Webエンジニア就職のためのプログラミングスクール「RUNTEQ」がリニューアル。3/1(火)より確実な技術力+マインドの習得が行えるキャリアトレーニングスクールに。

この度、Webエンジニア就職のためのプログラミングスクール『RUNTEQ(ランテック)』を運営する株式会社スタートアップテクノロジー(東京都渋谷区、代表取締役:菊本久寿)は、未経験からのWebエンジニア就職・転職の実現にさらに力を入れるべく、3月1日(火)よりリニューアルすることをお知らせします。

  • サービスリニューアル背景
Webエンジニア就職のためのプログラミングスクール「RUNTEQ」は、開発会社基準のハイレベルなカリキュラムと長期間の学習で、開発現場が求めるレベルに到達出来るプログラミングスクールとしてサービス提供を続けてきました。
一方で、実際にエンジニア採用を行う企業の実態としては、実務未経験エンジニアは候補者数自体は増えているものの、企業にとって採用に関する課題が多く、なかなか採用に踏み切ることができていません。実務未経験からの就職だからこそ、高水準である現場レベルの技術力はもちろんのこと、企業文化との価値観のマッチ(カルチャーマッチ)も考慮する必要があるからです。

その現状において、これまで以上に「①現場レベルの技術力の担保」「②Webエンジニアとして働くにあたってのマインド習得」を両軸にして教育サービスを提供することが重要と考え、今回のリニューアルを通して、技術力担保とマインド習得の両方が可能な”キャリアトレーニング型オンラインプログラミングスクール”を実現していきます。
  • 5つのリニューアルポイント

変更点1.キャリアトレーニング制度の導入
Webエンジニアへの就職・転職をご希望の方に、より就職活動を見据えた学習を行っていただくことを目的としたキャリアトレーニング制度を開始予定です。1名の受講生に対して1名の「キャリアトレーナー」が担当となり、入学日から就職活動終了時まで、一貫して1名のキャリアトレーナーがサポートさせていただきます。
ご入学後は、ご自身の強み・弱みを踏まえた継続的な学習や、RUNTEQ CREDOを元にした就活に必要なマインド強化をサポートさせていただき、就活時に<技術・マインド>両面で戦えるように準備をしていく形になります。
※スキルアップ目的でご入学の方は、学習サポートのみを提供いたします。

変更点2. RUNTEQ CREDO導入

RUNTEQでは今まで多くのWebエンジニアを輩出してきた豊富なノウハウを元に、Webエンジニアや先端IT型人材を目指す方に必要な5つのマインドを「RUNTEQ CREDO」として定義し、マインド教育の指針として使用していきます。日頃から「RUNTEQ CREDO」を意識した行動を心がける事により、単なる技術力の向上だけでなく、最短距離での転職成功を実現いたします。

変更点3. 新規カリキュラム追加
就職までの学習ロードマップの中で、更なる技術力の強化を図ることを目的とした新カリキュラムおよび課題が追加される予定です。新カリキュラム・課題には、これまでに受講したユーザーからのご意見もしっかり反映しております。
■ Ruby基礎(新カリキュラム全2課題予定)
Rubyでよく利用されるメソッドの習得を目的とし、プログラミングの基礎的な処理である「配列処理」「再帰処理」「条件分岐」などを、Rubyのメソッドを用いてコーディングする演習

■ インフラ入門(現カリキュラムに4課題追加予定)
インフラの論理構造やクラウドの理解・Herokuを用いた本番環境デプロイ方法やクラウドサービスであるAWSの利用方法の習得を 目的とし、インフラの論理を中心にサーバー、ネットワークの知識の学習、Herokuを利用してアプリケーションのデプロイの演習、クラウドサービスを利用してアプリの作成などを行う

■ プロダクト開発(新カリキュラム16課題予定)
プロダクト開発に当たってのビジネス上の分析手法や事業推進、実務現場で採用されている開発工程の流れの理解を目的とした、プロダクト開発や開発工程を解説する

変更点4. 中間試験&卒業試験の導入
RUNTEQ卒業時の学習レベルへのご不安を解消したい・就職活動で通用する技術レベルを担保した学習を提供したいという思いで、2022年3月期より中間試験および卒業試験の導入をさせていただきます。
■ 中間試験
下記項目における基礎理解の確認演習
・Ruby
・Ruby on Rails
・SQL
・テーブル設計

■ 卒業試験
(1)課題発見編
・既存ビジネスの現状を理解し、課題発見・提案〜実装までを一連の流れで行う試験
(2)新規サービス開発編 
・新規サービスの企画
・新規サービスの画面設計、ER図設計

変更点5.コース統一化(2022年3月入学の方から適用)
今までWebマスターコース・Railsマスターコース・Railsエンジニアコースの3コースで提供させていただいておりましたが、より良いサポートの提供・体験向上のため、2022年3月期よりWebマスターコース(受講期間9ヶ月間)のみのコース提供となります。
※3コースでの提供は、2022年2月15日(火)23:59までのお申し込みで終了とさせていただきました。
 
  • 株式会社スタートアップテクノロジー代表取締役 兼 RUNTEQ校長 菊本 久寿より


変化の激しいエンジニア採用市場にキャッチアップするため、サービス内容を大幅アップデートしました。エンジニア歴21年のノウハウをギュッと詰め込んだコースになっているので、本気でキャリアを変えたい方の入学をお待ちしてます。
 
  • RUNTEQリニューアル記念キャンペーンについて

RUNTEQのリニューアルを記念して、下記の条件を満たしご入学いただいた方全員に合計10,000円相当の技術参考書籍を4冊をプレゼントいたします。

・対象者:2022年2月18日(金)〜2月28日(月)までにRUNTEQへ入学申し込みを行った方
・条件詳細:詳しくはこちらの案内ページ(https://runteq.jp/blog/programing_school/news/9507/)をご確認ください。
 
  • プログラミングスクール「RUNTEQ」について

開発会社基準のハイレベルなカリキュラムと長期間の学習で、開発現場が求めるレベルに到達出来る、キャリアトレーニング型オンラインプログラミングスクール。

豊富なシステム開発実績を持つ株式会社スタートアップテクノロジーが開発現場の声を徹底的に取り入れ、Webエンジニアに必要とされる”エンジニアが書いたコードを読み解く力”、”実装方法を自分で考えてコードに落とし込む力”などを実践的に学ぶことが可能です。(https://runteq.jp/r/d1wbZAFM
 
  • 無料キャリア相談会について
RUNTEQでは、WEBエンジニア転職をご検討されている方向けに無料キャリア相談会も行っております。RUNTEQに関するご質問はもちろん、転職活動をする上でのご不安やお悩みも大歓迎です。ご興味がある方は、ぜひ一度無料キャリア相談会にお越しください。
<無料キャリア相談会お申し込みフォーム>:https://runteq.jp/briefing/new
 
  • 運営会社概要

商号:株式会社スタートアップテクノロジー
代表者:代表取締役 菊本 久寿
所在地:東京都渋谷区宇田川町36-6 ワールド宇田川ビル5階
設立: 2014年10月2日
企業ミッション: 起業家に機会を。世界に価値を。
URL:https://startup-technology.com/
事業内容:
 1.スタートアップに特化した月額制サービス開発・デザイン制作事業
 2.実践型Webエンジニア養成プログラミングスクール RUNTEQ(ランテック)事業
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スタートアップテクノロジー >
  3. Webエンジニア就職のためのプログラミングスクール「RUNTEQ」がリニューアル。3/1(火)より確実な技術力+マインドの習得が行えるキャリアトレーニングスクールに。