中部国際空港-金城学院大学の産学連携事業の新たな取り組みを発表

訪日外国人向け地元の観光振興策をマーケティングと語学力活かした取り組みを行います。

2017年5月1日、中部国際空港株式会社と金城学院大学は2017年度の産学連携の新たな取り組みとして、同学の強みである語学とマーケティングを活用した訪日外国人向けの取り組みを推進していくことを発表しました。

2017年5月1日、中部国際空港株式会社と金城学院大学は2017年度の産学連携の新たな取り組みとして、マーケティングを活用した訪日外国人向けの取り組みを推進していくことを発表しました。

 


中部国際空港株式会社は、2016年、若い女性の発想を魅力ある空港作りに生かそうと、マーケティング部門などでの産学連携の包括協定を締結しました。この活動により、中部国際空港セントレアで販売する新たなお土産の商品開発を行ったり、イベントでの企画を提案、実施していまいりました。

 

2017年度は、金城学院大学の長年の伝統を誇る文学部英語英米文化学部を新たに加え、新たに中部国際空港を利用する訪日外国人向けにセントレアおよびこの地域の魅力を発信し、観光振興をマーケティングと語学力を活かした取り組みを行う予定です。

これからも金城学院大学の強みを中部国際空港という場を活用し、発揮していただく、より空港が活性化されることを目指してまいります。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 中部国際空港株式会社 >
  3. 中部国際空港-金城学院大学の産学連携事業の新たな取り組みを発表