内容            :グループ事業会社のマネジメント、グループ経営財務の統括、新規事業開発の推進
URL                  :http://www.katagiri-g.com/

■本件に関するお問い合わせ先
企業名   :AWL株式会社       
担当者名:藤松、打田
TEL       :03-6671-7392
Email     :info@awl.co.jp
TEL       :03-6671-7392
Email     :info@awl.co.jp

  1. プレスリリース >
  2. AWL株式会社 >
  3. エッジAIカメラソリューションのAWL、カタギリコーポレーションと業務資本提携契約を締結