日本ブロックチェーン協会×ガイアックス共催アイデアソン「Blockchain Bootcamp 2022 Summer」を8月19日(金)から開催

〜知識ゼロからブロックチェーンを学ぶBootup Dayも開催〜

JBA
一般社団法人 日本ブロックチェーン協会(代表理事:加納 裕三、以下、JBA)は、株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)と共催で、JBA理事からブロックチェーンを知識ゼロからでも1日で学べる「JBA Blockchain Bootup Day」と、次世代のブロックチェーン業界を担う人材を発掘する、一週間のワークショップ「JBA Blockchain Bootcamp 2022 Summer 〜あなたのアイデアでブロックチェーンのトップに挑む1週間〜」を開催します。


昨夏、今春に開催され好評を得たBlockchain Bootcampに引き続き、JBAの理事による講演は今回も実施します。株式会社 bitFlyer Blockchain 代表取締役の加納 裕三 氏、株式会社フィナンシェ 代表取締役CEO / ファウンダーの國光 宏尚 氏、Stake Technologies Pte Ltd. 創業者の渡辺 創太 氏、そして、株式会社ガイアックスより開発部部長の峯 荒夢 氏が講師を務めます。

JBAではブロックチェーンを国家戦略にというスローガンを掲げ取り組み、2022年6月7日閣議決定された、「経済財政運営と改革の基本方針2022について」においては、「ブロックチェーン技術を基盤とするNFTやDAOの利用等のWeb3.0の推進に向けた環境整備の検討を進める。」と記載され、Web3.0が国家戦略として位置付けられました。国会ではスタートアップフレンドリーな税制を目指した改革の議論もなされています。JBAとして、本イベントを通じ、学びのイベントであるBootup Dayで裾野を広げ、アウトプットのイベントであるBootcampでアイデアを育て、次世代のブロックチェーン業界を担う人材の育成をおこなっていきます。

■開催背景:NFTにより一気にコンシュマー向けに拡大するブロックチェーン技術
昨年、デジタルアーティストBeeple氏のNFT作品「Everydays - The First 5000 Days」がクリスティーズのオンラインセールにて約75億円で落札されたことを始め、アートだけでなく、Game-Fi、De-Fiなど多領域のブロックチェーンの技術を活用したビジネスが注目を集めました。昨今では、海外においてはBAYCなどのNFTコミュニティやDAOが盛り上がりを見せており、日本国内においても数々のVCがWeb3.0特化のファンドを設立するなど、Web3.0ビジネスが益々加速し続けています。

そこで、ブロックチェーン技術の普及拡大や社会実装に取り組んできたJBAと、起業家をこれまで多く輩出してきたガイアックスとで、8月19日(金)〜8月26日(金)に、ブロックチェーンを使ったスタートアップを目指す主に学生を対象に1週間のワークショップを開催します。前回に引き続き、数チームごとに、ブロックチェーンの最前線で活躍するJBAの会員企業のメンバーがメンターとしてつくだけでなく、JBAのリーガルアドバイザーによる法律面のメンタリングも行いながら、アイデアのブラッシュアップをお手伝いします。

今後大きく成長するWeb3.0・ブロックチェーンビジネス領域にて、アイデアソンで新規事業アイディアを生み出し、ひいては社会にインパクトを与える日本発スタートアップの創出を目指します。
 
■「JBA Blockchain Bootup Day 2022 Summer」概要
開催日時: 2022年7月20日(水)19:00~21:00
対象:ブロックチェーンをゼロから事例まで学びたい方
費用:無料
場所:オンライン
参加方法:イベントページ(https://blockchain-boot-up-day-2022-summer.peatix.com/)の応募フォームより参加申し込み
(その他に関するお問い合わせをご希望の場合は、お問い合わせ先までご連絡ください。 bootcamp@jba-web.jp )

■「JBA Blockchain Bootcamp 2022 Summer」概要
開催日時: 2022年8月19日(金)、8月26日(金)
エントリー〆切:2022年8月12日(金)
対象:
・主に起業に興味がある学生(高校生/大学生/大学院生)
・将来的に起業するために知識や経験を積みたい方
費用:無料
場所:オンライン
参加方法:イベントページ(https://bootcamp.jba-web.jp/ )の応募フォームより参加申し込み
(その他に関するお問い合わせをご希望の場合は、お問い合わせ先までご連絡ください。 bootcamp@jba-web.jp )

■「Blockchain Bootup Day / Bootcamp」 3つの特徴
ブロックチェーンの知識がゼロの人でも参加できる
・Bootup Dayではブロックチェーン技術をゼロから学べます。また、実際にブロックチェーンのサービスをリリースされている企業より直接事例を聞くことが出来ます。
日本のブロックチェーン最前線トッププレーヤーから学べる
・Bootcampでは、JBA代表理事の加納裕三 氏、JBA理事の國光宏尚 氏の講演だけでなく、JBAの会員企業からメンターが来てアイデアのブラッシュアップをお手伝いします。
ブロックチェーンで新規事業をつくるチャンス!
・企業賞に選出されれば、日本のブロックチェーン業界を代表する理事メンバーによる事業の壁打ちが受けられたり、会社創設のサポート&最大200万円の出資を得られます。
 
■「Blockchain Bootup Day 2022 Summer」プログラム
【7月20日(水)】
・基調講演
・ブロックチェーン基礎講座
・ブロックチェーン事例講座

■「Blockchain Bootcamp 2022 Summer」 プログラム
【1日目 8月19日(金)】
・JBA理事による基調講演
・アイデアブラッシュアップワークショップ
・グループワーク
・メンターによるフィードバック

【最終日 8月26日(金)】
・メンターによるフィードバック
・グループワーク
・予選ピッチ
・決勝 発表・審査・表彰
・懇親会

■「Blockchain Bootcamp 2022 Summer」 講師陣

・加納裕三(かのう ゆうぞう) 株式会社 bitFlyer Blockchain 代表取締役 / JBA 代表理事
ゴールドマン・サックス証券(株)等を経て、2014年1月に(株)bitFlyerを共同創業。bitFlyer創業以降、国内の法改正に関する提言や自主規制ルールの策定等に尽力すると共に、暗号資産(仮想通貨)交換業者であるbitFlyer USA, Inc.のCEOおよびbitFlyer EUROPE S.A.のChairmanを歴任し、グローバルな視点で暗号資産(仮想通貨)交換業業界の発展に貢献。現在、2019年5月に設立した(株)bitFlyer Blockchainの代表取締役を務めるほか、一般社団法人 日本ブロックチェーン協会(JBA)代表理事やISO/TC307国内審議委員会Committee会員も務める。2018年G7雇用イノベーション大臣会合、2019年G20/V20 VASPサミット、内閣官房主催の官民データ活用推進基本計画実行委員会などにも有識者として出席し、ブロックチェーン・暗号資産業界の発展に向け意欲的に活動。
 

・渡辺創太(わたなべ そうた) Stake Technologies Pte Lte.代表取締役CEO / JBA理事
1995年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。シリコンバレーのスタートアップ・クロニクルドに入社。帰国後、2019年にステークテクノロジーズを創業。元東京大学大学院工学部ブロックチェーン共同研究員。



 


・國光宏尚(くにみつ ひろなお) 株式会社Thirdverse 代表取締役CEO・ファウンダー / 株式会社フィナンシェ 代表取締役CEO・ファウンダー/JBA理事    
1974年生まれ。米国Santa Monica College卒業。2004年5月株式会社アットムービーに入社。同年に取締役に就任し、映画・テレビドラマのプロデュース及び新規事業の立ち上げを担当する。2007年6 月、株式会社gumiを設立し、代表取締役社長に就任。2021年7月に同社を退任。2021年8月より株式会社Thirdverse代表取締役CEOおよびフィナンシェ代表取締役CEOに就任。2021年9月よりgumi cryptos capital Managing Partnerに就任。
 

・峯 荒夢(みね あらむ) 株式会社ガイアックス 開発部マネージャー / JBA理事
2015年よりブロックチェーンの研究開発を開始。2016年 ブロックチェーンの情報発信メディア「Blockchain Biz」を開設。ブロックチェーンに関わる3冊の書籍の出版に携わり、ブロックチェーンを使った応援のサービス「cheerfor(チアフォー)」やLibraを使ったマーケットプレイスのプロトタイプFLIBRAを含む「Gaiax Blockchain OSS」を公開し、京都大学などとスマートシティーへ向けたLiDARネットワークの開発も行う。ブロックチェーンの学びの場「Blockchain Biz Community」を運営し、ブロックチェーンに携わる人材育成にも従事。ISO / TC307国内審議委員会委員。

■ガイアックス 峯 荒夢 氏コメント 若い人たちが当たり前のようにブロックチェーンを使う未来を作るために

NFTの急速な展開により、ブロックチェーンにおけるビジネスが一気に広がりました。今は一部の人の市場に過ぎませんが、今後は若い人の感性で若い人が普通に売買できる様なプラットフォームへと進んでいくと思います。

また、先般Web3.0が国家戦略として位置付けられましたが、この戦略を着実に実行するためには若い人たちの助けが必要です。若い人たちが当たり前のようにブロックチェーンを使う未来を作るため、まずはきっかけを作らなくてはなりません。「Blockchain Bootcamp 2022 Summer 」がそのきっかけとなるよう尽力していきます。

また、ガイアックスでも、若い人たちの挑戦を応援し、多くの起業家を輩出してきました。現在は起業家を育てるスタートアップスタジオ、そしてブロックチェーン開発者の集うBlockchain Biz Communityがあります。両組織は社内外問わず、優秀なアイデアを育てていくため、このイベントから出たアイデアを大きく羽ばたかせるためにぜひ活用してもらえたらと思っています。

■株式会社ガイアックス概要
名称: 株式会社ガイアックス(Gaiax Co.Ltd.)
所在地: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD
代表: 代表執行役社長 上田 祐司
設立: 1999年3月5日
URL: https://www.gaiax.co.jp

■協会概要
名称:一般社団法人 日本ブロックチェーン協会(Japan Blockchain Association)
略称:JBA (ジェイ・ビー・エイ)
所在地:東京都港区赤坂9丁目7-1 ミッドタウン・タワー18階
代表理事:加納 裕三(株式会社 bitFlyer Blockchain 代表取締役)
設立:2014年9月12日
URL:https://jba-web.jp
*2016年4月15日に一般社団法人日本価値記録事業者協会から本協会へ改組
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JBA >
  3. 日本ブロックチェーン協会×ガイアックス共催アイデアソン「Blockchain Bootcamp 2022 Summer」を8月19日(金)から開催