バイエル薬品 オープンイノベーションプログラム「G4A Tokyo Dealmaker 2019」の募集を開始

• 2019年4月15日から募集を開始
• 5月13日に東京、6月6日に関西で説明会を実施
• 覚書を結んだ企業の発表および交流を行う「Signing Day」を10月下旬に開催
大阪、2019年4月15日 ― バイエル薬品株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:ハイケ・プリンツ、以下バイエル薬品)は、2019年4月15日(月)からオープンイノベーションプログラム「G4A Tokyo Dealmaker 2019」の募集を開始します(応募締切:7月19日)。チャレンジ課題、応募・選考プロセス、規約、FAQなど詳細につきましては、「G4A Tokyo 特設サイト」(https://www.g4atokyo.jp/)をご覧ください。バイエル薬品は今年もスタートアップ企業との協業を通して、Co-Creation*していきます。多くのスタートアップ企業からの応募をお待ちしています。

「G4A Dealmaker」は、革新的なデジタルテクノロジーを有する企業とのコラボレーションの機会を支援・提供するドイツ・バイエル社のグローバルプログラムです。バイエル社からさまざまなビジネスチャレンジやニーズを課題として提示し、各課題に対してアプローチできる革新的な解決策を募集してきました。「G4A Dealmaker」の日本版となる「G4A Tokyo Dealmaker 2019」は、昨年約40ものプロジェクトの応募をいただき好評を得た「G4A Tokyo Dealmaker 2018」に引き続き、2回目の開催となります。昨年のプログラムでは12のプロジェクトにおいて、今後のコラボレーションの覚書が交わされました。バイエル薬品が現在直面している(1)研究開発(2)ラジオロジー領域に関する新たな課題に対し、デジタル技術を使った解決方法を提案いただける企業を公募します。課題の詳細は随時特設サイトをご覧ください。今回は募集期間中から応募企業とのディスカッションを開始し、同意が得られた時点で実用化に向けの覚書を締結することで、より早いCo-Creationを目指します。

「G4A Tokyo Dealmaker 2019」の担当者が直接お会いして、参加者のご質問やご相談にお答えする説明会を東京(5月13日)と関西(6月6日)にて開催します。
応募企業の中からCo-Creationに向けて同意が得られた会社と実用化に向けて覚書を締結したプロジェクトは10月下旬に予定されている「Signing Day」で発表します。


G4A Tokyo Dealmaker 2019スケジュール

4/15(月) 5/13(月) 6/6(木) 7/19(金) 10月下旬
募集開始 説明会(東京) 説明会(関西) 応募締切 Signing Day


* Co-Creation
一般的な定義はさまざまなステークホルダーと協働して共に新たな価値を創造することです。弊社では創薬の最初の段階から先端的なアイデアや技術をもつスタートアップ企業やアカデミアと緊密に協力し、真に革新的な医薬品の創出を目指すことや、デジタルソリューションを活用した取り組みを通じて、長期的に日本人の健康と健やかな生活に貢献することと考えています。

G4A(ジーフォーエー)について
革新的なデジタルヘルステクノロジーを支援する、バイエルのオープンイノベーションプログラムです。2013年にドイツ・バイエル社のグローバルプロジェクトとして始動し、日本では2016年より「G4A Tokyo」を開始しました。バイエル薬品から、「ライフサイエンスに関するテーマ」として毎回異なる課題を提示し、デジタルヘルス・スタートアップから各課題に対する革新的なソリューションを募集。第1回から第4回まではデジタルヘルスのイノベーターを支援する助成金プログラムを実施し、2018年に実施した第5回はスタートアップ企業とのマッチアッププログラム「G4A Tokyo Dealmaker」として開催しました。

バイエルについて
バイエルは、ヘルスケアと食糧関連のライフサイエンス領域を中核事業とするグローバル企業です。その製品とサービスを通じて、世界人口の増加と高齢化によって生じる重要課題克服への取り組みをサポートすることで、人々の生活に貢献しています。同時に、収益力を高め、技術革新と成長を通して企業価値を創造することも目指しています。また、バイエルは、持続可能な発展に尽力し、バイエルブランドは、世界各国で信用と信頼性および品質の証となっています。グループ全体の売上高は396億ユーロ、従業員数は117,000名(2018年)。設備投資額は26億ユーロ、研究開発費は52億ユーロです。詳細はhttps://www.bayer.comをご参照ください。

バイエル薬品株式会社について
バイエル薬品株式会社は本社を大阪に置き、医療用医薬品、コンシューマーヘルス、動物用薬品の各事業からなるヘルスケア企業です。医療用医薬品部門では、循環器領域、腫瘍・血液領域、ウィメンズヘルスケア領域、眼科領域、画像診断領域に注力しています。コンシューマーヘルス部門では解熱鎮痛薬「バイエルアスピリン」をはじめ、アレルギー性疾患治療剤や皮膚科領域に注力しています。動物用薬品事業部は、動物用医薬品の提供を中心にコンパニオンアニマルおよび畜産動物のヘルスケアに貢献しています。同社は、技術革新と革新的な製品によって、日本の患者さんの「満たされない願い」に応える先進医薬品企業を目指しています。詳細はhttps://www.byl.bayer.co.jp/をご参照ください。

バイエル薬品株式会社
2019年4月15日、大阪

将来予想に関する記述 (Forward-Looking Statements)
このニュースリリースには、バイエルの経営陣による現在の試算および予測に基づく将来予想に関する記述 (Forward-Looking Statements) が含まれている場合があります。さまざまな既知・未知のリスク、不確実性、その他の要因により、将来の実績、財務状況、企業の動向または業績と、当文書における予測との間に大きな相違が生じることがあります。これらの要因には、当社のWebサイト上(https://www.bayer.com)に公開されている報告書に説明されているものが含まれます。当社は、これらの将来予想に関する記述を更新し、将来の出来事または情勢に適合させる責任を負いません。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バイエル薬品株式会社 >
  3. バイエル薬品 オープンイノベーションプログラム「G4A Tokyo Dealmaker 2019」の募集を開始