SORABITOの成長加速に向けた新経営体制について

平成30年5月30日開催のSORABITO株式会社(代表:青木隆幸、本社:東京都中央区、以下「SORABITO」)臨時株主総会及び取締役会におきまして、下記の役員人事が決定し、同年6月1日付で就任致しましたので、お知らせ致します。
I. 新経営体制の概要
・代表取締役会長 青木 隆幸(変更前:代表取締役社長)※1
・取締役社長 博多 一晃(事業部門・プロダクト部門管掌)(変更前:CFO兼事業部門責任者)※2
・取締役 中山 良介(コーポレート部門管掌)(変更前:経営管理部門責任者)※2
・社外取締役 岡 洋 (Spiral Ventures) ※2
・社外取締役 天野 雄介 (GREE Ventures)
・社外取締役 宮坂 友大 (GMO VenturePartners)
・社外監査役 前川 研吾 (汐留パートナーズ)
※1 役付変更
※2 新任


II. 新経営体制移行の狙い
SORABITOは、「世界中の明日をつくる」をビジョンに掲げ、建設機械を中心とする重機の国際オンライン取引所を目指し2015年11月にALLSTOCKERサービスの提供を開始致しました。以降、国内で丁寧に使用された中古建設機械を、よりインフラ投資が拡大するアジア並びに引き続き堅調な需要が見込まれる国内に向けて再流通させて参りました。その中で、高額商品である中古建設機械を安心して売買できるプラットフォームとしての価値を高めるべく、独自の鑑定方法や決済方法、物流ネットワークを構築するとともに、レンタル会社やリース会社、建設会社をはじめとする国内の建設機械保有者、国内外の建設機械購入希望者から構成されるユーザー基盤の強化に努めて参りました。

2018年4月に入り3.6億円の資金調達並びに伊藤忠建機との業務提携も発表し、ALLSTOCKERサービスの更なる飛躍に向け、経営体制についてもより強固なものとすべく、上記の新体制とすることを決定致しました。


III. 新任社内取締役のプロフィール
博多 一晃 (取締役社長)
2006年にメリルリンチ日本証券株式会社に入社し、約11年に渡り投資銀行部門にて国内外の多数のテクノロジー企業に対するM&A、資金調達等の助言業務に従事。2017年8月に当社にCFOとして入社して以降、事業開発・資金調達活動に従事するとともに2017年10月以降は事業部門責任者も兼任。

中山 良介(取締役)
ALLSTOCKER立ち上げ当初より、サービスの基盤となる鑑定、決済、運送等のコア機能開発及びそれらを支えるサービスルールの制定やオペレーション構築を主導。平成29年8月からは経営管理部門責任者として法務や会計をはじめとする経営管理体制の全般的整備並びに資金調達実務等に従事。前職ではアメリカ合衆国ハワイ州ハワイ島を拠点とするアグリビジネスを立ち上げ。


Ⅳ. 会社概要
法人名:SORABITO株式会社
所在地 : 東京都中央区日本橋茅場町1丁目9番2号 第一稲村ビル8階
設立:2014年5月12日
代表者:代表取締役会長 青木 隆幸
事業内容:働く機械の国際オンライン取引所ALLSTOCKER(オールストッカー)の企画・開発・運営
会社Webサイト:https://www.sorabito.com/
ALLSTOCKER Webサイト:https://allstocker.com/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SORABITO株式会社 >
  3. SORABITOの成長加速に向けた新経営体制について