医療機関向けキャッシュレス決済サービス「HealtheeOneコレクト」、QR決済、電子マネー決済やポイント決済にも対応へ

 モバイルとアナログで地域医療を支援するサービスを開発・提供するスタートアップ、株式会社HealtheeOne(代表取締役社長CEO:小柳 正和、本社:福島県いわき市、以下「HealtheeOne」)は、2017年10月より開始した医療機関向けキャッシュレス決済サービス「HealtheeOneコレクト」にQR決済、電子マネー決済やポイント決済機能※1が追加されたことをお知らせいたします。

 QR決済サービスの拡大や消費増税を控えて、キャッシュレス決済が急速に広まっています。当社はクリニック・病院でのキャッシュレス化の普及を目指して2017年に「HealtheeOneコレクト」を開始しました。

 この度、これまで対応してきたクレジットカードに加え、電子マネーやQR決済等にも幅広く対応いたしました。決済方法の多様化により患者の利用機会を増やすことで、一層、院内の現金・未収金管理コストの削減や、高額医療費の支払い対応、日本円を持ち合わせない訪日外国人観光客の患者による利用など、医療機関と患者の満足度の向上を図ります。

<「HealtheeOne コレクト」決済方法について>
従来のクレジットカード決済とともに、以下の決済方法※2に対応いたします

※1 保険医療機関及び保険医療養担当規則第2条の4の2第1項により、保険診療の際にはポイントでの支払いを利用することは認められません。(2019年1月 当社調べ)

※2 本リリースに含まれる会社名、商品・サービス名は、一般に各社の商標または登録商標です。

<導入メリット>
■患者の利便性向上
・高額となった場合での支払いに対応
・日本円を持ち合わせない訪日外国人観光客も安心して利用

■医療機関の管理コストの適正化
・未収金の削減による債権管理コストの低減
・現金管理コスト削減

<必要機器>
■決済端末本体(PAYGATE Station)
(特長)
・機器が小型であるため院内の省スペース化につながる
・拡張性が高く、POS連動や決済種別の追加も自由に行うことが可能
■レシート印刷用プリンター
■スマートフォンまたはタブレット端末

<サービス利用料金(税抜)>
■初期費用:      70,000円〜
■月額費用:      500円〜
別途決済手数料が必要です。

【株式会社HealtheeOneについて(https://www.HealtheeOne.com/)】
株式会社HealtheeOneは、医療従事者の皆さんが患者やその家族に寄り添う時間を少しでも多くするために、「モバイル」と「アナログ」を活用して「医療現場の生産性向上」に貢献しています。一般診療所(クリニック)向けのレセプト業務アウトソーシングサービス「HealtheeOneクラウド」と手作業による紙カルテの電子化サービス「HealtheeOneスキャン」、キャッシュレス決済や診療報酬の立替回収代行サービス「HealtheeOneコレクト」、および病院向け施設基準管理SaaS「HealtheeOneコンプライアンス」を提供しています。福島県いわき市発のDigital Health Techスタートアップとして国内外に向けてプロダクト提供を展開することによって、福島県浜通り地域の産業創出に寄与することを目指すとともに、民間企業の立場から地域医療の課題解決に取り組んでいます。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社HealtheeOne >
  3. 医療機関向けキャッシュレス決済サービス「HealtheeOneコレクト」、QR決済、電子マネー決済やポイント決済にも対応へ