Vponの創設者兼CEO、3億円の個人保有株式を長期勤続者に贈呈

~舞台裏のヒーローを称える~

Vpon Big Data Groupの創設者兼CEOであるVictorは長期間勤務している従業員を対象に誠意と努力を称え個人株の授与を行いました。


Vponは4年以上勤務している従業員に対し、総額3億円(300万米ドル)相当の株式を授与しました。また今後はVponと共通のビジョンを持ち、共に成長する過程で優れた資質と業績を示した従業員に対しても拡大する計画です。


大きな成功を収めるための3つの重要な資質とは
2008年に設立されたVponは、そのビジョンから離れることなく、変化する経済やビジネス環境に対処するための不可欠な資質として、「起業家精神」「オープンマインド」「利他主義」の3つを掲げてきました。

これまでの13年間、Vponは3度以上の大きな変革を経験し、モバイルクーポンのプロバイダーから、アジアをリードするビッグデータカンパニーへと変貌を遂げました。過去を遡ると2010年、Vponは位置情報データをつかったLBSモバイル広告会社へと転換し「アジア初のモバイル広告プラットフォーム」を立ち上げました。その後、2014年にシリーズBラウンドとなる1,000万米ドル(約11億円)の資金調達を経て、ビッグデータ開発に注力するために再編を行いました。その後、2020年に4000万米ドル(約42億円)相当のシリーズCラウンドを実施した後、「Vpon Venture Capital」を発足、データ開発をコアとした投資を進めています。

Vponer従業員は "縁の下の力持ち"
企業変革の過程は常に順風満帆というわけでは決してなく、大きな挑戦と挫折を伴ってきました。Vponは、その舞台裏のヒーローである、意欲的で献身的なVponerにこそ最大の功績があると認識しています。Vponは、経営の方向性やビジョンに対する彼らの揺るぎない信念と、ビジネスの成功を目指し、いかなる困難も打ち破る粘り強い努力を高く評価しています。

Vponは、そのような才能を企業にとって最も価値のある資産と考え「チームワーク」を会社における重要なワークスピリットと考えています。サッカーチームや野球チームを作るように、Vponは若い世代を育成し、スター選手を発掘します。Vponの創業者兼CEOであるVictor Wuは以下のように述べています。
「自らの株を贈呈することで、チームメンバーのハードワークを認め評価し、そのことで自分たちがVponの一部であるという帰属意識をより感じてもらえたらと願っています。これは常々私のビジョンでありました」

Vponでは現在、会社にとって不可欠な存在となり、グローバルなデータビジネスを開拓・拡大するビジョンを持ったメンバーを積極的に採用しています。今後も自分の利益よりも他者への貢献を優先する「利他の心」を積極的に行動に移し、グローバルデータビジネスの拡大を進めていきます。

Vpon Big Data Groupについて
Vpon Big Data Groupは、アジアを代表するビッグデータカンパニーであり、アジア全域に及ぶ広範なモバイルデータを用い最先端技術によって構築されたビッグデータ分析を強みとしています。2008年に設立されて以降、現在では、香港・深圳・台北・シンガポール・バンコク・東京・大阪のアジア太平洋地域において7拠点で事業を展開し、2019年よりVpon Holdingsとしてホールディングス体制に再編しています。
 
  1. プレスリリース >
  2. Vpon JAPAN株式会社 >
  3. Vponの創設者兼CEO、3億円の個人保有株式を長期勤続者に贈呈