ポラール、さらなる進化を遂げた新世代フラッグシップモデル「Polar Vantage V2」を発表

ランニング、ロードバイクのパフォーマンステスト機能を新たに搭載

スポーツ用ウェアラブルデバイスのパイオニアであるポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区築地、代表取締役:園部英生)は、フラッグシップモデルとなるプレミアムマルチスポーツウォッチ「Polar Vantage V2」(ポラール ヴァンテージ ブイ ツー)を発表しました。心拍数計測とパワー計測、加速度センサーなどから得られる情報を基にパフォーマンスを数値化する機能や、脚力の回復状況をテストできる機能を新たに搭載しました。カラーはブラック、グリーン、グレー・ライムで、希望小売価格は69,800円(税別)です。胸ストラップ型心拍センサー「Polar H10」とのセットは、希望小売価格75,800円(税別)です。サイズはいずれもM/Lサイズです。発売日は11月5日で、オンラインストアを含む全国のポラール製品正規取扱店で販売を開始します。また、本体とPolar H10セットのグリーン、グレー・ライムはShop Polar での限定販売となります。
併せて、ブラック、グリーン、グレー・ライムのSサイズ用ハーフベルトを希望小売価格1,680円(税別)にて販売いたします。さらに交換ベルトは標準カラーのほかに、ホワイト、レッド、ローズ・プラムの計6色を発売します。この交換ベルトにはM/L、Sの2サイズが同梱されています。希望小売価格は4,980円(税別)です。

Vantage V2は、心拍数計測に加えてパワー計測を使い、トレーニング効果や回復レベルを可視化します。新設計のアルミニウム合金素材ボディを採用することで、より安定したGPSの受信が可能になり精度が向上、また重さも52gとトレーニング時に気にならない軽量性を実現しました。バッテリーは、トレーニング時にGPSや心拍計測などの全機能を使った場合は最大40時間、心拍計測をオフ・GPSの記録間隔を変更できる省電力設定にした場合は最大100時間の連続使用が可能です。堅牢性(耐衝撃、防水、防塵など)では、ミルスペック「MIL-STD-810G」に準拠しています。

新機能の「ランニング パフォーマンス テスト」は、徐々にスピードを上げていくビルドアップ走を行い、最大有酸素スピード(MAS)、最大有酸素パワー(MAP)、最大酸素摂取量(VO2max)を計測します。時計画面に表示されたスピードに合わせて走り、表示されるスピードは時間がたつにつれ少しずつ早くなっていきます。表示されるスピードについていけなくなると計測は自動で終了し、MAX、MAP、VO2maxなどの数値をフィードバックします。テスト結果によって、心拍ゾーン、スピード、パワーゾーンが最適化(更新)され、より現状の能力に合ったトレーニングを行うことができます。Vantage V2でパワー計測が可能なため、フットポッドなどのセンサーは不要です。

「サイクル パフォーマンス テスト」は、1時間を全力で走り切ったときに出せる平均パワー(FTP)と、VO2max、パワーウェイトレイシオ(W/kg)を計測します。設定した時間(20、30、40、60分)、ロードバイクなどの自転車に乗り続けます。計測には別売りのパワーメーターが必要になります。

「脚力回復度テスト」はジャンプを3回行うことで、脚の回復度を数値化します。プロのアスリートでもトレーニング前にジャンプの高さを測って、回復度を確認しますが、これをVantage V2で計測することができるようになりました。

そのほか、スマートフォンの音楽再生コントロール機能や、ウェブサービス「Polar Flow」上では様々なテストで計測したデータを一括で分析できるサービスを追加しました(Vantage V2ユーザのみ対応)。

Vantage V2の開発テストには、ポラールのオフィシャルグローバルアスリートで世界トップクラスのレーシングドライバー、バルテリ・ボッタス(Valtteri Bottas)氏が参加しました。ボッタス氏は、トレーニングの時間確保が難しくなる本格的なレースシーズンが始まるときにVantage V2をテストし、次のように述べています。「トレーニングの時間を確保し、睡眠をしっかりとって身体を回復させることは、パフォーマンスを向上させるために重要なことです。しかし、忙しい生活を送っていると、この時間を確保することが非常に難しくなります。そのため、より効率的にトレーニングするために必要なデータとツールが必要になります。Polar Vantage V2 は、この条件を満たしてくれるため、トレーニング時間の確保が難しい時期でも活用することができました」

Polar Vantage V2に新たに搭載された主な特徴は以下の通りです。
■ランニングのパフォーマンスを計測できる「ランニングパフォーマンステスト」
■ロードバイクなどの自転車のパワーデータなどを計測できる「サイクルパフォーマンステスト」
■脚の筋力の回復度を計測できる「脚力回復度テスト」
■スマートフォンの音楽再生コントロール機能
■週間トレーニングサマリーの表示
■ウォッチ画面を使いやすい仕様にカスタマイズ
■ウェブサービス「Polar Flow」にVantage V2ユーザ専用のデータ分析サービスを追加
■省電力設定によるウルトラロングバッテリー 最大100時間(心拍計測オフ+GPS2分間隔記録)
■ミルスペック「MIL-STD-810G」に準拠した堅牢性
■3色10LED(グリーン・レッド・オレンジ)、4フォトダイオードに進化した、心拍計測センサー「Polar Precision Prime™センサー」
■100m防水「WR100」

<Polar Vantage V2製品概要>

https://www.polar.com/ja/vantage/v2

製品名 Polar Vantage V2
ブラック、グリーン、グレー・ライム(M/Lサイズ)
バッテリー 24時間心拍計測使用で最大7日間
高精細記録によるトレーニング連続使用で最大40時間
(GPS1秒毎、心拍計測オン)
省電力設定によるトレーニング連続使用で最大100時間
(GPS2分毎、心拍計測オフ)
操作 カラータッチディスプレイ+5ボタン
重さ 52g(リストバンド含む)
サイズ 直径47mm×厚さ13mm
防水 100m防水(WR100)
希望小売価格 単体69,800円(税別)、H10心拍センサーセット75,800円(税別)
発売日 2020年11月5日
セット内容 単体:Polar Vantage V2、USBケーブル、スタートガイド
H10セット:Polar Vantage V2、Polar H10、USBケーブル、スタートガイド

 

<Polar Vantage V2 交換ベルト概要>

 

種類 カラー サイズ 希望小売
価格(税別)
交換ベルト ブラック、グリーン、グレー・ライム、
ホワイト、レッド、ローズ・プラム
2サイズ同梱
(M/L、S) 
4,980円
Sサイズ用
ハーフベルト  
ブラック、グリーン、グレー・ライム S 1,680円   

 

ポラールについて
Polar Electro(本社:フィンランド、設立:1977年)は、1982年に世界ではじめてトレーニング用心拍計モニター装置を開発した、心拍トレーニングのスペシャリストです。同分野のリーディングカンパニーとして約40年にわたり、徹底的な研究・分析に基づく革新的な製品を世に送り出してきました。その製品の正確さと性能の高さ、優れた心拍数モニター機能はトップアスリートや専門家に認められ、世界中で使われています。現在、世界80カ国以上で販売されています。ポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社は、ポラールの100%子会社として2009年3月に設立されました。心拍トレーニング講習会などの日本国内における様々な活動を通じて、スポーツにおける心拍トレーニングの重要性をアスリートや一般の方へ広く訴求しています。
■    公式ホームページ http://www.polar.com/ja

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社 >
  3. ポラール、さらなる進化を遂げた新世代フラッグシップモデル「Polar Vantage V2」を発表