業務用家具メーカーアダル、全国最新の納入事例を顧客に紹介する業界初の広報誌「はたらく家具15号 ~今、オフィスの意味。~」を発刊。

オフィスの新設・移転を検討中の方々に向け、オフィスに関する最新情報をお届けします。

飲食・オフィス・ホテル等他業種に向け業務用家具を製造・販売する株式会社アダル(本社:福岡市博多区、代表取締役社⻑:武野 ⿓ 以下「アダル」)は、全国最新の納入事例をはじめ家具にまつわる最新情報を提供する業界初の広報誌「はたらく家具」オフィス特集号を発刊。今号では急速に変化するオフィス空間に対し、コミュニケーションや帰属意識の創出など「オフィスでしかできないこと」をテーマに、納入実例や第一線で活躍する設計者のインタビュー記事を掲載。これからオフィスの新設・移転を検討されている方々やオフィスの設計者に向け、お役立て頂けるリアルなオフィス情報をお届けします。資料請求(無償)をご希望の方はこちら:https://www.adal.co.jp/catalog/#form

  • 背景
アダルは1953年の創業以来、「商品のみならず最適なサービスを提供し、顧客の役に立つメーカーでありたい」という想いがあり、全国最新の納入事例や顧客インタビュー、クラフトマンシップを紹介する広報誌として「はたらく家具」を年3回、計3万部を自費出版しております。通常号は東京号・大阪号など地域に密着した事例の紹介等を行っていますが、今号では変化が加速するオフィスを特集することで、これからオフィスの新設・移転を検討されている方々やオフィス設計者に向け、いま必要とされるリアルなオフィス情報をお届けすることで事業活動にお役立て頂きたいと考えます。
 
  • 内容
テレワークが急速に普及する中、ほとんどの仕事が自宅やサテライトオフィス等で実施できるようになるにつれ、オフィスの在り方自体が問われています。コロナ禍当初は「オフィス不要論」もありましたが、現在ではテレワークとオフィス勤務を平行し、それぞれに適した場所で業務を行うという考え方が一般的になりつつあります。
アダルは働く場所の選択肢が増えるなか、オフィスという空間に求められることは「オフィスでしかできないこと」ではないかと考え、「クリエイティブの創出」、「コミュニケーション・コラボレーションの促進」、「企業アイデンティティの体現・帰属意識の創出」、「企業理念、カルチャー・ビジョンの共有」というキーワードを設定。
掲載内容は主に、キーワードに基づいたこれまでの納入実例の紹介と、日本の建築業界を牽引する「株式会社梓設計」、半世紀以上に渡りオフィスデザインの第一線で活躍するデザイン会社「株式会社ザ・デザイン・スタジオ」で活躍する設計者3名にスペシャルインタビューを実施し、これからのオフィス空間設計に対する生の声をお届けしております。
  • スペシャルインタビューについて
ニューノーマル時代のオフィスの在り方とは?~第一線で活躍する設計者の視点~
これからのオフィス空間の在り方について第一線で活躍する設計者はどう捉えているのか。生の声を追ったインタビュー企画です。

◎行きたくなる仕掛け、働きやすい仕組みづくりで、常に「成長するオフィス」へ。
株式会社 梓設計 一級建築士 岩瀬 功樹氏 / コンピュテーショナルデザイナー 渡邊 圭氏

羽田空港など空港施設設計をはじめ、日本の建築業界を牽引する大手設計会社にて活躍する設計者2名にインタビュー。AI・VRを活用した運用で第15回日本ファシリティマネジメント大賞を受賞、5300㎡の大型物流倉庫を活用した自社オフィス「HANEDA SKY CAMPUS」、テクノロジーを駆使したバーチャル展示会・eスポーツ空間の設計について語って頂いています。
▼より深掘りした内容をWEBコンテンツでもご覧頂けます▼
https://www.adal.co.jp/column/special-interview/interview-azusasekkei/

 

 

◎オフィスは企業らしさを体現し、カルチャーを創っていく場所。出社する目的、空間としての価値がより重視される時代に。
株式会社 ザ・デザイン・スタジオ シニア・プロジェクト・デザイナー 富本 亮太氏

1967年の創業以来、半世紀以上に渡り第一線のオフィスデザインを行ってきたデザイン会社で活躍するデザイナー富本氏にインタビュー。担当した「資生堂ジャパンオフィス移転プロジェクト」や世界最大級の総合人材会社「マンパワーグループ」のオフィス実例を通し、アイデンティティを社内外へ伝えるオフィスの役割について語っていただいています。
​▼より深掘りした内容をWEBコンテンツでもご覧頂けます▼
https://www.adal.co.jp/column/special-interview/interview-thedesignstadio/

 
  • 目次
【事例紹介】
・情報メディア領域において様々な事業・サービスを展開する 株式会社じげん
~エントランスから企業価値を体現。和モダン空間の中でカスタマイズ。~
・ドイツの老舗グローバル企業 BOSCH
~スタイル自在なクリエイティブ空間を創出。~
・沖縄の建設業を牽引する 株式会社國場組
~ホテルのラウンジをイメージして構築。シーンに合わせて選べるゾーニングの心地よさ。~
・住生活関連の総合アウトソーシング企業 株式会社アクトコール

~課題の分だけ工夫を重ね、「木陰で会議」をカタチに。~

・老舗菓子メーカー 日進堂製菓
~食堂の枠を超え、心身を癒していく。「カジュアル+重厚」のくつろぎ空間。~
・マルチテナント型大型物流施設 GLP枚方Ⅲ
~数種類のイスを配置し、多彩な表情を創出。地域にも開かれた多用途な空間へ。~


【オフィス向け新商品】
~家具から安心・安全を。デスクに掛けるだけ!飛沫飛散防止パーティションの紹介~
【Sales Eyes】
外資系オフィスをメインに大小様々な規模の物件を担当、オフィスに向き合い数十年のベテラン営業マンに聞く!
~カフェの心地よさへのニーズに強みを発揮。変化とニーズに応える。~
 
  • 広報誌「はたらく家具15号 オフィス特集号 ~今、オフィスの意味。~」概要
価格:無償
発行部数:1万部
判型:A5判
発刊日:2021年2月26日(金)
デジタル版:https://my.ebook5.net/adal/pr-magazine-vol15/
配布先:主に法人顧客
お取り寄せ:一般の方もコーポレートサイトよりご請求頂けます。URL:https://www.adal.co.jp/catalog/#form
出版:株式会社アダル

本誌は主に法人顧客へ手渡しするという方法を取っており、「はたらく家具」発刊を毎号楽しみにされている方も多く、顧客とのコミュニケーションの活性化に繋がっております。


■アダル(https://www.adal.co.jp/)について


カフェ、レストラン、ホテル、オフィスなど商空間で使われる業務用家具の製造メーカー。創業68年、福岡本社をはじめとし全国14か所の拠点を構え、業務用家具の製造工場として国内最大級の規模、100名以上の職人が勤務する総合工場を所有。業界初の自社ECサイト( https://adal-online.shop/ )を運営し全国の顧客ニーズに応える他、デジタルテクノロジー研究組織として設立した「ADAL TECH Lab(アダル テックラボ)」にてAI、AR、VRなどのテクノロジーを活用し、様々な空間に最適な業務用家具の提案を行うなどDXを業界に先駆け推進中。

■会社概要
商号     : 株式会社アダル
代表取締役社長: 武野 龍
所在地    : 〒812-0863 福岡県福岡市博多区金の隈3-13-2
設立     : 1968年4月
事業内容   : 業務用イス・テーブル・什器などの製造および販売、
家具輸入販売、その他、インテリア資材販売及び設計・施工
資本金    : 1億8,225万円
URL      : https://www.adal.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アダル >
  3. 業務用家具メーカーアダル、全国最新の納入事例を顧客に紹介する業界初の広報誌「はたらく家具15号 ~今、オフィスの意味。~」を発刊。