エイボン・プロダクツ株式会社 代表取締役社長の交代に関するお知らせ

エイボン・プロダクツ株式会社(以下、エイボン・プロダクツ)は、本日9月1日の取締役会において、代表取締役社長の堤智章(つつみ・ともあき)が退任し、エイボン・プロダクツ顧問の中陽次(なか・ようじ)を代表取締役社長とする役員人事を決定しましたのでお知らせいたします。
なお、堤智章は9月1日付で、エイボン・プロダクツ顧問に就任いたします。
1.    異動理由
エイボン・プロダクツは、2016年1月より、堤のもと「リボーン・エイボン(Reborn AVON)プロジェクト」を推進し、事業・組織の改革とチャネルの多角化に取り組んでまいりました。その結果、売上も堅調に推移していることから、今後は専任の社長による本格的な業容拡大に向け、今回の社長交代となりました。
新社長の中陽次は、38年間百貨店小売り現場に携わり、商品統括長や新宿伊勢丹、日本橋三越の両本店長などを歴任し、数々の改革と再生を実践してきました。

2.    新社長コメント
私は、一貫して「the company for women」というビジョンを掲げてきた「AVON」ブランドと、情報過多・高齢社会の中で「訪問販売」という小売り形態の社会的な価値に、大きな魅力と成長の可能性を感じています。これから社員およびエイボンメンバーと私の知見や感性を組み合わせて、勇気ある経営改革と営業改革を進め、新生AVONへの道を創りたいと考えています。

参考資料
中 陽次 プロフィール

氏名     中 陽次 (なか ようじ)
生年月日   1955年11月2日(61歳)
出身地    京都府
最終学歴
1979年3月  慶應義塾大学経済学部 卒業
職歴
1979年4月  株式会社伊勢丹 入社
2006年4月  執行役員 婦人統括部長
2008年4月  三越伊勢丹統合で執行役員 三越婦人・雑貨統括部長
2009年4月  常務執行役員 三越MD統括部長
2011年4月  常務執行役員 新宿伊勢丹本店長
2013年4月  常務執行役員 日本橋三越本店長
2017年3月  任期満了退任
2017年7月  エイボン・プロダクツ株式会社顧問

■エイボン・プロダクツについて
エイボン・プロダクツは、世界をリードする化粧品及び美容関連製品のアメリカ発ダイレクトセリング会社です。
1886年の創業以来、「the company for women」を企業理念とし、高品質の製品や充実したサービスで、女性のよりよい生活をサポートしています。日本には、1968年より事業展開し、スキンケアブランド「ミッション Y」シリーズや、メイクアップブランド「エフ エム ジー」など、数々の「きれいと元気」をお届けする製品を扱ってまいりました。
CSR活動においては、1979年に創設した「エイボン女性年度賞」や、2002年よりスタートした「ピンクリボン活動」 など、早くから女性のための社会貢献プログラムにも取り組んでいます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エフエムジー&ミッション >
  3. エイボン・プロダクツ株式会社 代表取締役社長の交代に関するお知らせ