AppsFlyerが約231億円(2.1億ドル)の資金調達を実施 アトリビューションがマーケティングテクノロジースタックの中核的存在に

グローバル投資会社Global Growth Investor General Atlantic 社がシリーズD投資ラウンドを主導

 世界でアトリビューションを牽引するAppsFlyerは、本日、米国ニューヨークに本拠を置くグローバルな投資会社General Atlantic社が主導する約231億円※1(2億1000万ドル)のシリーズD投資ラウンドを発表しました。また、General Atlantic社のマネージングディレクターであるAlex Crisses氏と、共同社長であり技術部門のグローバル本部長を務めるAnton Levy氏は、AppsFlyerの取締役会に加わりました。
 これにより、日本およびグローバルマーケットシェアNo.1の広告効果測定のリーダーとして、サービスの拡大および国内市場の牽引に注力してまいります。

レシェフ・マン CTO(左)、 オーレン・カニエル CEO(右)レシェフ・マン CTO(左)、 オーレン・カニエル CEO(右)

 

 急速に拡大を続けるアプリダウンロード広告市場の動きや、無効なインプレッションやクリックによって成約件数や効果を不正に水増しすることで広告主や広告代理店から広告費を奪い取る詐欺「不正広告(アドフラウド)」の被害増加を背景に、広告の効果計測「アトリビューション」がその重要性を増しています。当社はグローバルシェア72%を超える世界No.1のモバイルアトリビューションプラットフォームを提供しています。

■累計調達額は約323億円(2.94億ドル)に。業界内でも圧倒的な評価額へ
 今回の資金調達は3年前のAppsFlyerのシリーズC投資ラウンドに続くもので、これまでの当社の投資調達額は合計で2億9400万ドルとなりました。前回のラウンドからAppsFlyerの従業員数は4倍の850名になり、オフィス数も世界で18拠点にまで増加しました。最も急速に成長を遂げるSaaS企業のひとつとなったAppsFlyerは、2014年から過去5年間で年間計上収益が100万ドルから1億ドルまで成長しました。そして2019年には年間計上収益(ARR)が1億5000万ドルを上回りました。
 今回のラウンドには、既存投資家であるQumra Capital社、Goldman Sachs Growth社、DTCP(Deutsche Telekom Capital Partners)社、Pitango Venture Capital社、Magma Venture Partners社も参加しています。

■サービス強化に加え、日本国内のカスタマーサクセスへの投資を拡大
 この度調達した資金は、さらなるサービス開発への投資に活用し、世界の企業やマーケターへの提供サービス強化や、被害が増加し続けている「不正広告」問題の解決を主導してまいります。世界でも特にモバイルアプリ接触の高いAPAC領域におけるモバイルマーケティング分析の重要性は高く、日本においても常に最新のサービスを提供してまいります。また、日本国内の人員への投資を加速することで、マーケットシェアNo.1のサービスとして一層のカスタマーサクセスの強化に努めてまいります。

※1:1ドル=110円換算。2020年1月17日時点。

AppsFlyer 社員集合写真AppsFlyer 社員集合写真

General Atlantic社 マネージングディレクター Alex Crisses氏のコメント
「経験豊富なチームと顧客重視の文化を持つ企業とパートナーになれることを光栄に思います。アトリビューションは、マーケティングテクノロジースタックの中核となりつつあります。AppsFlyerは、この急成長を遂げる分野においてリーディングカンパニーとしての地位を確立しました。公正で独立した立場であること、そしてマーケターの興味を体現することに対するAppsFlyerのコミットメントは、世界の多くのリーディングブランドから信頼を獲得してきました。市場においてさらなる成功を掴む可能性が大いにあると感じています。」

General Atlantic社 共同社長/技術部門のグローバル本部長 Anton Levy氏のコメント
「成功、革新、価値を生み出す変革的な企業とGeneral Atlanticはパートナーになります。AppsFlyerは、市場における創造的破壊者であると私たちは考えます。AppsFlyerの規模があれば、正確なアトリビューションデータと広告詐欺(アドフラウド)防止機能の提供が可能になり、広告主にとっては数百万ドルの削減が可能になります。同時にAppsFlyerは、全てにおいてエンドユーザーのことを念頭においています。多くのブランドにとってデータプライバシーが最重要懸案事項になっており、設計からプライバシーを考慮しセキュリティファーストの精神を持つテクノロジーリーダーをパートナーに持つことで、当社も大きな力を得ることになります。」

AppsFlyer CEO/共同創設者 Oren Kanielのコメント
「AppsFlyerのプラットフォームが世界中の多くのマーケティングチームに日々ご利用いただいていることを、マーケットリーダーとして私たちは恐縮するとともに光栄に思っています。私たちは、この責任を真摯に受け止めたいと思います。この新しいラウンドにより、私たちは当社のミッションをさらに強化し、成功するために必要なツール、正確でより多くの情報に基づいた戦略的意思決定に必要なツール、そしてアトリビューション業界全体での革新と透明性の推進に必要なツールをマーケターに提供します。」

また、AppsFlyerは、eBay社、HBO社、Tencent社、NBC Universal社、Minecraft社、US Bank社、Macy’s社、Nike社を含む12,000社以上のお客様とお仕事をしています。また、Facebook社、Google社、Apple Search Ads社、Twitter社、Salesforce社、Adobe社、Oracle社を含む5000社以上のパートナーからなるエコシステムと接続します。また、AppsFlyerは2019年のInc. 5000とForbes Cloud 100にも選出されました。

「堅牢なアトリビューションはエコシステムにとって不可欠なものとなりました。2019年だけで、当社のお客様はAppsFlyerを利用して280億ドルに値する意思決定を下しています」とKanielは続けます。「当社にとっての自然な進歩というのは、パートナーやサードパーティのデベロッパーのためのオープンプラットフォームを維持し、彼らが開発したカスタムのソリューションを当社のプラットフォーム上に追加することができるようにすることです。これによって、ブランドによるイノベーションが今日では想像もつかないような方法で可能になります。General Atlantic社が、マーケティングの民主化を目指す当社のジャーニーを支援してくださったことに、私たちは感激しています。」

AppsFlyer Japan カントリーマネジャー 大坪 直哉のコメント
「この度、General Atlanticのような長期的ビジョンを持つ投資家に、パートナーとして支持いただけたことを大変嬉しく思っております。このことにより、我々はアトリビューション領域では唯一無二のユニコーン企業へと拡大することができました。日本国内においても、2019年12月には渋谷スクランブルスクエアへオフィスを移転・拡張し、新しい技術革新のハブ拠点となりつつある渋谷を中心に、創造的なプロダクトやサービスの一層の開発を進めてまいります。これにより、株式会社ファーストリテイリング、株式会社スクウェア・エニックス、株式会社ミクシィ、株式会社セブン‐イレブン・ジャパン、株式会社NTTドコモ、日本航空株式会社(順不同)といった、既存のお客様を含む国内企業様のさらなる事業拡大に当社のサービスがより貢献できることを確信しております。」

AppsFlyerについて
AppsFlyerは、世界的にアトリビューション業界を牽引するリーディングカンパニーです。包括的な測定および分析ソリューションでマーケターのビジネスを強化しイノベーションをもたらします。常にお客様を中心にして考えるAppsFlyerは、個人情報保護を考慮した製品開発を行い、12,000社以上のお客様と5,000社以上のパートナー企業が、日々のビジネスにおいてより良い意思決定を下せるよう支援しています。AppsFlyerの投資家には、General Atlantic社、Qumra Capital社、Goldman Sachs Growth、DTCP(Deutsche Telekom Capital Partners)社、Eight Roads社、Pitango Venture Capital社、 Magma Venture Partners社が含まれます。AppsFlyerについては、www.appsflyer.com をご覧ください。

General Atlanticについて
General Atlanticは成長企業に対し資金と戦略的なサポートを提供するグローバルな投資会社です。1980年に設立したGeneral Atlanticは、協力的なグローバルアプローチ、セクター特有の専門知識、長期的な投資ホライズン、ビジネス成長の推進者に対する深い理解を持ち、優秀な実業家や経営チームと提携して世界的に比類ないビジネスを構築します。General Atlanticは、ニューヨーク、アムステルダム、北京、香港、ジャカルタ、ロンドン、メキシコシティ、ムンバイ、ミュンヘン、パロアルト、サンパウロ、上海、シンガポールに、150名以上の投資のプロフェッショナルを擁しています。2019年6月30日現在で、350億ドルの資産を管理しています。General Atlanticについては、ウェブサイト www.generalatlantic.com をご覧ください。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AppsFlyer >
  3. AppsFlyerが約231億円(2.1億ドル)の資金調達を実施 アトリビューションがマーケティングテクノロジースタックの中核的存在に