タビナカ、販売する海外アクティビティ全ツアーに、東京海上日動火災保険の保険を無料導入

海外現地オプショナルツアー・アクティビティの予約サイト「タビナカ」を運営する株式会社タビナカ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:三木 健司)は、販売するオプショナルツアーやアクティビティ全てに、東京海上日動火災保険株式会社の保険を導入いたしました。保険加入費用は、タビナカが負担するため、お客様の実費負担は一切ありません。

 


1.開発背景

海外でのアクティビティは現地のツアー業者が提供するものも多く、道具の老朽化や文化の違いなどが要因で、日本と同様の安全管理体制がなされていないものも散逸されていました。海外旅行中に事件や事故に遭った日本人旅行者は、年間19,500人に上ると推算されています。(※1)タビナカでは、地球上全ての観光資源における感動体験を、安全な状態で提供したいと考えています。全てのお客様に、安心して弊社サービスを利用いただけるよう、今回全ツアーの保険導入を実施いたしました。

 


2.概要
今回導入する保険は、「旅行業者のサービス付保契約」となり、タビナカが、契約者となります。そのためツアー参加者であるユーザーのアクティビティ申込時に保険申込みにまつわる手続きは不要です。ユーザーは、これまでと変わらずタビナカのアクティビティを申し込むだけで、アクティビティ中の不慮の事態に対する保険を受けることができます。

補償範囲
ガイドと集合した地点〜アクティビティ終了後ガイドと解散した地点

旅行業者のサービス付保契約の補償内容(それぞれ最大額)
傷害死亡50万円、傷害後遺傷害100万円、傷害治療費用200万円、疾病死亡50万円

※補償範囲の拡大や補償額の増額をご希望される場合は、お客様ご自身で保険にご加入ください。


今後もタビナカでは、ミッションである「地球上の観光資源にアクセスできる仕組みを創る」を実現するため、お客様に安心、安全して楽しんでいただけるアクティビティを提供して参ります。

海外ツアー予約サイト「タビナカ」
https://tabinaka.co.jp/

 

海外オプショナルツアー・アクティビティの予約サイト。海外100都市以上、4,000商品以上の品揃えで、すべてのツアーが日本語対応。海外旅行が初めての方からリピーターの方まで、幅広い層の方々に利用していただいています。

株式会社タビナカとは
「タビナカ(旅中)」のアクティビティ予約・販売事業を行う。「地域上の観光資源にアクセスする仕組みを創る」をミッションに掲げ、海外に子会社を持ちながら多拠点で事業を展開している。
※旅行市場はフェーズごとに「タビマエ(旅前)」「タビナカ(旅中)」「タビアト(旅後)」の3段階に分類することができ、さらに移動、宿泊、食事、アクティビティ、お土産の5分野で構成されている。

■三木 健司(みき けんじ)代表取締役CEO/Founde


高校卒業後、単身で渡米。現地でみたiPhoneに可能性を感じ、19歳で起業。日本国内でソフトバンクの代理店を展開。世界に通用する事業を望み再び海外に出るも、渡航先のタイで盗賊に襲われ一文無しに。流れ着いたプーケットで観光客を案内した原体験から「タビナカ」のサービスをつくり、2014年に株式会社タビナカを設立。


■今野 珠優(こんの しゅう)取締役/総合旅行業務取扱管理者


大学卒業後、大手旅行ベンチャー勤務を経て23歳のときに教育事業で起業。全国3都市6拠点に学習塾兼研究所を置く。2015年11月、着地型観光の可能性と「安心して挑戦できる世界を創る」というビジョンに共鳴し、株式会社タビナカに参画。
 


 

【会社概要】
■会社名    株式会社タビナカ
■所在地    〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-19-10 WILL HAGIYA BUILDING 3F
■設 立    2014年1月
■代表取締役  三木 健司
■Webサイト  https://corporate.tabinaka.co.jp

(※1)外務省「海外法人援護統計平成23年度版」調べ
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社タビナカ >
  3. タビナカ、販売する海外アクティビティ全ツアーに、東京海上日動火災保険の保険を無料導入