グリーンエネルギーとグリーン輸送ファーウェイの太陽光発電による上海地下鉄のグリーン加速をもたらす

※ 本参考資料は2021年2月22日(現地時間)に中国上海で発表されたプレスリリースの翻訳版です。

国連が提唱した17の持続可能な開発目標によって、持続可能な開発のためのデジタル技術が大きな注目を集めています。2月22日、上海で開催されたモバイル・ワールド・コングレス(MWC)2021の前夜、ファーウェイとモバイル通信協会グローバル・システム(GSMA)、復旦大学環境経済研究センターが共同で「Connected for All Prosperity」フォーラムを開催しました。各国大臣はこのテーマについて意見を共有しました。

フォーラムでは、ファーウェイのスマート太陽光発電の最新の成果を明らかにしました。世界出荷実績は160GWを超え、60カ国以上で広く利用され、教育、医療、スポーツ、輸送、農漁業、近代的な製造業などの産業に利用されています。ファーウェイは3000億kWhのグリーン電力を生産し、二酸化炭素排出量を1億4800万トン削減し、植林2億本以上に相当します。2020年9月、ファーウェイは青海省海南州で世界最大の単一太陽光発電所の建設を支援し、送電網への接続に成功し、世界のクリーンエネルギー開発のベンチマークとなっています。権威あるコンサルティング会社の報告書によると、ファーウェイ2015年から5年連続で出荷台数で世界一になっています。

「龍陽路地下鉄基地PVプロジェクトは、ファーウェイのデジタル技術でグリーン交通にエンパワーするの良い例であり、ファーウェイと上海地下鉄の協力関係の良いスタートとなりました。今後は、持続可能な発展を目指し、グリーン交通手段としての地下鉄にグリーン加速を加えていくことを目標に、上海申通地下鉄との連携を強化していきます。」 と、ファーウェイの関係者が語りました。

 上海市浦東にある龍陽路地下鉄基地には、地下鉄2号線と7号線が通っており、毎日列車が出入りしています。 しかし、多くの人が知らないのは、ここの地下鉄の車庫も隠れた「発電所」だということです。 車庫の屋根に登ってみると、屋根がほぼソーラーパネルで覆われているのがわかります。 その中でも、緑の芝生に埋め込まれた大型のM型太陽光発電パネルが目立ち、METROは地下鉄を象徴し、グリーンは環境保護を象徴しています。 地下鉄の車庫の屋根が発電!? 地下鉄の列車にクリーンな電気を恒常的に供給しています。

 



上海メトロ長陽路基地太陽光発電プロジェクトは、上海メトロ新エネルギー会社が投資して建設したもので、総設置容量は3.66MW、年間平均発電量は約340万度で、標準的な石炭を約1200トン節約し、二酸化炭素を3390トン削減することができます。" 車庫屋根太陽光発電プロジェクトの総面積は、サッカー場5~6面分に相当する5万平方メートルに達し、合計1万3,000個近くの280ワットのモジュールが設置され、発電された太陽光発電は基地内の統合変電所に接続され、地下鉄周辺で使用されることが理解されています。 太陽光発電所発電の年間、約20万キロを実行するためにライン2上の列車の8つのセクションのために、1560回以上の往復以上を運転することに相当します。 「太陽光発電+地下鉄」の応用モデルで、グリーン交通のグリーンエネルギーを実現し、上海のカーボンピーク目標の前倒し達成に貢献します。

また、地下鉄龍陽路基地太陽光発電プロジェクトは送電網に接続されます。 現在、上海地下鉄は10の車両基地がグリッドに接続された太陽光発電システムを完成させており、総設備容量は約2400万kW、年間平均発電量は約2300万kWhとなっています。将来的には、太陽光発電プロジェクトのために地下鉄の駐車場が多数建設される予定です。自営の太陽光発電所は今後も増え続け、上海地下鉄の大型ネットワークケーブルのエネルギーが持続的に増加し、グリーンシティーの建設にも貢献するでしょう。

上海地下鉄がプロジェクトの設計開始時にシステム機器の選定に十分な配慮をしたことがわかりました。「高品質な製品を作り、技術に先駆ける」という目標に沿って、プロジェクトオーナーは何度も検討を重ねた末、最終的にファーウェイの安全性、信頼性、効率性の高い発電、デジタル情報技術と統合したインテリジェント太陽光発電ソリューションを選択しました。
 



なぜファーウェイPVインバーターを選んだのでしょうか? インバーターは、太陽光発電パネルで発電した直流電力を交流電力に変換する基幹電力変換装置です。ファーウェイのスマートPVは、ICT技術とPVを統合したストリングインバータベースのソリューションで、従来のソリューションと比較して、発電量を2%以上増加させ、O&M効率を50%以上改善させ、全体のLCOE(電力コスト)を6%削減することができ、PVが費用対効果の高い時代を迎えるのに貢献することができます。分散型のシナリオでは、分散型シナリオでは、革新的な技術を使用して究極のセキュリティを構築し、発電量を増加させ、グリーンで低炭素な時代を迎えます。

上海地下鉄だけでなく、現在、ファーウェイのインテリジェント太陽光発電は、北京大興国際空港やアジア最大の高速鉄道駅である雄安駅をはじめとする多くの主要な交通拠点で使用されています。ファーウェイは、「太陽光発電+交通」の実現可能なアプリケーションシナリオの実現可能性を積極的に検討し、グリーン旅行の可能性を引き出しています。

 

「発電については、我々は5G、AI、クラウドなどの新しいICT技術を太陽光発電に統合し、太陽光発電による蓄電システムの普及、電力コストの削減、補助的なエネルギーから手頃な価格のエネルギーに達成されている、徐々に主なエネルギーになってきた」ファーウェイ担当者はこう話します。電力消費については、企業や家庭向けのグリーン電力ソリューションを立ち上げています。家庭で24時間のクリーン電力の利用を率先して実現し、ゼロカーボンの新しい生活を実現します。

ファーウェイ・ジャパン企業広報部
MWC特設サイト:https://carrier.huawei.com/en/events/mwcs2021
コーポレートサイト:https://www.huawei.com/jp
フェイスブック:https://www.facebook.com/huaweijapanpr
ツイッター:https://twitter.com/HuaweiFactsJP
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ファーウェイ・ジャパン(コーポレート) >
  3. グリーンエネルギーとグリーン輸送ファーウェイの太陽光発電による上海地下鉄のグリーン加速をもたらす