2013年から続く、良品計画と大槌刺し子共同制作商品 今年は日本国内の「無印良品」大型店で展開します。

岩手県上閉伊郡大槌町にて「大槌復興刺し子プロジェクト(大槌刺し子)」を運営する認定NPO法人テラ・ルネッサンス(事務局:京都府 理事⻑:小川真吾)と株式会社良品計画(本社:東京都豊島区 代表取締役社⻑:松﨑 曉)は、今年も同町の女性たちが手縫いで縫い上げた共同製作商品を販売します。
大槌刺し子と「無印良品」を展開する株式会社良品計画との取り組みは 2013年に始まりました。毎年、大槌町の豊かな自然をモチーフにした商品を制作。国内外の無印良品店鋪にて販売をしてきました。今年は震災からの復興や手仕事の魅力をより伝えることを狙いに、日本国内の大型店での販売を行います。 

大槌の「うみ」をテーマにした、ストラップ、コインケース、パスケース、フラットケースの4型。それぞれ に、「なみ」、「しま」の 2つの模様を刺し子で表現しています。2013年から続く、良品計画との取り組みを通して、より多くの皆さまに、刺し子、手仕事の魅力、そして、東北のことを知っていただく機会になることと期待しています。
 


【商品概要】※価格は税込価格。
◆ 大槌・刺し子ストラップ ¥1,290 
◆ 大槌・刺し子三角ポーチ ¥1,590 
◆ 大槌・刺し子フラットポーチ(小) ¥1,590 
◆ 大槌・刺し子フラットポーチ(大) ¥1,990 

※柄はいずれも「なみ」と「しま」、色はネイビーとグレー。 【取扱店舗】池袋西武、札幌ステラプレイス、シエスタハコダテ、天満橋京阪シティモー ル、天神大名、テラスモール湘南、名古屋名鉄百貨店、近鉄四日市 ※2019年4月25日より発売開始。シエスタハコダテのみ 4月20日土曜日より発売。

 



〇 無印良品について
株式会社良品計画が企画開発・製造・流通・販売を手がけているブランド。生活者の視点から、生活の基本となる本当に必要なも のを、 本当に必要なかたちで作り、適正な素材、工程によって合理的な価格で提供するためのものづくりをおこなっています。https://ryohin-keikaku.jp/
 

〇 大槌復興刺し子プロジェクト
2011年6月に東日本大震災で甚大な被害を受けた大槌町にて、支援に関わっていた5名の東京のボランティアが発足させ、現在は認定NPO法人テラ・ルネッサンスが運営。生活再建、心理社会的負担の軽減、現地雇用の促進などを目的に、東北に根付く「刺し子」を生かした商品を作成・販売。2018年3月末までに、累計191名の刺し子さんに約3,300万円万円以上の製作費を手渡してきた。https://sashiko.jp/
 

〇 認定NPO法人テラ・ルネッサンス
『すべての生命が安心して生活できる社会(=世界平和)の実現』を目的に、2001年に鬼丸昌也によって設立。現在では、カンボジア・ラオスでの地雷や不発弾処理支援、地雷埋設地域の生活再建支援、ウガンダ・コンゴ・ブルンジでの元子ども兵の社会復帰支援を実施。また、日本国内では、平和教育(学校や企業向けの研修)や、岩手県大槌町を中心に、被災者支援活動を展開しています。独立行政法人国際交流基金「地球市民賞」、一般社団法人倫理研究所「地球倫理推進賞」受賞。理事長:小川真吾 http://www.terra-r.jp
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人テラ・ルネッサンス >
  3. 2013年から続く、良品計画と大槌刺し子共同制作商品 今年は日本国内の「無印良品」大型店で展開します。