新電力のエネット 東北支店、中国支店及び四国支店開設のお知らせ

2019年7月より営業を開始

 株式会社エネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:川越 祐司、以下「エネット」)は、東北支店(仙台)、中国支店(広島)及び四国支店(松山)を開設し、7月より営業を開始することをお知らせいたします。これにより、本社(東京)、西日本事業本部(大阪)、東海支店(名古屋)、九州支店(福岡)の4拠点に、新たに3拠点を加え、合計7つの営業拠点を展開することとなります。
 エネットは2001年に特別高圧のお客さまを対象に事業を開始し、その後自由化の範囲拡大に合わせ事業エリアを拡大しながら、これまで日本全国10電力エリアの約81,000件(2019年3月末時点)のお客さまに、安価な電気及び様々な付加価値サービスを提供してきました。
 東北エリアは2005年、中国エリアは2006年、四国エリアは2012年よりサービスを提供してきましたが、この度、お客さまのニーズに迅速にお応えするため支店開設に至りました。

 今後もエネットは新電力のリーディングカンパニーとして、エネルギー&ICTの新たな価値で持続可能な社会に貢献します。

【所在地
■東北支店
 宮城県仙台市青葉区一番町二丁目8番1号

■中国支店
 広島県広島市中区東白島町15番8号

■四国支店
 愛媛県松山市山越三丁目15番15号
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エネット >
  3. 新電力のエネット 東北支店、中国支店及び四国支店開設のお知らせ