コロナ禍で戦う看護師に【総額1億円】のサポート費用を給付 - 看護師の4人に1人はボーナスが減額に -

「にしたんクリニック」看護師支援プロジェクト

「にしたんクリニック」(医療法人社団直悠会 所在地:東京都渋谷区)は、コロナ禍の中、医療の最前線で戦う看護師の皆さんが厳しい環境に身を置かれていることを受けて、500名の看護師を対象に、総額1億円(お一人当たり20万円)のサポート費用を給付する支援プロジェクトを2021年1月6日(水)に立ち上げましたのでお知らせいたします。(特設サイト:https://pcr.nishitanclinic.jp/project/nurse-support/


≪コロナ禍の看護師の状況≫
コロナ禍の中、医療の最前線で戦う看護師の皆さんは、厳しい環境に身を置かれています。
特に問題となっているのが、精神的な負担に加え、業務量が増加しているにも関わらず、給料が減り、さらにボーナスが大幅にカットされている病院が一部であるということです。
看護学生&若手看護師向けメディアが実施した看護師を対象に行ったアンケートによると、今冬のボーナスが「全面カットになった」との回答は2.7%、「前年冬より減った」とする回答は22.3%となりました。
看護師の4人に1人はボーナスが減額となっており、これは看護師の皆さんにとって小さくない問題です。

≪プロジェクト立ち上げの背景≫
当院は現在、新型コロナウイルスPCR検査(保険適用外・全国対象)を提供しており、新型コロナウイルスと向き合う医療機関の1つとして、看護師の皆さんが置かれているこの状況をどうにかできないか、と考えておりました。
最前線で戦う看護師の皆さんは、その働きに見合った、もしくはそれ以上の報酬をしっかりと受け取るべき存在のはずです。
一次的なサポート費用の支援が根本的な解決に繋がらないことは理解していますが、国や行政ではない誰かが行動に移すことで、看護師の皆さんが置かれている状況が好転する1つのキッカケになり得るのではないか、と考え、本プロジェクトを実施することになりました。
 
  • 「にしたんクリニック」看護師支援プロジェクト 基本概要
・概要:総額1億円(お一人当たり20万円/看護師500名)のサポート費用を給付
・対象者:感染症指定医療機関のコロナ病棟で働く看護師500名(応募者多数の場合、厳正なる抽選の上、対象者を決定)
・応募受付期間:2021年1月9日(土)12時 〜 1月15日(金)17時
・応募方法:特設サイトよりご応募ください。
・特設サイト:https://pcr.nishitanclinic.jp/project/nurse-support/
※決定通知後、個別に口座情報と看護師免許証を確認させていただき、20万円をお振込いたします。

<プロジェクトのポイント>
本プロジェクトは、勤務先の病院に判断をゆだねるような間接的な支援でなく、看護師の皆様個人への直接的支援となります。誰が応募し、誰が支援金を受け取ったのかは勤務先の病院含め、どこにも一切公表いたしません。
そのため、支援金を受けとる看護師の皆様は、周りからの視線を気にする必要はありません。
 
  • プロジェクトの想い
コロナ禍の中、医療の最前線で戦う看護師の皆様は、厳しい環境に身を置かれています。

中でも、業務量が増加しているにも関わらず、給料が減り、
さらにボーナスも大幅にカットされている病院もあると聞きます。

これは看護師の皆様にとって小さくない問題だと思います。

最前線で戦う看護師の皆さんは、その働きに見合った、
もしくはそれ以上の報酬をしっかりと受け取るべき存在のはずです。

国や自治体の支援が十分でないのであれば、誰かが支援しなければいけません。
根本的な解決に繋がらないことは分かっています。

でも、行動しないよりは、行動に移した方がいいと私たちは信じています。

「最前線で戦う人に支援を」
 

 
  • 応募~決定通知の流れ
■応募~決定通知後の流れ
①特設サイトにて応募
<特設サイトで入力する項目>
・氏名/住所/電話番号/メールアドレス
・看護師免許番号
・勤務先病院名
・所属部署
・対象の指定病院に勤めていることが証明できる書類
⇒第⼆種感染症指定医療機関、第⼀種感染症指定医療機関、特定感染症指定医療機関に勤めていることを証明できる書類の画像をアップロードいただきます。
(例) 職員証、勤務証明書など

<対象の指定病院>
第⼆種感染症指定医療機関、第⼀種感染症指定医療機関、特定感染症指定医療機関
(厚生労働省が平成31年4月1日時点で発表している医療機関リスト)
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou15/02-02.html
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou15/02-02-01.html

<特設サイト>
https://pcr.nishitanclinic.jp/project/nurse-support/

②決定通知
⑴対象者にのみ、応募時にご登録いただいたメールアドレス宛に決定通知をお送りします。
⑵「看護師免許証(画像)」「振込先銀口座番号」を別途確認させていただき、当院にて、応募情報・看護師免許証(画像)・口座氏名の3点を照合します。
*応募情報・看護師免許証・口座氏名が一致しない場合は、別の方に権利が移行します。
旧姓の場合、当院から一度確認のご連絡をさせていただき、下のお名前が一致していれば有効とします。
⑶照合が完了次第、順次、指定の振込先銀行口座に入金いたします。

※応募者多数の場合、厳正なる抽選の上、対象者を決定いたします。
※具体的な応募要項・応募規約は特設サイトをご確認ください。
※厚生労働省が平成31年4月1日時点で発表している医療機関リスト以外の病院で、新型コロナウイルスの感染者を受け入れている病院に勤務されている方がいらっしゃる場合、個別にお問い合わせください。

■全体スケジュール
・応募可能期間:2021年1月 9日(土)12時 ~ 1月15日(金)17時
・決定通知期間:2021年1月18日(月)以降順次連絡いたします
・入金時期  :2021年1月18日(月)から連絡確認が終了次第、入金いたします

 
  • 【参考】「にしたんクリニック」PCR検査 概要
■「にしたんクリニック」PCR検査の特徴
当院で提供するPCR検査は、医師の診療と来院が不要となっており、唾液採取用キットを申込者の自宅に郵送し、申込者自身が自宅で唾液を採取して返送いただく形式となります。(全国対象)
また、検査結果を最短3時間~当日中に通知するクイックPCR検査なども実施しております。
なお、希望される方に対して、公的な陰性証明書の発行しております。(別途5,000円(税抜))
陰性証明書の発行が必要な場合、当院によるオンラインでの唾液採取などの診察を受けていただきます。

公式サイト: https://pcr.nishitanclinic.jp/


■補足事項
・検査結果が陽性だった場合、当院の医師より陽性者にコンタクトを取り、その後、保健所へ適切に報告をします。保健所から連絡があり次第、陽性者には保健所の指示に従った行動をお願いしています。
・使用する唾液採取用キットは、説明書を確認いただき、申込者自身の責任による自己採取での使用に限ります。
・当院が提供するPCR検査は、年齢制限はありません。
 
  • 【参考】「にしたんクリニック」PCR検査 TVCM第二弾 概要
当院では現在、俳優の照英さんと若手俳優注目株の綱啓永さんを起用した新型コロナウイルスPCR検査のTVCM第二弾「上司と部下」篇を放送しています。


■YouTube動画URL
・15秒:https://youtu.be/05RzEKpPZ98
・30秒:https://youtu.be/TaLwJ5VXMoQ

■TVCM内容
新型コロナウイルスが流行する中、とあるオフィス内での1シーン。
マスクをした照英さんが演じる上司が新型コロナウイルスについて、アクリル板越しでも伝わる熱い想いで部下のことを心配します。しかし、綱啓永さんが演じるイマドキのクールな部下は、当たり前のこととして、PCR検査は自宅で簡単に、検査結果も即日で出ることを上司に伝え、上司が驚く様が描かれています。
 
  • 「にしたんクリニック」概要
■基本情報
・名称:医療法人社団直悠会 にしたんクリニック
・所在地:
渋谷院 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町33-1 グランド東京渋谷ビル7階
銀座院 〒104-0061 東京都中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル9階
・電話番号:0120-222-545
・診療項目:美容点滴治療、ダイエット注射(GLP-1)、韓方生薬ダイエット、高濃度ビタミンC点滴治療、ベビーサイトカイン点滴、PCR検査
・診療日:月・火・水・木・金・土・日
※祝日は休診※新型コロナウイルス感染予防対策として現在、医院ごとに特別休診を設けています。
・診療時間:12:00~20:00(最終受付19:30)
・公式サイトURL:https://www.nishitanclinic.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 医療法人社団直悠会 >
  3. コロナ禍で戦う看護師に【総額1億円】のサポート費用を給付 - 看護師の4人に1人はボーナスが減額に -