肌分析はオンライン化粧品販売にどう影響するのか、 CCCマーケティングと共同でPOC(概念検証)を実施

~肌データを活用し顧客との良好な関係を築く法人向けサービスを開始~

  Beauty×AIを軸に事業を推進し、“肌分析AI”が約2万点の化粧品の中から肌と相性の良いものをレコメンドするスマートフォンアプリ「viewty(ビューティ)」を提供する株式会社Novera(所在地:東京都港区、代表取締役社長:遠藤 国忠)は肌分析機能を外部提供する法人向けサービスを開始いたしました。
また、法人向けの取り組みの第一弾として、CCCマーケティング株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村 和彦)と共同で、化粧品広告メールの肌分析によって化粧品のオンライン販売にどう影響するかのPOC(概念検証)を実施しました。
POCの結果、メール内に肌分析の案内があった場合のメール開封後のURLクリック率、化粧品EC商品ページへのアクセスが向上していることが判明。肌分析が販売に好影響をもたらす結果になったことをお知らせいたします。


■POC(概念検証)について 
  CCCマーケティングと共同で、T会員 60万名に対し、肌分析によって化粧品のオンライン販売にどう影響するかのPOC(概念検証)を実施。
Noveraが独自開発した肌分析APIをもとに、対象のT会員に対し、肌分析APIを組み込んだ化粧品の広告メールと通常のメールとでどのように購買へ影響するかを比較いたしました。今回の取り組みは、T会員のライフスタイルデータとNoveraが有する肌データの融合による新規事業創出を、NoveraとCCCマーケティングとで目指すものです。 
 
【実施方法】 
20代~50代の女性に対し、合計60万通のメールを4つのテストパターンに分けて配信。 
 
【4つのテストパターン】 
①肌分析あり且つ完了でTポイント 3pt付与 
②肌分析あり且つ完了でTポイント 10pt付与 
③肌分析あり且つ完了してもTポイント付与無し 
④肌分析なしで直接化粧品集合ページへ遷移(※肌分析結果に応じた出し分け無し) 
 
【ユーザーフロー】 
例: 肌分析ありパターン

 

  【結果】 
・メール開封後のURLクリック率 
メール文面において肌分析訴求でURLクリック率が最大約4.5ポイントUPしました。 
肌分析自体のハードルが高いにも関わらず、テストパターン③と④のURLクリック率に差はほとんどなく、手軽に肌分析をしたいというニーズの高さが伺えました。 
 
・LP来訪ユーザーの肌分析実施率:約60% 
弊社の手軽な肌分析のユーザー体験により、webでも美容意識の高いユーザーが利用するviewtyアプリ会員と同じ高水準を記録することができました。 
 
・その他特筆すべき結果 
肌分析ありの場合、通常の化粧品広告メールと比べ、化粧品EC商品ページへの遷移率5~7倍であり、肌分析をしたほうが提案される化粧品を自分事化しやすいことがわかりました。 
また、そのうち20代~30代未満が占める割合は通常の化粧品広告メールを経由したユーザーの2倍と、年齢層によって肌分析への関心の高さに違いがありました。 
 
■withコロナ時代の新たな接客!小売店や化粧品メーカー向けに、肌分析や分析データから的確な顧客にアプローチできる法人向けサービス 
小売店や化粧品メーカーなどの法人向けに店頭のQRコードやタブレット端末で肌分析機viewtyを設置できる「viewtyセルフ肌診断」、メーカー公式LINEなどにviewtyの肌分析機能を搭載することができる「viewty skin checker(肌分析API)」、LINEやメール、郵便などで肌分析データに基づいたおすすめ化粧品情報を届けることができる「肌データセグメントCRM」の提供を開始いたしました。 
 
<背景> 
小売店や化粧品メーカーでは下記のような悩みがあがっています。 
・withコロナにおける美容部員のオンライン活用ができていない 
・新型コロナウイルスの影響により、店舗から化粧品テスターが消え、ソーシャルディスタンスも相まって接客難易度が高まり、店舗がサンプル配布だけの場所となってしまっている 
・営業時間内に化粧品カウンターまで来店してもらい更に肌分析をしてもらう難易度が高い 
・購買データでは顧客の肌状態や変化を把握できないため、実際に肌を見て対話をしたい 
・美容部員などの美容のスペシャリストの採用が難しい 
 
viewtyは美容のプロ200人以上の目を学習した肌分析AIが搭載されていること、非接触で場所を選ばずに使用可能なことから、顧客の肌を把握した上でコミュニケーションをとることが可能です。 
 
①viewtyセルフ肌診断

 

 化粧品メーカーや小売店などの店頭にQRコードやタブレット端末でviewtyを設置。 
来店顧客にセルフ肌診断・問診を実施していただきます。分析後、その店舗で取り扱いしている何百点ものスキンケア化粧品の中からお肌と相性の良い商品をおすすめいたします。 
店舗からの「店頭での取り扱い商品がわからない」、顧客からの「自分にどんなスキンケア化粧品が合うかわからない」といった課題をクリアにし、スムーズに購買までつなげることが望めます。 
また、店舗側は美容部員を始めとした専門性の高いスタッフの採用課題を解決できます。 
 
  
②viewty skin checker(肌分析API) 

 


小売店や化粧品メーカーの公式LINEやECサイトなどにviewtyの肌分析機能を搭載。viewtyアプリをダウンロードしなくても気軽に肌分析をすることができます。 
第三者であるviewtyが肌分析をすることで肌スコアの公平性が保たれ、診断の信頼度向上が期待されます。 
 
③肌データセグメントCRM 
viewty skin checkerにて分析した肌データをもとにLINE、メール、郵送ダイレクトメールなどで、一人ひとりに合ったおすすめ化粧品情報を届けることができます。 
リアルな肌分析データと問診データを顧客属性と掛け合わせることにより、本当に届けたい肌状態や肌課題を持つ顧客にアプローチすることが可能です。  
 
■viewty(ビューティ)とは 
化粧品販売員や研究者、メイクアップアーティストなど200名以上の現場で活躍される美容のプロのご協力のもと開発した、「肌分析AI」を搭載する、化粧品をレコメンドするスマートフォン向けアプリです。
スマートフォンアプリ「viewty」に搭載されている肌分析AIは、肌状態に対する印象ロジック、撮影環境による光の加減や、デバイスごとのカメラ差異などを学習させ、アプリを利用する度に、肌分析の精度が向上します。 
また、アプリを利用の際は、豪華キャストの音声にガイドされ、約2万アイテムの化粧品からレコメンドを受ける事ができます。まるで美容のプロに肌状態を直接診断されているかのような、パーソナライズ体験を可能にしました。 
ダウンロード(無料): https://viewty.page.link/RtQw 

【株式会社Novera(ノベラ)】
世界中のどこにでも存在する鏡を再発明することで、取得した顔データから肌に関するAIやアルゴリズムを洗練させ、外見と内面の両方をサポートすることで、全ての人々が未来の「なりたい自分」に希望が持てる新しい世界を実現します。
提供サービスは、スマートフォンアプリ「viewty(ビューティ)」(https://viewty.page.link/RtQw)や、特許取得商品のスマートミラー「novera(ノベラ)」(https://www.novera.co.jp/)を展開しています。

設立:2017年1月27日
所在地:〒107-0052 東京都 港区 赤坂8-5-40 ペガサス青山607
代表者:代表取締役CEO 遠藤 国忠
URL:https://corporate.novera.co.jp/
twitter:https://twitter.com/Novera_PR

本件に関するお問い合わせ先/Novera 広報担当
E-mail:contact@novera.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Novera >
  3. 肌分析はオンライン化粧品販売にどう影響するのか、 CCCマーケティングと共同でPOC(概念検証)を実施