生体認証を活用した自動販売機の一般販売を開始

2019年2月12日
株式会社Liquid

生体認証を活用した自動販売機の一般販売を開始

株式会社Liquid(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久田康弘、以下Liquid)は、生体認証により正確な本人確認を行い、従来の自動販売機では販売できなかった様々な商品を無人で販売できる製品として、「生体認証機能付き自動販売機」を開発し、一般販売を開始いたします。一般販売に先駆け、2019年2月13日から開始するスーパーマーケットトレードショーでの展示を行います。また、本製品は、サンデン・リテールシステム株式会社※1と共同開発したものです。

【生体認証付き自動販売機による商品購入手順】
①自動販売機に設置された生体認証スキャナーを用いて生体認証を行います。
②クラウドに予め登録された様々な本人情報の照会を行い、その照会結果に応じて、商品の販売可否を決定します。
③商品の販売可能と決定した場合、決済を行うと同時に、商品の受取を行います。

今後、労働人口不足により、スーパーマーケットやコンビニエンスストア等の小売業の営業時間などの短縮や売り場の人員配置の効率化、医療費削減を目指した遠隔医療の発展、および遠隔での調剤薬品の受取などへの対応に向けた新しい商品販売、受取の形が求められており、今回の生体認証機付き自動販売機の販売に至りました。
今後、各種法令の確認や改正を通じて、以下のようなシーンでの利用が想定されます。

【想定される利用シーン】
1.アルコール飲料の販売
予め登録した顧客の生体情報をクラウドで認証し、登録された生年月日を照会して、自動販売機でのアルコール飲料の販売の実現(現在、各種法令への照会を行っています。)

2.ライブチケットの受取
予め登録した顧客の生体情報をクラウドで認証し、登録されたチケット情報を照会して、自動販売機でのチケットの受取を実現

3.調剤薬品の受取
予め登録した顧客の生体情報をクラウドで認証し、登録された医薬品情報を照会して、自動販売機での医薬品の受取を実現(現在、各種法令の今後の改正状況によって、実現される可能性がございます。)


※1【サンデン・リテールシステム株式会社 概要】
(1)企業名:サンデン・リテールシステム株式会社
(2) 本社:東京都千代田区外神田1丁目18番13号 秋葉原ダイビル
(3) 代表者名:代表取締役社長 森益哉
(4) 資本金:5億円
(5) 設立年月:平成27年4月
(6) 事業内容:1.店舗用ショーケースの製造販売
                      2.飲料・食品自動販売機の製造販売
                      3.医療機器・用具の製造販売
                      4.電気通信機および同部品の製造販売
                      5.建築工事および管工具の請負、設計および監理
                      6.貨物利用運送事業および倉庫業
                      7.古物営業
(7) URL:https://www.sanden.co.jp/

【お問い合わせ先】
生体認証決済ソリューションについて
株式会社Liquid TEL:03-4530-3002
 

<株式会社Liquidの概要>

代表者 久田 康弘
本社所在地 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル2 階
設立 2013 年12 月
事業内容 画像認識エンジンの研究・開発 生体照合端末の企画・開発・製造
タブレット型レジの企画・開発・販売
URL https://liquidinc.asia/

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Liquid >
  3. 生体認証を活用した自動販売機の一般販売を開始