ブレインズテクノロジー、現場で鍛え上げられた業務特化型機械学習ソリューション「Impulse」が、予兆検知ソリューションの解析サービス市場でシェアNo.1を獲得

ブレインズテクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:濱中佐和子、以下「ブレインズテクノロジー」)は、株式会社ミック経済研究所が発表した『予兆検知ソリューション市場の実態と将来展望 2019年度版』の解析サービス市場において、 Impulse(インパルス)がトップシェアを獲得したことをお知らせします。
調査レポートによると、複雑で膨大な情報をAIで解析する段階に突入した予兆検知市場は、深刻な人手不足や熟練技術者のノウハウ継承などの問題から、実稼働数を伸ばしたベンダや新規参入ベンダも増え、離陸期に入ったと報告しています。その中で、解析サービスで業界トップのブレインズテクノロジーが「稼働実績の高い代表的な企業」としてご紹介いただいております。予兆検知ソリューション市場は年平均41.5%で成長し、2023年度には445億円規模に達すると予想されています。

同レポートにおいて、ブレイズテクノロジーは「解析サービス」でのシェア1位に加え、業種別市場では「電気・ガス・水道」、用途別市場では「ネットワーク運用障害検知」など、多数の分野において高いシェアをもつことが報告されています。

「Impulse」は2014年に市場に先駆けてリリースされ、数多くのお客様の現場で鍛え上げられ成長してまいりました。AIや機械学習を活用した取組はPoC(実証実験)で留まることが多いとされている中、国内外でその稼働実績を評価いただいております。エンタープライズ企業の競争力と生産性の向上を強力にご支援すべく、今後もお客様の元へ更なる機械学習の恩恵を提供してまいります。

・ミック経済研究所『予兆検知ソリューション市場の実態と将来展望 2019年度版』
https://mic-r.co.jp/mr/01540/

◾️Impulse(インパルス)について
Impulseは、複雑で膨大なログデータ、センサデータ等を収集・可視化することができる基本機能に加え、従来の閾値ベースの管理の仕組みでは発見できない障害の検知や、不良品の検出、要因の追究など、これまで対応困難であった諸問題に対し、機械学習を武器に新たなアプローチで現実解を導いております。近年では、Gartner, Inc.(本社:米国コネチカット州スタンフォード)の「Cool Vendors in Performance Analysis, AIOps Focus, 2018」、Amazon Web Services, Inc.(本社:米国ワシントン州シアトル)の「AWS Industrial Software Competency Partner」、Interop Tokyo 「Best of Show Award」クラウドサービス部門特別賞など、国内外で高い評価をいただいております。

・Impulseご紹介サイト
https://www.brains-tech.co.jp/impulse/
異常検知モデルの自動構築技術に関する特許取得済(特許第6315528号)

◾️ブレインズテクノロジー株式会社について
ブレインズテクノロジーはAI分野の技術を軸に、先端オープンテクノロジーを活用したITサービス(Impulse、Neuron)をエンタープライズ企業向けに提供しています。
企業知の創造を支援する想いを込めて、2012年3月に「Enterprise Intelligence(エンタープライズ・インテリジェンス)」を商標登録(第5472937号)しています。
名称  :ブレインズテクノロジー株式会社
代表者 :代表取締役 濱中佐和子
設立  :2008年8月8日
URL  :https://www.brains-tech.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブレインズテクノロジー >
  3. ブレインズテクノロジー、現場で鍛え上げられた業務特化型機械学習ソリューション「Impulse」が、予兆検知ソリューションの解析サービス市場でシェアNo.1を獲得