アプリでコンビニ商品を簡単に配布!O2Oクーポン管理・配布サービス「プチギフト」のスマートフォンアプリ向けASPを京都銀行が採用

株式会社MDパートナーズ(本社:東京都港区 代表取締役社長:星田洋伸、以下「MDP」)が提供する、クーポンや電子金券を管理しインターネット上で配布するサービス「プチギフト」のスマートフォンアプリ向けASPが、このたび京都銀行が提供する「京銀アプリ」に採用されました。

 

 
  • スマートフォンアプリ向けプチギフトASPとは
スマートフォン向けプチギフトASPサービス(以下「本サービス」)は、アプリのユーザに対してコンビニエンスストア等の店頭で利⽤できる電⼦クーポンやその他電⼦⾦券を配布する仕組みを簡単にアプリに導⼊できるASPサービスです。

本サービスはWebアプリとして提供しており、ネイティブアプリ側はアプリ内ブラウザと連携させるだけの最⼩限開発コストで簡単にクーポン配布の仕組みを導⼊することができます。

新規登録(ダウンロード)の促進や、アクティブユーザ数を増加・維持(起動率の確保)する定期的なキャンペーン開催など、アプリが抱える様々な課題に対して適切なソリューションを提供します。

プチギフトの特徴

 
  • 京都銀行が提供する「京銀アプリ」で採用された理由
・当社の持つ機能を活用することで開発コストや期間を削減できること
・様々なキャンペーンを1つのASPで実現できること
・クリエイティブやキャンペーンの審査など、事務・運⽤の負担を抑えることができること
・⼤⼿企業での導⼊実績

などが評価され、株式会社京都銀⾏が提供する「京銀アプリ」で本サービスが採⽤されました。第1弾施策として「「京銀アプリ」デビューでもれなくプレゼント!!」を2019年1⽉から実施しています。

【「京銀アプリ」デビューでもれなくプレゼント!!の概要】
「京銀アプリ」の利⽤を始めるお客さまに向けて、コンビニ等で引き換えできる「京銀アプリ」のクーポン「プチギフト(商品引換券)」をもれなくプレゼントします。詳細は下記URLをご参照ください。
 
「京銀アプリ」デビューでもれなくプレゼント!!
https://www.kyotobank.co.jp/app/present20190101/index.html
  • 10年間Web上でクーポンや電子金券を配布してきた確かな実績「プチギフト」のノウハウを活用
本サービスは、⼤⼿企業や⾦融機関の基準をクリアするセキュアなシステムや、豊富な商品ラインナップ、商材調達からカスタマーサポートまでを請負うワンストップサービスなど、MDPが2009年から10年に渡ってWeb上でクーポンや電⼦⾦券を配布しているO2Oサービス「プチギフト」で培ったノウハウや強みを活かしています。

コンビニ商品などをO2Oクーポンとしてプレゼントしたり、電⼦⾦券をプレゼントする仕組みをアプリに簡単・安全に取り⼊れることができます。

 
  • 「プチギフト」とは
オンライン上でコンビニエンスストアやファストフード店頭で利⽤できる電⼦クーポンや電⼦マネー等の⾦券を管理・配布することができるO2Oマルチプラットフォームです。サービス開始以降、約100社・3,000万本の電⼦クーポンの配布を実施してまいりました。
セキュアなシステム、独⾃の抽選ロジックによる効率的な配布に加え、⼩売チェーンとの交渉及び商品調達やカスタマーサポートなどの関連業務⼀括を請け負っております。

 
  • 「プチギフト」関連サービス
オートクーポンASP
http://autocoupon.md-partners.co.jp/
スマホアプリにカンタンにクーポン機能を導入するASPサービス

Owlpon(オルポン)
https://owlpon.petitgift.jp/ypremium/
いろいろなところでゲットしたクーポンを1ヶ所にまとめるクーポン管理Webサービス

 
■会社概要
【商号】株式会社MDパートナーズ
【本社】東京都港区南青山 2-24-15 青山タワービル 11F
【URL】 http://md-partners.co.jp
【設立】2009年7月
【お問い合わせ】info@md-partners.co.jp
【代表者】星田洋伸
【事業内容】
小売チェーンで発行するものを含むクーポンや電子金券を管理し、インターネット上で配布するサービス「プチギフト」を提供。会員獲得や市場調査等の課題解決として多数の企業に採用され、累計配布数3000万ID以上の実績を持っています。
http://petitgift.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MDパートナーズ >
  3. アプリでコンビニ商品を簡単に配布!O2Oクーポン管理・配布サービス「プチギフト」のスマートフォンアプリ向けASPを京都銀行が採用