長崎・平戸城を舞台に蘇る「体感型・デジタルアート歴史絵巻」--『平戸、海のものがたり』の映像演出をZero-Tenが担当

【平戸城再築城300周年記念事業】様々な歴史で紡がれてきた松浦氏と平戸城を最新デジタルで紐解く

株式会社Zero-Ten(本社:福岡市博多区、代表取締役:榎本二郎)が総合演出・映像制作を行う《平戸城再築城300周年記念事業》光と音が織りなす幻想祭『平戸、海のものがたり』が2018年9月1日(土)〜10月31日(水)までの間、夜限定イベントとして開催されます。城内では、ホログラムを使った特別演出や幻想的なカラーライティングなど、光と音が融合する「体感型・デジタルアート歴史絵巻」をお楽しみいただけます。また、週末や休日には古来の武士団連合・松浦水軍をテーマに、カナダのサーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ」にも出演する世界的パフォーマー達によるアクロバットパフォーマンスも開催いたします。

 

本イベントは、今年再築城300年となる長崎県の平戸城を舞台に「平戸の海」に焦点を当てた体感型・デジタルアートイベントです。商業施設や大型イベントの総合プロデュースを行うマネジメントのプロ集団・株式会社エフ・ジェイ エンターテインメントワークスとゼロテンは城内9つのコンテンツを演出、クリエイティブパートナーであるネイキッドは平戸城本丸の外壁プロジェクションマッピングショーを演出します。平戸ならではの最新デジタル演出で幻想的なおとぎ話を体感しながら、様々な歴史で紡がれてきた松浦氏と平戸城を紐解きます。
 

  • 開催概要
展覧会名:光と音が織りなす幻想祭「平戸、海のものがたり」
開演:2018.9.1(土)~10.31(水)
※10/24(水)、25(木)は平戸くんち開催のため休演となります。
開演時間:18:30~21:30
会場:長崎県 平戸城内
住所:〒859-5121 長崎県平戸市岩の上町1458
金:大人1,000円(800円)、小・中校生500円(400円)、身障者800円(600円)
※( )内の料金は平戸市民の料金となります。平戸市在住を証明できるもの(免許証、保険証、住民票等)が必要です。
※最終入場は21: 00まで。少雨決行。(ただし、荒天の場合は中止。)小・中校生の入場は保護者同伴に限ります。
主催:平戸市
株式会社Zero-Ten・株式会社エフ・ジェイ エンターテインメントワークス・NAKED Inc.
イベントに関するお問い合わせ:
平戸市役所 文化観光商工部観光課(TEL0950-22-4111 / E-mailkanko@city.hirado.lg.jp
 
  • 株式会社Zero-Tenについて

プロジェクションマッピング、映像、ブランディング、イベント運営企画など幅広い分野に対応し、実制作を含めたクリエイティブ活動を行うプロデュース集団。元来パブリックアートをルーツに持ちながら、特定の場所やカテゴリーにとどまらない広範な制作活動・表現活動を行っている。

・「絹谷幸二天空美術館」3D 映像制作
・京都国立近代美術館 “色彩とイメージの旅 絹谷幸二” 特別演出プロジェクションマッピング映像製作
・キャナルシティアクアパノラマ映像企画演出
・「軍艦島デジタルミュージアム」総合プロデュース
・「HAKATA SAKURA」
・「博多ライトアップウォーク・冷泉小学校プロジェクションマッピング」
・「虎屋本店ライトアップ」
・「キャナルシティ博多クリスマスイルミネーション」
・『DRUM TAO』 全国ツアー 2016「DRUM TAO 舞響~ Bukyo ~ 踊る◯太鼓」 etc

商号:株式会社Zero-Ten
所在地:福岡市博多区祇園町8-13 第一プリンスビル1F
代表者:榎本 二郎
設立:2011年9月9日
公式サイト:http://zeroten.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Zero-Ten >
  3. 長崎・平戸城を舞台に蘇る「体感型・デジタルアート歴史絵巻」--『平戸、海のものがたり』の映像演出をZero-Tenが担当